teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


その時歴史が動いた 戦国編

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 8月15日(金)13時40分38秒
  前田利家の妻まつ、秀吉の妻おね、細川ガラシャを取り上げているところがいいです。
女性陣が支えたり、主になったりしながら、この時代が動いていく様子が分かりました。
 
 

その時歴史が動いた 信長、秀吉、家康

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 8月 6日(水)15時39分15秒
  このシリーズは、一人ひとりに視点を当てて物語ができているので、それぞれの立場に立った見方で乱の様子を知ることができます。
自分の立場や損得を考え取引しながら時代が作られた様子を、知ることができました。
 

発達障害に気づかない大人たち

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 8月 5日(火)05時49分16秒
  大人の発達障害がどういうもので、自分には当てはまるのか、など、色んな視点を持って読みました。
生育段階で起こることではなく、生まれ持った脳の機能に関係することを知り、新たな発見ができました。
 

すごい「勉強法」

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 7月 4日(金)21時49分46秒
  なかなか面白く読めました。
自分で実践している部分もありましたが、時間の使い方や復習するタイミングなど効果的で記憶に残る理解の仕方を知ることができました。
 

絶海にあらず

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 6月 3日(火)12時13分31秒
  上下巻900ページの長編です。
藤原純友のリーダーシップと孤独感、京の忠平の政治のやり方、地方と中央の問題を水師たちを通して知ることができました。
必ずしも乱を起こすイコール悪ではなく、国を変えていくきっかけを作りたいという思いがあったということを忘れてはいけないと感じました。

今回は、物語の内容をマインドマップにまとめてみました。
 

その時歴史が動いた 宿命のライバル編

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時43分57秒
  光秀と信長のは良かったです。
戦国時代は、いろんな人物からの視点で物語があり、
戦一つとっても、表現や戦法が単一でないことがわかります。
このあたりの知識が疎いので、勉強になりました。
 

その時歴史が動いた 古代編

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時40分46秒
  この時代あたりは、石ノ森章太郎の持ってるやつでじゅうぶんな感じがしました。
これ以降の時代のは細かく、一人一人について描かれているようなので期待しています。
 

ザ・マインドマップ

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時38分27秒
  歴史小説を読もうとしたけれど、先に、ザ・マインドマップを2日かけて読みました。
脳の使い方、思考や表現の仕方をわかりやすく説明してありました。世界的なベストセラーです。
今後は、マインドマップを実際に使って読書記録をしてみようと思います。

 

食戟のソーマ

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時36分47秒
  食戟のソーマを1~4巻まで、まとめ読み。
料理の工夫と創造力と食材の知識すごすぎ。
実際にレシピも載ってるし、作ってみたいなと思えた。
 

ネットカフェ難民

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時35分32秒
  最初は言葉の言い回しが好きでは無かったけれど、
現実味のあるドキュメントで、著者がこれを書いた後、どう生きてるのか気になった。
 

ワンピース最終研究X

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時34分32秒
  マンガの解説本を読むのも初めてです。
解説なんて・・と思いがちですが、読んでみると面白い。
ストーリーひとつひとつの深さ。エピソードがよく分かった。
 

「古代史 封印された謎を解く」

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時32分58秒
  あまり仮説本は読まないのですが、いざ読んでみると、
教科書通りの過去が全て正しいのか疑問になってきました。
こういうシリーズも面白いですね。新しい発見です。
 

「清盛」

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時31分32秒
  前回は源氏のを読んだので、今回は平氏を。
平家も内部や上皇方と色々あったんですね。
淡々と評伝を書かれていて、細かな風景描写や心情表現は少なめでしたが、
歴史的な流れはよく理解できました。
 

ザ?クレーター

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時29分57秒
  手塚治虫の短編集は初めて読みました。
スイスイ読めて、内容も良くて面白かったです。
ブラックジャックのイメージから、ファンタジー系のイメージまで手塚治虫の印象が変わりました。
 

日本沈没

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時27分34秒
  地学的なこととか船のこととか専門的な点は難しいです。
が、震災や火山噴火、環境の変化に直面したとき、
世界の中の我が国、自分の視点や価値観を改めて考えさせられました。
 

「源氏の流儀 源義朝」

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時26分15秒
  源氏からの視点で、保元の乱と平治の乱、源氏の動きを知ることができました。
平氏の裏側も知りたいので、清盛関連の本も読んでみようと思います。
 

「平将門 湖水の疾風」上下巻

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時24分40秒
編集済
  誠実で人望があるがゆえに、色んな方面から潰され、
しだいに心が変化していく将門の生涯をみることができました。
 

いいことは、いつくるかな?

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時23分0秒
  何度も読んでます。
いつも自信のある人と、いつも心配な人を、
スヌーピーのキャラクターに投影させて、考え方の転換をさせてくれる良書です。
 

折れない心をつくるたった1つの習慣

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時20分23秒
  ネットのレビューで、もう折れてる人はどうなんだ?と色々書かれてたけど、
折れても折れていなくても問題ない。
色んな啓発本の総まとめ本として持っておくといいかなと思う。
 

宮本武蔵

 投稿者:ratu  投稿日:2014年 5月30日(金)18時17分19秒
  津本陽の「宮本武蔵」。
吉川英治の「宮本武蔵」とはまた違った宮本武蔵像があって、
この武蔵像の生き方とか考え方も納得できるものであった。
 

レンタル掲示板
/2