投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(13)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


野良インコ

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 3月30日(木)13時41分36秒
返信・引用
  11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ

野良、ノラ、の
野にあってふらふらと
囚われることなく
木々に柵に窓枠にとまる
また飛びたつ
インコ

12 旅先に忘れものしてきたやうにわが白鳥の痕跡を追ふ

忘れものをしてしまったので
帰れない
帰ってきたけれど
忘れものは帰らない
追うことはできない
白鳥が飛んでいる
 

名乗ります。

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月30日(木)13時32分40秒
返信・引用 編集済
  01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
02 店先の灯りに腹を照らされて羽根翻し夜に翔ぶ鳥
03 わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで
番外
01鳥雲の切れ間に入る我もまた兵士が語る「鶴」という歌

わが家の猫が亡くなりましたが歌を投稿することで少し救われました。皆さまありがとうございました。
 

さくら薬局

 投稿者:  投稿日:2017年 3月28日(火)14時01分37秒
返信・引用 編集済
  06 さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻

一冊の鳥類図鑑が置かれていた事だと思うけれど、「全一巻」と
言っているところが面白い。
「さくら薬局」という名も今の季節に合っている。
嘱目に徹しているところもすっきりしている。
 

鳩胸の鳩

 投稿者:  投稿日:2017年 3月28日(火)13時59分29秒
返信・引用
  15 鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く

「鳩」は比喩の語としてあって実際の鳩ではないのだが、鳩と書かれる
ことによって言葉の世界では機能することをうまく使った作品。
この「鳩の気持ち」とはあり得ないものだからちょっとした齟齬生まれ、
その辻褄の合わなさが面白い。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月28日(火)08時56分21秒
返信・引用
  10 白鳥は飛んで行ったの残されてスワンボートの小さな溜息

お友達だと思っていたのに一緒に飛び立つこともできず、暮れなずむ景色の中にぽつんと取り残されているスワンボート。作者のスワンボートに対する優しい視線を感じます。
 

コメント

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 3月27日(月)13時45分9秒
返信・引用
  01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて

まざまざと想像できてしまうこのリアルファンタジー感 怖い
作者の強烈で鮮やかな夢の中に 突然ジャンプしたみたいです

11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ

冬の時期も とびきり綺麗な囀りが降ってくるなと思ったら
野鳥の会の人に 外来種の野生化したものとか伺って
鳥は鳥なのに 区別したり嫌われたり好かれたり
生態系を守るのは大事だろうけれど ときに窮屈さを感じる
首里城で出逢ったバリケンという鳥は 家畜外来種として輸入
けれど家畜化をあきらめて 城のお堀で大らかに暮らしてました
人間って ほんまに何がしたいのだろうと思うときあります

18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

マグリットの絵の中に迷い込んだみたいですね。いつのまにか絵の思念に囚われたような不思議。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月27日(月)12時33分1秒
返信・引用
  05 鳥たちの渡りゆく後おいかけて吾愛猫も空に帰りぬ

猫ちゃん亡くなったのですね。鳥は空への使い。天国への使いでもあって欲しいですね。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月27日(月)12時27分13秒
返信・引用
  04 ひかりから春ははじまる交信のときどき切れて鳥雲に入る
太陽の光が叙々に強くなり地面を暖かく照らし、その光線は空から降り注いでいる。天と地を結ぶ春らしい伸びやかな歌。
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 3月27日(月)08時21分48秒
返信・引用
  選歌します。

11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ
18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

特選
01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
 

選歌です

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 3月27日(月)05時18分21秒
返信・引用
  特選
18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

普通選
11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ
12 旅先に忘れものしてきたやうにわが白鳥の痕跡を追ふ
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月26日(日)23時57分50秒
返信・引用
  普通選
01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ
特選
18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2017年 3月26日(日)17時35分38秒
返信・引用
  特選
15 鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く
普通選
01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
06 さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月26日(日)12時58分2秒
返信・引用
  特選
13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ
普通選
03 わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで
16 御所に棲む青葉木菟にも聞きたきは恋するひとの後を追へるか
 

選歌

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月26日(日)09時28分4秒
返信・引用
  特選
13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ
選歌
04 ひかりから春ははじまる交信のときどき切れて鳥雲に入る
10 白鳥は飛んで行ったの残されてスワンボートの小さな溜息
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月25日(土)14時02分50秒
返信・引用
  18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

人と人の間に空(そら)が来ると言うのは面白い表現。もしかしたら(くう)かもしれない。
話している人との距離感、空気の違いなのかもしれない。

番外
01 鳥雲の切れ間に入る我もまた兵士が語る「鶴」という歌

「鶴」と言う歌を検索して見た。ロシア民謡になっている広島の折鶴をモチーフにした
反戦歌であるらしい。(私は今まで聞いたことが無かった)
番外には惜しいお歌のように思った。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月24日(金)16時48分47秒
返信・引用
  15 鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く

肺活量の検査は、思い切り息を吸い込むので、ふくらんでいる鳩胸の鳩の気持ちになってがんばっている
のでしょう。私はすごく肺活量が少ないので、なりきった気持ちでも苦労します。

16 御所に棲む青葉木菟にも聞きたきは恋するひとの後を追へるか

この「後を追う」は死んだ人の後追いをするということかしら、哀しいですね。でも青葉木菟はほうほう
としか言ってくれないと思います。
 

Re: ダーダネルス

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月24日(金)09時47分50秒
返信・引用
  > No.10185[元記事へ]

09の作者さんへのお返事です。

> しげをさま
> いつも作品一覧ありがとうございます。
>
> 09の作者ですが 一覧の一字足りないようなのです。
> ダーダネルスで 詠草は出させていただいています。
> 恐縮ですが よろしくお願い致します。
>
失礼しました。訂正再掲させていただきました。
 

訂正再掲・「鳥」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月24日(金)09時46分22秒
返信・引用
  01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
02 店先の灯りに腹を照らされて羽根翻し夜に翔ぶ鳥
03 わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで
04 ひかりから春ははじまる交信のときどき切れて鳥雲に入る
05 鳥たちの渡りゆく後おいかけて吾愛猫も空に帰りぬ

06 さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻
07 低反発マットに戯れる朝あちこちにひびく鳥の声が興醒め
08 シャワールームに設置する排熱孔、緊急遮断弁、鳥かご
09 頤は進化的意味を失つてダーダネルスとなる鳥曇
10 白鳥は飛んで行ったの残されてスワンボートの小さな溜息

11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ
12 旅先に忘れものしてきたやうにわが白鳥の痕跡を追ふ
13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ
14 胸に聞く胸を開くと胸肉はぱさらぱさらと枯野にも似て
15 鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く

16 御所に棲む青葉木菟にも聞きたきは恋するひとの後を追へるか
17 川向かうに鵜が降りたちぬどこに行くといふこともなき流れ
18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

番外
01 鳥雲の切れ間に入る我もまた兵士が語る「鶴」という歌
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月24日(金)08時33分57秒
返信・引用
  13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ

エッシャーのだまし絵の中にこんな絵がありますね。その絵の中に自分も入って行きたい
、鳥と同化したいのか魚になって行きたいのか・・・エッシャーの絵よりもなお不思議さの浮かぶお歌と思いました。

14 胸に聞く胸を開くと胸肉はぱさらぱさらと枯野にも似て

自分の中の渇きかなと読みましたが、さびしい枯野では何と悲しい生ではありませんか。
 

ひつそり

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 3月24日(金)05時10分14秒
返信・引用
  18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

放つ
話しながら
空に
空のあいだに
放しては話すうちに
やってくるすきま
そこに鳥が飛びたつ
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月23日(木)09時34分28秒
返信・引用
  09 頤は進化的意味を失つてダーダネルスとなる鳥曇

作者様の訂正を受けて、検索をしてみましたが、トルコの海峡の名前、古来の戦場
とは分りましたが、またそこへ掛ける橋について日本も深くかかわっているというよ
うな事もかかれていました。
今一つ、この事が鳥雲との間に込められている暗喩なりが読みきれませんでした。
どなたかの読みをお聞きしたいです。

 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月22日(水)19時17分28秒
返信・引用
  06 さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻

この薬局は近頃家の方に増えた処方箋薬局でしょう。ゆったりとしたソファー
などがあったり、日大など処方箋だけにしてしまったところもありますから、あまり薬屋さんぽくないです。この店は何故か「鳥類図鑑」をカウンターに置いてある。待合の人のためか、誰かの忘れものか・・・不思議。

07 低反発マットに戯れる朝あちこちにひびく鳥の声が興醒め

敷布団代りのマットだろうか、まだ眠い主体に鳥の声が響く。興ざめと言う所が、単に眠いと言うだけのことではないような気もするけど、それは読み方次第か。
 

ダーダネルス

 投稿者:09の作者  投稿日:2017年 3月22日(水)14時33分3秒
返信・引用
  しげをさま
いつも作品一覧ありがとうございます。

09の作者ですが 一覧の一字足りないようなのです。
ダーダネルスで 詠草は出させていただいています。
恐縮ですが よろしくお願い致します。


詠草 ?投稿者:無記名 ?投稿日:2017年 3月19日(日)08時05分25秒
返信・引用

?
09 頤は進化的意味を失つてダーダネルスとなる鳥曇
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月22日(水)10時51分33秒
返信・引用
  03 わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで
05 鳥たちの渡りゆく後おいかけて吾愛猫も空に帰りぬ

どちらも、愛猫を送ったお歌。猫好きには詠っても詠わなくても分る惜別。切なさ。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月21日(火)18時16分22秒
返信・引用
  01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて

空の青が部屋へ入り自分を青い鳥に染めて行く。青い鳥になったら、飛んで行かないでも幸せになるのだろうか。

02 店先の灯りに腹を照らされて羽根翻し夜に翔ぶ鳥

この鳥は何だろう。店で吊るされている鶏肉用?そして飛ぶことを夢みているのか。
或いは夜にうごめく人間たちを現わしているのか、なんとなくコウモリのような
気もする。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月21日(火)09時19分42秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
三月は確定申告から卒業だとか(わが家はもう関係ないですけど)引っ越しだとか、色々に
忙しい時期ですね。いつもなら、早速始めさせていただきますというところ、今日は
平日を狙ってお墓参りに行きますので、ちょっと遅れると思います。(東京は雨で花粉症には
楽なはずなのに、朝から鼻がぐすぐすです)
 

「鳥」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月21日(火)00時45分40秒
返信・引用
  01 鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて
02 店先の灯りに腹を照らされて羽根翻し夜に翔ぶ鳥
03 わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで
04 ひかりから春ははじまる交信のときどき切れて鳥雲に入る
05 鳥たちの渡りゆく後おいかけて吾愛猫も空に帰りぬ

06 さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻
07 低反発マットに戯れる朝あちこちにひびく鳥の声が興醒め
08 シャワールームに設置する排熱孔、緊急遮断弁、鳥かご
09 頤は進化的意味を失つてダーダネルとなる鳥曇
10 白鳥は飛んで行ったの残されてスワンボートの小さな溜息

11 大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ
12 旅先に忘れものしてきたやうにわが白鳥の痕跡を追ふ
13 鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ
14 胸に聞く胸を開くと胸肉はぱさらぱさらと枯野にも似て
15 鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く

16 御所に棲む青葉木菟にも聞きたきは恋するひとの後を追へるか
17 川向かうに鵜が降りたちぬどこに行くといふこともなき流れ
18 鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから

番外
01 鳥雲の切れ間に入る我もまた兵士が語る「鶴」という歌
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月20日(月)08時54分24秒
返信・引用
  鳥たちをひつそり放つ話してゐる人との間に空が来たから  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月20日(月)08時27分27秒
返信・引用
  川向かうに鵜が降りたちぬどこに行くといふこともなき流れはありて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)23時36分52秒
返信・引用
  御所に棲む青葉木菟にも聞きたきは恋するひとの後を追へるか  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)23時36分11秒
返信・引用
  鳩胸の鳩の気持ちになりきりて肺活量の呼気検査受く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)23時34分49秒
返信・引用
  胸に聞く胸を開くと胸肉はぱさらぱさらと枯野にも似て  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)21時33分55秒
返信・引用
  鳥たちがだんだん魚になつてゆく絵のなかに身をほふらかしてむ  

番外

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)19時00分5秒
返信・引用
  鳥雲の切れ間に入る我もまた兵士が語る「鶴」という歌  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)10時42分59秒
返信・引用
  旅先に忘れものしてきたやうにわが白鳥の痕跡を追ふ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)09時36分12秒
返信・引用
  大衆化、高級感など計るうち世田谷区には野良インコ飛ぶ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)09時34分10秒
返信・引用
  白鳥は飛んで行ったの残されてスワンボートの小さな溜息  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)08時05分25秒
返信・引用
  頤は進化的意味を失つてダーダネルスとなる鳥曇  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)06時48分18秒
返信・引用
  シャワールームに設置する排熱孔、緊急遮断弁、鳥かご  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)06時47分55秒
返信・引用
  低反発マットに戯れる朝あちこちにひびく鳥の声が興醒め  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月19日(日)06時47分24秒
返信・引用
  さくら薬局処方せん受付カウンターに鳥類図鑑全一巻
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月18日(土)13時55分46秒
返信・引用
  鳥たちの渡りゆく後おいかけて吾愛猫も空に帰りぬ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月18日(土)13時32分3秒
返信・引用
  ひかりから春ははじまる交信のときどき切れて鳥雲に入る  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月18日(土)08時42分0秒
返信・引用
  わが愛猫(ねこ)は天に召されて羽ばたいて鳥に変わって戻っておいで  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月18日(土)08時37分24秒
返信・引用
  店先の灯りに腹を照らされて羽根翻し夜に翔ぶ鳥  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 3月18日(土)08時35分53秒
返信・引用
  鳥になる 窓から空が忍び込み 顔も両手もブルーに染めて  

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 3月16日(木)15時44分39秒
返信・引用
  風信子さま  しげをさま
たちばなさま 令さま

鳥雲☆歌会に  ようこそ  みなさま~♪
ご参加いただきありがとうございます(*^^*)
櫻の蕾が膨らんできましたね~
作品  楽しみにしています~~
くみこ

 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2017年 3月13日(月)10時42分39秒
返信・引用
  鳥歌会に参加します。
くみこ様、皆様よろしくお願いします。

浮く蝌蚪に話しかけたる鳥羽上皇   令
 

参加表明

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 3月11日(土)05時16分34秒
返信・引用
  鳥歌会に参加します。
くみこさま、皆様よろしくお願いします。

われらみな奇異鳥(キウイ)となりて立ち並ぶ  たちばな
 

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月10日(金)11時43分4秒
返信・引用
  鳥歌会に参加します。くみこさん、皆様よろしくお願いします。

逃げ水に鳥葬といふ儀式あり      桜子
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月 9日(木)13時18分32秒
返信・引用
  鳥歌会に参加いたします。
くみこさま、皆様よろしくおねがいいたします。
「鳥」は普通に何かの鳥でもいいのでしょうか。

鳥辺山鳥雲に入り白きのみ   風信子
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 3月 8日(水)21時44分2秒
返信・引用
  しげをさま  スケジュールありがとうございますm(_ _)m

鳥☆歌会に参加します!
みなさま   どうぞよろしくお願い致します。
風媒さま   ご参加ありがとうございます(*^^*)

鳥雲に入りて縁切り縁結び     くみこ
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 3月 8日(水)18時42分47秒
返信・引用
  鳥歌会参加します。くみこさま、みなさまよろしくお願いします。

寝転べば鳥取砂丘もゴビ砂漠    風媒
 

3月のお題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 7日(火)15時38分34秒
返信・引用
  くみこさんからお題を頂戴いたしました。

3月のお題は「鳥」です。
鳥雲に入るのイメージ、連想歌も可です。

参加表明及び詠草締切   3月19日(日)
選歌締切   3月26日(日)
コメント期間  3月20日~3月31日
名乗り  3月30日
多くの方のご参加をお待ちします。
 

Re: 深謝。

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 7日(火)15時31分44秒
返信・引用
  > No.10152[元記事へ]

湯水さんへのお返事です。

> しげをさま、
> 忝なく。
> 今後ともよろしくお願ひを申し上げます。

こちらこそよろしくお願いします( ´艸`)
 

深謝。

 投稿者:湯水  投稿日:2017年 3月 4日(土)23時21分9秒
返信・引用
  しげをさま、
忝なく。
今後ともよろしくお願ひを申し上げます。
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 3日(金)01時33分6秒
返信・引用
  【金賞・5票】
くみこ
01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
【銀賞・4票】
湯水
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ

17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる

今回の「声」歌会は金賞をくみこさん、銀賞を湯水さんと令さんが獲得されました。
おめでとうございます。次回幹事をくみこさんよろしくお願いします。
湯水さん、私も色んな事柄を失念することが多く困っています。尤も私の場合は多忙の
ためではなく加齢によるとおもいますが。謹慎などと言わず詠草の投首をお願いします。
また六さんが先月末に転居されましたが是非引き続き当歌会に参加して下さい。  
 

「声」歌会選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 3日(金)01時18分38秒
返信・引用
  01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ :(風媒、たちばな、しげを、◎六)
02 星条旗先頭に立て野を行けばひときわ鋭いひよどりの声
03 あなたのこゑだと気づかずに聞いてゐたあの声、菜の花のはなさかり
04 そのひとの声と気づかず聞いてゐたあのこゑ蝉時雨のラヂヲに
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ :(◎しげを、◎令)

06 だみ声の女先生一粒の麦となりたり声のなつかし
07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる :(◎たちばな、令)
08 思い出はミント色してうずくまり忘れないでの声だけになる :(風媒)
09 心臓を射抜かれているヴィーナスの声も出せない石像が立つ :(六)
10 春泥とガトーショコラの違ひとは鳥のこゑ降りはじめてゐたり :(令)

11 勝負する武器は大声ジョーカーの昔話は今も健在 :(風信子)
12 ほんとうに悲しい人がここにいる肩を怒らせ声を殺して
13 愛猫よあなたは何を語るのか心の声を聴かせておくれ
14 みたところ初老妻子なし日に一度声を発する理髪ロボット :(六)
15 声質変換テストのモデルが失踪し今月の開催は絶望的

16 奇声嬌声罵声抵抗の声が仕組まれる日曜朝の報道番組
17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる :(◎風信子、◎くみこ)
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ :(たちばな、しげを、くみこ)
19 命なる声の耳まで届きしを総身震はし主出向かふ :(◎風媒)
20 見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ :(風信子)

21 鈴なりのシュプレヒコールが聞こえくるシーンを見つむYouTubeにて
22 サイレント・マジェスティとは違ふだらう声なき声はなにかさみしい
23 衒ふ事何も要らぬと身に沁みるインドてふ国声掛ける国
24 白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた :(くみこ)
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 3月 2日(木)15時03分38秒
返信・引用
  名乗ります。
01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる
10 春泥とガトーショコラの違ひとは鳥のこゑ降りはじめてゐたり

みなさま   ありがとうございました。
素敵なこゑを感じる歌会でした。
くみこ
 

名告り

 投稿者:湯水  投稿日:2017年 3月 2日(木)02時31分17秒
返信・引用 編集済
  03 あなたのこゑだと気づかずに聞いてゐたあの声、菜の花のはなさかり
04 そのひとの声と気づかず聞いてゐたあのこゑ蝉時雨のラヂヲに
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ

以上、湯水でした。

今回は選歌できませんでした。

といふか、自分が短歌を作つてゐるといふ記憶が、
十日ほど全くありませんでした。

しばらく謹慎します。

申し訳ありません。
 

名告り

 投稿者:  投稿日:2017年 3月 1日(水)20時18分15秒
返信・引用
  17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
24 白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた

皆様、ありがとうございました。
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 3月 1日(水)10時01分24秒
返信・引用
  02 星条旗先頭に立て野を行けばひときわ鋭いひよどりの声
08 思い出はミント色してうずくまり忘れないでの声だけになる
09 心臓を射抜かれているヴィーナスの声も出せない石像が立つ

選評ありがとうございました。
風媒さま、猫ちゃん残念でしたね。17歳以上の猫は天寿を全うしたと言えるのかも。
歌会中でしたので、そっけないコメントごめんなさい。御自分がペットロスになりませんように。
 

名乗ります

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 3月 1日(水)05時35分44秒
返信・引用
  14 みたところ初老妻子なし日に一度声を発する理髪ロボット
15 声質変換テストのモデルが失踪し今月の開催は絶望的
16 奇声嬌声罵声抵抗の声が仕組まれる日曜朝の報道番組

みなさんありがとうございました。
 

名乗ります

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 1日(水)00時34分29秒
返信・引用
  20 見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ
21 鈴なりのシュプレヒコールが聞こえくるシーンを見つむYouTubeにて
22 サイレント・マジェスティとは違ふだらう声なき声はなにかさみしい

ありがとうございました。実は22サイレント・「マジェスティ」は「マジョリティー」の誤り
でした。しかし「マジェスティ」が高貴・尊称であり「沈黙する高貴」としてもより歌意が
通じるなと思い、このままにした次第です。
 

外套のなか

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 1日(水)00時25分34秒
返信・引用
  01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ

「蕾のやうだ」の比喩はやや作りとしては常套的であるとも見えるが、前句
「長いこと出さないあとに出る声」に個性が跳梁する。この表現は作者のもの
である。「長いこと」が対話の一瞬の沈黙なのか、文字通り長時間または長期間なのか
その含みが色々背後のストーリーを考えさせてくれる。

18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ

「雨の画面」とはチラチラとフイルムの痛みの声だろう。喧騒を避けて無音の世界に
帰りたいのだろう。しかし「外套のなかをつたつて」は魅力的な表現なのだが景色が
見えてこないのがなんとももどかしい。
 

きのふより

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 3月 1日(水)00時14分40秒
返信・引用
  05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ

まさか視野狭窄ではあるまいが心象として視野が狭くなることはある。額縁のなかの
空と現実の空が一瞬交差する。冬鳥のこゑにこの頃責められているのだろうか。
優しい言葉で綾なされているが響きは妙にかなしい。
 

名乗ります。

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月28日(火)15時46分24秒
返信・引用 編集済
  11 勝負する武器は大声ジョーカーの昔話は今も健在
12 ほんとうに悲しい人がここにいる肩を怒らせ声を殺して
13 愛猫よあなたは何を語るのか心の声を聴かせておくれ
この歌を作って数日後、2月23日早朝にわが家の猫は旅立ちました。享年17歳2カ月でした。皆さまありがとうございました。
 

名乗り

 投稿者:  投稿日:2017年 2月28日(火)08時40分32秒
返信・引用
  06 だみ声の女先生一粒の麦となりたり声のなつかし
19 命なる声の耳まで届きしを総身震はし主出向かふ
23 衒ふ事何も要らぬと身に沁みるインドてふ国声掛ける国

皆様、ありがとうございました。
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 2月27日(月)21時26分49秒
返信・引用
  17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる
咲く前は地味ですが、花が咲くと、灯りのようでこころが灯る気がします。
そんなみつまたの花の特徴をも捉えていて、春を促す雨に
そっと閉じ込めているそのつぶやきを ほのかに感じました。

18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
見終わったばかりの雨のシーンが、うつつにも続いているときってありますね。
外套のなかをつたつて帰りたい
こころを震わせた映画の世界にもっとずっと浸っていたい。深く共感します。
 

選歌します!

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 2月27日(月)20時49分10秒
返信・引用
  選歌
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
24 白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた

特選
17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2017年 2月27日(月)11時41分53秒
返信・引用
  特選
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ

普通選
07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる
10 春泥とガトーショコラの違ひとは鳥のこゑ降りはじめてゐたり

選歌、おそくなりました。
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2017年 2月27日(月)10時10分25秒
返信・引用
  遅くなってすみません。

特選
01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ

普通選
09 心臓を射抜かれているヴィーナスの声も出せない石像が立つ
14 みたところ初老妻子なし日に一度声を発する理髪ロボット

 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 2月26日(日)23時31分37秒
返信・引用
  特選
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ
普通選
01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
 

選歌です

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 2月26日(日)19時01分26秒
返信・引用
  特選
07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる

普通選
1 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月26日(日)14時09分3秒
返信・引用
  特選
17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる
普通選
11 勝負する武器は大声ジョーカーの昔話は今も健在
20 見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ
 

選句します。

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月26日(日)13時32分45秒
返信・引用
  y
特選
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
選句
01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
08 思い出はミント色してうずくまり忘れないでの声だけになる
 

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 2月26日(日)08時49分8秒
返信・引用
  07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる

ポートレートからいつのまにか
抜け出してきた

片方だけの耳
女性らしい耳
ピアスの穴がよくみるとあいている
そっと触れてみたい
耳はそしらぬふうで
空を向いている
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月26日(日)08時45分17秒
返信・引用
  18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ

外套が無声映画の画面に連れていってくれる...何てロマンチック!きっと素敵な映画だったのでしょう。そして雨というのはどこにでも行き渡りますね。心の襞にまでも。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月26日(日)08時36分10秒
返信・引用
  08思い出はミント色してうずくまり忘れないでの声だけになる

思い出として遠く去ってもその人の声だけはリアルに残るのは何故でしょう?一言の内容が強ければ強いほど。言霊の存在はあるのかも。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月26日(日)08時22分39秒
返信・引用 編集済
  1 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ

白木蓮の蕾は開くと大きな花びらが伸びをするように現れる。その花びらを内包する蕾のことを長いこと出さないあとに出る声と表現されているのが素晴らしいです。
 

ガトーショコラ

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 2月26日(日)06時39分57秒
返信・引用
  10 春泥とガトーショコラの違ひとは鳥のこゑ降りはじめてゐたり

春泥をながめながら あるいは
春泥を踏んで立ち尽くして
聞く
鳥の声がかぼそくやがてはっきりと
春のはじまりのようでもあるが
聞き慣れた声のようでもある
ガトーショコラがある
目の前にあってふれがたい
ふれると粉が散ってこわれそうな
ガトーショコラをながめている
やがて なめる
甘くて濃い
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月25日(土)13時16分40秒
返信・引用
  22 サイレント・マジェスティとは違ふだらう声なき声はなにかさみしい

サイレント・マジェスティを検索してもよく分らなかったのですが、沈黙の栄冠でも、物言わぬ
大多数でも結果は同じなのか、責任は一人一人の上にという事なのか。アメリカでも日本でも
声を上げるのが恐ろしい時代になったような・・・

24 白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた

とても雰囲気のあるお歌なのですが、もうお迎えが来ているよみたいな事なのかと思うとちょっと
怖いです。「裏声」の歌であることも、白梅のせいかヨーデルのような美しい歌とは思えないので。
 

外套

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 2月25日(土)06時32分49秒
返信・引用
  18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ

外套は濡れるだろうか
小雨や雪の中を歩いたあとで濡れるかもしれない
水滴がなかまで濡れるとは
しかし奇妙なかんかく
外套のなかをつたっていく
何が
体温 肌の 空気
そうして帰る
スクリーンに降る雨のなかへ
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月24日(金)09時24分5秒
返信・引用
  17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる

別に木蓮の蕾も出ていましたが、こちらも「みつまた」の蕾。蕾には声が込められているので
すね。それは「春の声」かしら。私は三椏の花も好きですが、咲かないうちの蕾の房は
何の花かというぐらい変な形。「しっかりと」声を閉じ込めているからかしら。

20 見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ

ひばりの上がるのは「のどか」な光景と思うのですが、「見る人も無き」で作者だけが
見ているのか、寂しげな気配もあります。そんなことにお構いなしに、ひばりは日常を飛んでいるのでしょう。
昔、父から雲雀は「天突く、てんつく」といって上がって行くけど天に届かないので「天くそ、天く
そ」と言って降りてくるのだと教わったことを思い出しました。
 

Re: コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月23日(木)09時26分59秒
返信・引用
  > No.10121[元記事へ]

愛猫の歌の作者さんへのお返事です。

この文は、歌の評ではなくて、猫きちがいのお返事とお取りくださいね。
家の猫は、保護猫を12歳で引き取り、その時最後まで自分の家で医者に掛けずに見送ります
ということで、引き取りました。猫にかける思いはそれぞれでも、みんなその猫が幸せであれ
と思っているのでしょう。
家の猫も、もうそんなに生きないなと思う位がりがりの骨ごつごつです。
お大事に。
 

白木蓮

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 2月23日(木)05時14分14秒
返信・引用
  01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ

白木蓮は大きな花びらばかりが印象的でそういえば蕾は
どんなふうだったのだろうか
たぶん 何度かみているはずだが
描けない
ながいあいだ 声をださない
理由はわからないがたんに無口というのではない
ようやく声がでる
ぼそり ぼそぼそと
なんと言ったのか よくわからない
声をきいたことだけはたしかだが
 

Re: コメント

 投稿者:愛猫の歌の作者  投稿日:2017年 2月22日(水)23時38分20秒
返信・引用
  風信子さんへのお返事です。
年取って糖尿病、心臓病、腎臓病、肺水腫で呼吸困難で苦しんでいるわが家の猫は、せめて側にいてあげたいと自宅介護を選び、毎日腎臓点滴で病院通い。自宅でも注射と薬と、強制給餌。それでも生きたいのか、それとも苦しみから解放して欲しいのか、生殺与奪が私の手の中にある事をしみじみ思い、どうして欲しいのか本気で聞きたいと思っている毎日です。
> 13 愛猫よあなたは何を語るのか心の声を聴かせておくれ
>
> 「心の声」は音にならない声、だけど猫はニャーとかぎゃあとか言う。作者は猫と交流が
> 浅いのか、あるいは本当の心の確証が欲しいのかもしれない。長年猫と暮らしてきた私は
> 猫の言っていることが分る気になって、それで満足しているのだけど。


 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月22日(水)13時59分29秒
返信・引用
  13 愛猫よあなたは何を語るのか心の声を聴かせておくれ

「心の声」は音にならない声、だけど猫はニャーとかぎゃあとか言う。作者は猫と交流が
浅いのか、あるいは本当の心の確証が欲しいのかもしれない。長年猫と暮らしてきた私は
猫の言っていることが分る気になって、それで満足しているのだけど。

16 奇声嬌声罵声抵抗の声が仕組まれる日曜朝の報道番組

色々な声が「仕組まれる」と言う所が肝要で、日曜の朝は作者が勤め人なのだろう。毎日
家にいると朝のワイドショウでは、年中そんなことが起きている。うるさいとも思うし、何
もこんなところで、笑い声を入れなくてもと苦々しく思う事もある。
このごろは視聴者も大体の裏は分ってきている
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 2月22日(水)11時54分39秒
返信・引用
  14 みたところ初老妻子なし日に一度声を発する理髪ロボット

理髪ロボットが相手の人物を機械的に確認しているのですね。その確認の後に寂漠感が広がる。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月21日(火)17時57分37秒
返信・引用
  06 だみ声の女先生一粒の麦となりたり声のなつかし

この先生は自分の名声や出世などを考えずに、多くの生徒を世に送り出したのでしょう。
私の好みでは美しい声の先生の方がいいけれど、「だみ声」に個性が出ています。

11 勝負する武器は大声ジョーカーの昔話は今も健在

このジョーカーはやっぱりトランプのジョーカーなのでしょうね。大声で昔思いこんだ
価値観でやっていこうとする、例のあの方を詠んだのだろうと思いました。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月21日(火)09時28分38秒
返信・引用
  03 あなたのこゑだと気づかずに聞いてゐたあの声、菜の花のはなさかり

この二首が同じ方のお歌であれば、同じ詠み方を違う展開にしたものだし、別々の
ひとのお歌であれば、偶然の上の句の相似として、面白い取り合わせになったなと
興味深く読みました。作者を考えずに歌とだけ読んだ時、こちらは春のお歌。
はじめからの破調がまたそれなりの調子を持っていること。背の高い菜の花畑に
顔や姿が隠れて、声だけが聞えてくるのだろうか。結句「はなさかり」があまかった
様な気もしました。

04 そのひとの声と気づかず聞いてゐたあのこゑ蝉時雨のラヂヲに

こちらは夏の景。下の句の句またがりだけで定型に納まって、私には読みやすい
一首です。この蝉しぐれはラジオから流れてくるものでしょう、その音を背景に
昔知っていた人(有名な人なのかも知れない)の声が流れてきたという事かな。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 2月21日(火)09時13分5秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
二月は逃げるの言葉通りか、今年はことに早く週が移るような気がいたします。
確定申告や、相続などのことで気ぜわしないのですが、歌に嵌っている時はまた別の時間のような
気もします。では始めさせていただきます。

「声」と言うお題は詠みやすいなと思ったのですが、音の出るもの出ない物、いろいろあるのですね。
皆様のお歌が楽しみでしたが、やはり音のある「こえ」のバリエーションだったかなと思いました。
今回はあまり声の持つ「色」というのは感じられなかったかなというのは個人的な感想です。
 

「声」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 2月21日(火)01時44分40秒
返信・引用
  01 長いこと出さないあとに出る声は白木蓮の蕾のやうだ
02 星条旗先頭に立て野を行けばひときわ鋭いひよどりの声
03 あなたのこゑだと気づかずに聞いてゐたあの声、菜の花のはなさかり
04 そのひとの声と気づかず聞いてゐたあのこゑ蝉時雨のラヂヲに
05 きのふより空がひろいとおもふことこのごろなくて冬鳥のこゑ

06 だみ声の女先生一粒の麦となりたり声のなつかし
07 肖像画を抜け出してきてその耳を芽吹きはじめの空に向けてる
08 思い出はミント色してうずくまり忘れないでの声だけになる
09 心臓を射抜かれているヴィーナスの声も出せない石像が立つ
10 春泥とガトーショコラの違ひとは鳥のこゑ降りはじめてゐたり

11 勝負する武器は大声ジョーカーの昔話は今も健在
12 ほんとうに悲しい人がここにいる肩を怒らせ声を殺して
13 愛猫よあなたは何を語るのか心の声を聴かせておくれ
14 みたところ初老妻子なし日に一度声を発する理髪ロボット
15 声質変換テストのモデルが失踪し今月の開催は絶望的

16 奇声嬌声罵声抵抗の声が仕組まれる日曜朝の報道番組
17 三椏の花の蕾は雨に濡れ声しつかりととじ籠めてゐる
18 外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ
19 命なる声の耳まで届きしを総身震はし主出向かふ
20 見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ

21 鈴なりのシュプレヒコールが聞こえくるシーンを見つむYouTubeにて
22 サイレント・マジェスティとは違ふだらう声なき声はなにかさみしい
23 衒ふ事何も要らぬと身に沁みるインドてふ国声掛ける国
24 白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月20日(月)09時52分30秒
返信・引用
  白梅のむかうに死者の来ていると風に混じれるうら声のうた  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月20日(月)01時33分39秒
返信・引用
  衒ふ事何も要らぬと身に沁みるインドてふ国声掛ける国  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月19日(日)23時56分21秒
返信・引用
  サイレント・マジェスティとは違ふだらう声なき声はなにかさみしい  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月19日(日)23時55分35秒
返信・引用
  鈴なりのシュプレヒコールが聞こえくるシーンを見つむYouTubeにて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月19日(日)23時54分40秒
返信・引用
  見る人もなき山ざとの朝雲雀うれしかなしと鳴きて飛び立つ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月19日(日)23時14分26秒
返信・引用
  命なる声の耳まで届きしを総身震はし主出向かふ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 2月19日(日)21時41分18秒
返信・引用
  外套のなかをつたつて帰りたい無声映画の雨の画面へ  

/88