投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(15)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月22日(金)08時15分38秒
返信・引用
  16 花終へし蓮の葉群にゆつくりとまはる風力発電の羽

お歌の流れはのどかで、綺麗な景のようなのだけど、花後の蓮葉は無惨に折れたりして時期を過ぎたなあ
と思わせる。風力発電も再生可能なんとか・・・ともてはやされても低周波問題なども含んで、今一つ
決め手に欠けている。そんな負の部分を裏に隠しているのかなあと思いました。

18 月を飛ぶ雌牛逃げ出す皿と匙 風はほんのり描かれてゐる

マザーグースの一場面。絵本のページなのか、絵皿のような物を見ているのか、私自身が好きな題材なので
心魅かれました。お題のために「風」の描き方に下の句をずらして行った方法も(これがないと歌にならないので)
うっすらといいですね。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月21日(木)12時51分36秒
返信・引用
  13 さ夜ふかく風信帖を臨書せば水琴窟の音聴くおもひ

作者は澄んだ音の世界のような心持になっているのでしょう。お習字苦手な私は高校の授業で「蘭亭の序」を
書かされた記憶がよみがえって、空海さんの名筆にも背を向ける気持ちでいます。ごめんなさい。
お歌としては、しみじみと深夜の静けさが感じられます。

14 この思慕はどちらが深いつつゐつの闇を覗けば芒吹かるる

筒井の中の闇を覗いて、愛の深さを探るとは・・・すすきが風に吹かれるような茫漠としたものしか見えてこないのでしょう。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月20日(水)15時20分3秒
返信・引用
  10 しめやかに投資代替コンサルタントが潮解してゆく秋の風

「投資代替コンサルタント」はまあ、分るのですが、そう言う人が溶けて行くのに「潮解」
といわれると、なめくじかと思ってしまいました。なんとなく悪い人がなめくじのように
塩に溶かされて、吹く秋の風は知らん顔しているみたいな・・・

12 路地裏の猫と言葉が通じ合ふすべては太陽フレアの所為で

風媒さまもコメントしていましたが、家の飼い猫は言葉が通じますね。太陽フレアに
知らない猫との会話ができる様な奇跡が起こせるなら、歓迎かも。一瞬のことでしょうか。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月18日(月)22時35分49秒
返信・引用
  17 桶にある二十余匹の亀の子も台風来ると家に入れらるる

そっと桶を運ぶ人のやさしさが伝わります。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月18日(月)22時27分48秒
返信・引用
  15 ヘップバーンのうしろ姿の一枚が振り向きさうだ爽籟の中

私も今日大丸へへップバーンの写真展に行って来ました。風のような爽やかさの彼女でした
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月18日(月)22時22分30秒
返信・引用
  11 カウンターに局所排気の風止まず接合しており異種人種らが

喫煙カウンターに喫煙者が並んで喫煙している状態でしょうか?タバコ吸うのも中毒扱いの昨今?
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月18日(月)22時15分58秒
返信・引用
  06 風鈴の音隣家より忍び込むなにか言ひたき声のかはりに

季節はずれの風鈴はなぜか物悲しい。その音はぽつぽつと夏の思い出でも語っているような。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月18日(月)12時18分27秒
返信・引用
  01 みかしほの播磨の浜を漕ぎ出でて風の行方を雁に聞きをり

典雅なお歌で、奈良平安の古歌のようです。「みかしほの」は播磨の枕詞、兵庫県の浜を何で
海に出たのでしょう。現代だとボートでしょうか。雁は群れで一方向へ飛ぶので、雁に聞いても
大丈夫なのかしら。

04 あの人は亡くなったとか「そうなのか...」風の便りに仰ぐ青空

こちらは現代的な「括弧」や三点リーダーも使ったお歌で、「風の便り」に聞いた人の死は、いまでは
距離のある人のものなのでしょう。それでも思い起こすことは色々と有る。そっけないようでいて、気持ちは
こもっていますね。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月18日(月)10時53分10秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
皆様台風被害はなかったでしょうか。東京は台風一過で、青空気温がぐんぐん上がっています。
私ごとですが、土曜日に親戚の結婚式で仙台トンボ返りをしましたので、まだ体が痛くて疲れ果てています。
充分な評が書けるかどうかわかりませんが、よろしくお願いします。
 

「風」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月18日(月)01時52分53秒
返信・引用
  01 みかしほの播磨の浜を漕ぎ出でて風の行方を雁に聞きをり
02 明けぬれば窓すこし寄せ風通す菊のうすき香つと渡りゆく
03 疾風を身に受けバイク走らせる秋が来たなと想い馳せつつ
04 あの人は亡くなったとか「そうなのか...」風の便りに仰ぐ青空
05 風景が私を呼んで手が動くそんな絵描きにいつなれるやら

06 風鈴の音隣家より忍び込むなにか言ひたき声のかはりに
07 風見鶏北を見据えて静かなり明日吹く風は何色の風
08 秋風が心の隙間しのびこむ人なき里のあらくさを吹き
09 橋梁接合部異種部材劣化検知されても田園風景
10 しめやかに投資代替コンサルタントが潮解してゆく秋の風

11 カウンターに局所排気の風止まず接合しており異種人種らが
12 路地裏の猫と言葉が通じ合ふすべては太陽フレアの所為で
13 さ夜ふかく風信帖を臨書せば水琴窟の音聴くおもひ
14 この思慕はどちらが深いつつゐつの闇を覗けば芒吹かるる
15 ヘップバーンのうしろ姿の一枚が振り向きさうだ爽籟の中

16 花終へし蓮の葉群にゆつくりとまはる風力発電の羽
17 桶にある二十余匹の亀の子も台風来ると家に入れらるる
18 月を飛ぶ雌牛逃げ出す皿と匙 風はほんのり描かれてゐる
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)20時55分14秒
返信・引用
  月を飛ぶ雌牛逃げ出す皿と匙 風はほんのり描かれてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)20時43分42秒
返信・引用
  桶にある二十余匹の亀の子も台風来ると家に入れらるる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)20時21分36秒
返信・引用
  花終へし蓮の葉群にゆつくりとまはる風力発電の羽  

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月17日(日)17時27分54秒
返信・引用
  路地裏の猫と言葉が通じ合ふすべては太陽フレアの所為で

磁場が変化すると起こりかねない現象?路地裏の猫の会話聞いてみたい。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)10時39分10秒
返信・引用
  ヘップバーンのうしろ姿の一枚が振り向きさうだ爽籟の中  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)09時59分54秒
返信・引用
  この思慕はどちらが深いつつゐつの闇を覗けば芒吹かるる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月17日(日)00時06分41秒
返信・引用
  さ夜ふかく風信帖を臨書せば水琴窟の音聴くおもひ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月16日(土)15時17分59秒
返信・引用
  路地裏の猫と言葉が通じ合ふすべては太陽フレアの所為で  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月16日(土)05時27分58秒
返信・引用
  カウンターに局所排気の風止まず接合しており異種人種らが  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月16日(土)05時27分28秒
返信・引用
  しめやかに投資代替コンサルタントが潮解してゆく秋の風
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月16日(土)05時26分50秒
返信・引用
  橋梁接合部異種部材劣化検知されても田園風景
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月15日(金)09時31分20秒
返信・引用
  秋風が心の隙間しのびこむ人なき里のあらくさを吹き  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月15日(金)09時29分49秒
返信・引用
  風見鶏北を見据えて静かなり明日吹く風は何色の風  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月15日(金)02時34分24秒
返信・引用
  風鈴の音隣家より忍び込むなにか言ひたき声のかはりに
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月14日(木)23時06分32秒
返信・引用
  風景が私を呼んで手が動くそんな絵描きにいつなれるやら  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月14日(木)23時04分54秒
返信・引用
  あの人は亡くなったとか「そうなのか...」風の便りに仰ぐ青空  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月14日(木)23時01分59秒
返信・引用
  疾風を身に受けバイク走らせる秋が来たなと想い馳せつつ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月14日(木)08時39分37秒
返信・引用
  明けぬれば窓すこし寄せ風通す菊のうすき香つと渡りゆく  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 9月13日(水)20時18分55秒
返信・引用
  みかしほの播磨の浜を漕ぎ出でて風の行方を雁に聞きをり  

くみこさま風歌会にようこそ!

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月12日(火)23時39分34秒
返信・引用 編集済
  風音にまぎれて電子線集光す    たちばな
秋空に太陽フレア風起こす     風媒
野分吹く音捉えおり猫の耳    風信子
鳥一羽色なき風に攫はれて  桜子
松風を手土産にして菊花の日    令
風を見たやうな気がする鬼やんま    くみこ
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 9月12日(火)11時57分29秒
返信・引用
  風☆歌会に参加します。

風媒さま しげをさま みなさま
どうぞよろしくお願いします。

風を見たやうな気がする鬼やんま   くみこ
 

たちばなさま、風信子さま、桜子さま、令さま風歌会にようこそ!

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月12日(火)00時24分30秒
返信・引用
  風音にまぎれて電子線集光す         たちばな

秋空に太陽フレア風起こす     風媒

野分吹く音捉えおり猫の耳    風信子

鳥一羽色なき風に攫はれて  桜子

松風を手土産にして菊花の日    令
 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2017年 9月10日(日)17時07分50秒
返信・引用
  風媒様、みな様よろしくお願いします。

松風を手土産にして菊花の日   令
 

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月10日(日)15時32分25秒
返信・引用
  「風」歌会に参加します。風媒さん、皆様よろしくお願いします。

鳥一羽色なき風に攫はれて  桜子
 

Re: 参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月10日(日)10時27分39秒
返信・引用
  風信子さんへのお返事です。
風信子さん歌会ご参加ありがとうございます。猫のいない味気なさ同感です。ネットの猫の動画や岩合さんの番組で紛らわしています。

> 風・歌会に参加いたします。
> 風媒さま、皆様よろしくお願いいたします。
>
> 野分吹く音捉えおり猫の耳     風信子
>
> この所猫のいない生活を味気なく続けています。
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月10日(日)08時25分42秒
返信・引用
  風・歌会に参加いたします。
風媒さま、皆様よろしくお願いいたします。

野分吹く音捉えおり猫の耳     風信子

この所猫のいない生活を味気なく続けています。
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月 8日(金)10時02分40秒
返信・引用
  しげをさんスケジュールありがとうございます。たちばなさんご参加ありがとうございます。

秋空に太陽フレア風起こす       風媒
 

参加します

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 9月 8日(金)08時59分7秒
返信・引用
  みなさん、よろしくお願いします。

風音にまぎれて電子線集光す      たちばな
 

9月のお題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月 8日(金)01時00分17秒
返信・引用
  風媒さん、お題ありがとうございます。

9月のお題「風」、また連想歌も可です。
参加表明及び詠草締切9月17日(日)
選歌締切9月24日(日)
コメント期間9月18日~9月30日
名乗り9月30日

多くの方のご参加をお待ちします。またお久しぶりの方もどうぞご参加下さい。
 

9月のお題

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月 6日(水)19時39分30秒
返信・引用
  みなさまありがとうございました。夏もようやく終わりを告げ、秋風の吹く涼しい季節を迎えています。でお題を「風」はいかがでしょうか?風の入った漢字および風関連の言葉(たとえば野分け)なども含めます。どうぞ宜しくお願いします。  

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月 5日(火)22時35分20秒
返信・引用
  【金賞・5票】

18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて
【銀賞・3票】
風媒
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私
湯水
13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘

今回の歌会は金賞に令さん、銀賞に風媒さん、湯水さんが獲得されました。
おめでとうございます。特に令さんは三回連続の金賞受賞となりました。
次回の幹事は銀賞の風媒さんにお願いします。
以上で「あかっぽいもの」歌会をお開きとさせてもらいます。
 

Re: 緑の光線

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月 4日(月)18時37分22秒
返信・引用
  たちばなさんへのお返事です。
視線はたしかにその光線を見ました。緑の光線というフランス映画のラストシーンです。

> 04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線
>
> 夕日の中に稀にいっしゅん、緑の光がみえるという緑の光線
> 顔が朱に染まるほどに夕日をみつめている
> 視線は緑の光をみたのだろうか・・
> 平出隆の詩集「家の緑閃光」をおもいだしました
 

名告ります。

 投稿者:湯水  投稿日:2017年 9月 3日(日)21時14分31秒
返信・引用
  13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘
20 赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと
21 交差点に名のみのこれる泪橋の赤信号が夜風にうるむ

以上、湯水でした。
選歌コメントありがたうごさいます。
 

緑の光線

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時37分11秒
返信・引用
  04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線

夕日の中に稀にいっしゅん、緑の光がみえるという緑の光線
顔が朱に染まるほどに夕日をみつめている
視線は緑の光をみたのだろうか・・
平出隆の詩集「家の緑閃光」をおもいだしました
 

名告り

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時35分23秒
返信・引用
  14 砂原へ長く垂らした後髪したたつてゐる赤い鮮血
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて
19 葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ

皆様、ありがとうございました。
 

名乗ります

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時32分33秒
返信・引用
  01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて
02 暗闇にドラムの響きなり止みて緋色衣装の美女宙に舞う
03 赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる

みなさま、ありがとうございました。
 

コメント

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時32分25秒
返信・引用
  07 何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて

これは怖い。
歌の中には赤は何もないのだlけれど。
これから染まるであろう深紅の世界。
あなおそろし。

12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き

板の戸に獅子などが描かれているのは古いお寺なんかによく見るのだけれど、
結構彩色が剥落していたりする。
この絵では目玉がはっきり残っている虎を思った。
扉お前で話す誰か、前にも聞いた事のある話、
虎の目がギロリ、とおもしろい情景である。

01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて

アセチレンランプなのですね、昔のサーカスは。
もの悲しいあのジンタが聞こえて来そうです。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 9月 3日(日)09時20分14秒
返信・引用
  07 何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて
09 赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた
12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き


みなさまのあかっぽい世界  堪能しました。ありがとうございます。
くみこ
 

名乗ります

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月 3日(日)00時59分40秒
返信・引用
  15 紅旗征戎吾が事に非ずとも信号待ちの人を危ぶむ
16 紅芙蓉は手のひらに似て柔らかく紫の雨に寄り添ひてゐる
17 調子ッ外れの東方紅(とんふぉんふぁん)をがなりつつ三畳下宿に洪水の兆し

ありがとうございました。お題に悪戦苦闘でした。
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 9月 2日(土)18時36分17秒
返信・引用
  08 ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める
10 誰が姫の忘れものかは庭先に檜扇水仙ひともとの咲く
11 酷薄にすぎれば土手の曼珠沙華恨むがごとく一面の赤

昨日今日と、東京はすっかり涼しくなりましたが、明日からまた暑いらしいです。
でももう秋なのかな。今年はつくつくぼうしをまだ聞いていません。
皆様、ありがとうございました。
 

「あかっぽいもの」歌会選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 9月 2日(土)14時31分29秒
返信・引用
  01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて :(令)
02 暗闇にドラムの響きなり止みて緋色衣装の美女宙に舞う
03 赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる :(くみこ、湯水)
04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線 :(◎たちばな)
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私 :(風信子、くみこ、しげを)

06 朱を入れる事は傲慢それぞれに個性溢れる書作品たち
07 何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて :(◎令)
08 ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める :(風媒、たちばな)
09 赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた :(風媒、風信子)
10 誰が姫の忘れものかは庭先に檜扇水仙ひともとの咲く

11 酷薄にすぎれば土手の曼珠沙華恨むがごとく一面の赤
12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き :(令)
13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘 :(◎しげを、たちばな)
14 砂原へ長く垂らした後髪したたつてゐる赤い鮮血
15 紅旗征戎吾が事に非ずとも信号待ちの人を危ぶむ

16 紅芙蓉は手のひらに似て柔らかく紫の雨に寄り添ひてゐる :(湯水)
17 調子ッ外れの東方紅(とんふぉんふぁん)をがなりつつ三畳下宿に洪水の兆し
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて :(◎くみこ、しげを、◎湯水)
19 葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ :(◎風信子)
20 赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと :(◎風媒)
21 交差点に名のみのこれる泪橋の赤信号が夜風にうるむ
 

名乗ります

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 9月 2日(土)10時34分43秒
返信・引用
  04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私

06 朱を入れる事は傲慢それぞれに個性溢れる書作品たち

みなさまありがとうございました。
 

選歌。

 投稿者:湯水  投稿日:2017年 8月31日(木)20時24分17秒
返信・引用
  特選
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて

普通選
16 紅芙蓉は手のひらに似て柔らかく紫の雨に寄り添ひてゐる
03 赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる

遅くなつて申し訳ありません。
 

赤目

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月31日(木)19時45分47秒
返信・引用
  05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私

果たして赤目に映るのはカメラの所為はフィルムの所為か知らぬ。そうかフラッシュの赤の
所為だと納得。否否、赤目四十八滝で異界の何かを見てしまったのかもしれない。

18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて

確かに「あともどりできない」けれど口に出すのはあまりにも哀しい。午後の紅茶を飲みながら
あの町を目指すことで何かが再び生まれるのかもしれない。
 

幸子の幸は

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月31日(木)19時32分24秒
返信・引用
  13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘

ご存知、あがた森魚のビブラートが聞こえてくる。幸子の幸はどこにある?かそれを
探し求め続けた人生と自分の人生が重なってくる。「針をおとせば」の昭和感も満喫
しました。あらためて自分の青春とだぶっているので感傷一入。
 

コメント

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 8月31日(木)13時42分25秒
返信・引用
  コメント

18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて

人生やり直しボタンなんて、何処にもないんだ。特に、冒頭の 誰も っていうところ。そう感じながらも、美しさに魅かれて手に入れた紅茶缶。その存在が、もしもあのときって、何処かで思うときもあるのかな。そんな気持ちになりました。
 

選歌です

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 8月28日(月)07時41分14秒
返信・引用
  特選
04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線
普通選
08 ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める
13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月27日(日)23時48分16秒
返信・引用
  特選
13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘
普通選
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2017年 8月27日(日)19時11分22秒
返信・引用
  普通選
01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて
12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き
特選
07 何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 8月27日(日)17時03分23秒
返信・引用
  選歌します。

03 赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる

05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私

特選
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月27日(日)12時49分2秒
返信・引用
  特選
19 葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ
普通選
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私
09 赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた
 

選歌します。

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 8月26日(土)23時40分12秒
返信・引用
  特選
20赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと
選歌
08ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める
09赤白の縞猫になって闊歩する月がすこうし膨らんできた
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月25日(金)16時25分21秒
返信・引用
  20 赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと

21番のお歌と連作になっている様な「泪橋」の歌。私は東京生まれの東京育ちなのに縁が
なかったので、どこか遠い地の橋の名のような気がしていました。調べたら、荒川区と品川区
の両方に有ったらしくて、どちらも私の生活圏内では無かったのです。
「泪橋を逆にわたる」も明日のジョーに関連した話だとか、あの頃を知っているけれど「明日
のジョー」の細かいことは覚えていないです。

21 交差点に名のみのこれる泪橋の赤信号が夜風にうるむ

そんないろいろを知らないでも、二首共に昔のちょっと場末っぽい感じがいい雰囲気を出しているし、
21番の方がより抒情的なのかなと思いました。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月25日(金)09時38分10秒
返信・引用
  18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて

初句からの否定が、決まりごとの町のような不思議感はあるけれど、少し重さが
足りないような感じもしました。下の句で綺麗な物を買う事で、その縛りを抜けよう
と言う気持ちの明るさを得ますが。

19 葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ

作者は川辺に立っているのか、作者のところからは蘆の中までは見えない。だれかが
「よしきりが居る」と言ったのだろう。読み手は一緒に鳥の赤い口の中を思う。景の立つ
好きなお歌です。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月24日(木)22時13分30秒
返信・引用
  13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘

今でも「赤色エレジー」はユーチューブで聞きますが、針を落とすのでレコードでしょう。
「ガロ」や「コム」の懐かしい時代のイメージが浮かんできます。ただ「言葉は生娘」という
堅いもの(?)とはすこし感じが違うような気もしました。

15 紅旗征戎吾が事に非ずとも信号待ちの人を危ぶむ

「 紅旗征戎吾が事に非ず」が定家の「明月記」からとは知りませんでした。戦争なんて
どうでもいい、と言ってしまっては乱暴なのかしら、それでも信号待ちの人を心配するのは
交通事故とか、そういうことなのかあるいはもっと深い危機を憂いているのかよく分かりませんでした。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月24日(木)09時53分22秒
返信・引用
  09 赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた

「赤白の縞猫」は実は赤っぽい茶トラのお腹や足の白い猫なんでしょうね。それよりもここでは、主体が
そんな猫になって(メルヘンチックなので、本当に赤と白の縞なのかも知れません)月夜を歩いていく、という
ところが魅惑的だと思いました。私でもそんな猫になれたら闊歩します。

12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き

これは「落語」万金丹のことかと、検索をしてもよくはわからなくて、「杉戸」の虎も、関東には杉戸と
いう地名が有るので、それで検索しても出てきませんでした。昔の宮中や神社仏閣の「杉戸」に描かれた「虎」
が、聞いていて長いなあと目玉が動いたということかと思うと面白いです。

 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月23日(水)16時03分48秒
返信・引用
  05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私

写真が赤目になるのは説明を読んでもよく分らないのだけど、今のデジカメには防止策が
はじめからついているように思う。それでも猫を撮ると時々赤目になっていて、うわっと思う事が
あります。異界のものを見たせいというより、異界のものになった気分。

06 朱を入れる事は傲慢それぞれに個性溢れる書作品たち

お習字の先生か、文章の指導か(歌の添削は受けたことがないので、朱かどうか分らないです)セオリー通りに直すのが、
作品の個性をつぶさないのか主体は心配しているのでしょう。
歌会などでは先生がいらっしゃるときつい指摘もありますが、私は傲慢とは違うと思います。
(この作者も傲慢な行為ではないのかと自問している。)
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月23日(水)12時12分34秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
関西は今年も残暑中でしょうか。東京は長雨冷夏が続いて、このまま秋かと思いましたが、
今日から夏空が戻って来ました。
毎日身体がだるくて気勢が上がらないですが、少しずつ評を入れさせていただきます。

01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて

02,03と同じ作者か分りませんが、一連のサーカス詠のような気がします。私たちの子供の
頃、サーカスと言うのは(人さらいが来て・・・)という脅し文句の中にある様な未経験の場所で、
「花型」とか「あこがれ」というイメージは全然ありませんでした。
「アセチレンランプ」と言う道具立てからいっても、随分昔の怪しいテントの中の様です。
「道化師」「緋色衣装の美女」「逆立ちの侏儒」どれも不気味です。そして、怪しく美しいお歌です。
 

「あかっぽいもの」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月22日(火)13時16分25秒
返信・引用
  01 アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて
02 暗闇にドラムの響きなり止みて緋色衣装の美女宙に舞う
03 赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる
04 夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線
05 ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私

06 朱を入れる事は傲慢それぞれに個性溢れる書作品たち
07 何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて
08 ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める
09 赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた
10 誰が姫の忘れものかは庭先に檜扇水仙ひともとの咲く

11 酷薄にすぎれば土手の曼珠沙華恨むがごとく一面の赤
12 赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き
13 赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘
14 砂原へ長く垂らした後髪したたつてゐる赤い鮮血
15 紅旗征戎吾が事に非ずとも信号待ちの人を危ぶむ

16 紅芙蓉は手のひらに似て柔らかく紫の雨に寄り添ひてゐる
17 調子ッ外れの東方紅(とんふぉんふぁん)をがなりつつ三畳下宿に洪水の兆し
18 誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて
19 葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ
20 赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと
21 交差点に名のみのこれる泪橋の赤信号が夜風にうるむ
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月21日(月)22時46分5秒
返信・引用
  交差点に名のみのこれる泪橋の赤信号が夜風にうるむ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月21日(月)22時45分19秒
返信・引用
  赤提灯吊らぬ酒場に夜はふけて泪橋を逆にわたるといふこと  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月21日(月)09時46分32秒
返信・引用
  葭切よとたれかいふので蘆の葉のあひだにひらく赤き口おもふ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月21日(月)08時52分26秒
返信・引用
  誰もあともどりできないと町をゆくきれいな缶の紅茶を買つて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月20日(日)23時10分34秒
返信・引用
  調子ッ外れの東方紅(とんふぉんふぁん)をがなりつつ三畳下宿に洪水の兆し  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月20日(日)23時09分0秒
返信・引用
  紅芙蓉は手のひらに似て柔らかく紫の雨に寄り添ひてゐる
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月20日(日)23時08分24秒
返信・引用
  紅旗征戎吾が事に非ずとも信号待ちの人を危ぶむ
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月20日(日)18時52分5秒
返信・引用
  砂原へ長く垂らした後髪したたつてゐる赤い鮮血  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月19日(土)23時28分14秒
返信・引用
  赤色エレジーに針をおとせば短夜の言葉はおれをこばむ生娘  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月19日(土)08時45分0秒
返信・引用
  赤玉萬金丹の話はいつも長くなる杉戸の虎の目玉が動き  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月17日(木)13時28分47秒
返信・引用
  酷薄にすぎれば土手の曼珠沙華恨むがごとく一面の赤  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月17日(木)13時26分51秒
返信・引用
  誰が姫の忘れものかは庭先に檜扇水仙ひともとの咲く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月17日(木)09時23分25秒
返信・引用
  赤白の縞猫になつて闊歩する月がすこうし膨らんできた  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月14日(月)18時24分58秒
返信・引用
  ぬっとりと絡まる恋の緋の扉細く開ければ今日の目覚める  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月14日(月)10時17分18秒
返信・引用
  何故そこに藁を敷くのかわからない あなたはひとり刃を磨いでゐて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月14日(月)00時37分34秒
返信・引用
  朱を入れる事は傲慢それぞれに個性溢れる書作品たち  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月14日(月)00時36分18秒
返信・引用
  ギョッとする異界のものを見つめたか写真に映る赤目の私  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月14日(月)00時34分36秒
返信・引用
  夕陽受け顔朱に染めて待つ先は水平線の緑の光線  

湯水様、桜子様

 投稿者:れい  投稿日:2017年 8月13日(日)16時20分54秒
返信・引用
  赤歌会へようこそ。
よろしくお願いします。

馬手に赤テント、弓手を赤蜻蛉         湯水
底紅に脳下垂体吸はれけり                 桜子
かなかなかな未明の闇に朱を垂らす      令
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月13日(日)10時26分8秒
返信・引用
  赤白赤の積み木積み上げし上に逆立ちの侏儒また持ち上がる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月13日(日)10時09分42秒
返信・引用
  暗闇にドラムの響きなり止みて緋色衣装の美女宙に舞う  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2017年 8月13日(日)09時31分43秒
返信・引用
  アセチレンランプの下で跳ね回る道化師の唇真紅に濡れて  

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月11日(金)10時29分48秒
返信・引用
  「あかっぽい」歌会に参加します。令さん、皆様よろしくお願いいたします。

底紅に脳下垂体吸はれけり       桜子
 

参加させてください。

 投稿者:湯水  投稿日:2017年 8月10日(木)22時57分47秒
返信・引用
  あかつぽい歌会、
参加させてください。
よろしくお願ひ申し上げます。

馬手に赤テント、弓手を赤蜻蛉   湯水
 

たちばな様、風媒さま、くみこ様、風信子さま

 投稿者:れい  投稿日:2017年 8月10日(木)09時40分35秒
返信・引用
  皆様、赤のある歌会にようこそ。
まだまだ暑くて暑くてたまりませんね。

仁丹の看板錆びて蝉しぐれ              たちばな
配色で困った時の赤頼み                         風媒
緋色には緋色の言分いなびかり          くみこ
くねらせて赤い金魚のフラダンス      風信子
猩猩の月光に置く酒の壺                             令
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2017年 8月10日(木)08時30分36秒
返信・引用
  あかいような歌会に参加いたします。(皆様好きな名前を付けていらっしゃるので、無理感がありますね)
令さま、みなさまよろしくお願いいたします。

くねらせて赤い金魚のフラダンス    風信子
 

参加表明。

 投稿者:くみこ  投稿日:2017年 8月 8日(火)22時09分47秒
返信・引用
  あかっぽいもの☆歌会に参加します!
れいさま  しげをさま  みなさま
どうぞよろしくお願いします。

緋色には緋色の言分いなびかり   くみこ
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2017年 8月 6日(日)22時33分54秒
返信・引用
  「赤まわり」歌会参加します。令さま皆さまよろしくお願いします。

配色で困った時の赤頼み          風媒
 

参加します

 投稿者:たちばな  投稿日:2017年 8月 6日(日)06時45分34秒
返信・引用
  「あかっぽい」歌会に参加します。
みなさん、よろしくお願いします。

仁丹の看板錆びて蝉しぐれ       たちばな
 

8月のお題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2017年 8月 5日(土)23時19分25秒
返信・引用 編集済
  令さん、お題ありがとうございます。

8月のお題「あかっぽいもの」。朱、赤、紅、赫、緋、丹など。また連想歌も可です。
参加表明及び詠草締切8月20日(日)
選歌締切8月27日(日)
コメント期間8月21日~8月31日
名乗り8月31日

多くの方のご参加をお待ちします。またお久しぶりの方もどうぞご参加下さい。
 

8月お題

 投稿者:れい  投稿日:2017年 8月 4日(金)20時49分15秒
返信・引用
  暑くて暑くてたまりませんね。
8月のお題ですが、夏は朱夏と言いますから、朱とか赤とかでは如何でせうか。
他にも紅、赫、緋、丹などあかっぽいものを表す字はありますね。
これでよければ、しげを様、よろしくお願いします。
 

/92