投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(15)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


選歌

 投稿者:  投稿日:2018年 9月26日(水)04時25分37秒
返信・引用
  特選
14 老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を

普通選
05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず
16 未解決事件資料を片付ける振りして彼を見張つてゐたと
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月25日(火)11時14分37秒
返信・引用
  特選
11 遺されたファイルは未開封のまま削除す たつた指一本で
普通選
05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず
08 中吊りに「B型人間のすべて」未来屋書店に立ち寄ったワケ
 

選歌

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 9月25日(火)00時17分47秒
返信・引用
  特選
17 無さそうできっとまだある未踏の地北上川の生まれる辺り

普通選
01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に
14  老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を
 

コメント

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 9月25日(火)00時12分24秒
返信・引用
  01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に

未知の豪雨、今までに経験したことのない嵐などなど、大自然の脅威
ちっぽけな存在の人間 、笹舟の小人の私たちですね
 

コメント

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 9月24日(月)22時20分22秒
返信・引用
  17 無さそうできっとまだある未踏の地北上川の生まれる辺り

岩手のゆはずの泉という源流を思いました
景が、どうかということより先に、すいっと流れていく唄のような詠みに惹かれました
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月24日(月)17時35分43秒
返信・引用
  特選
01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に

05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず
08 中吊りに「B型人間のすべて」未来屋書店に立ち寄ったワケ
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月24日(月)17時34分39秒
返信・引用
  コメントします。


01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に

床下の小人たち      わたし自身も娘にとっても懐かしい児童文学です。そんな欧州の香気と笹舟という身近な和の雰囲気と。
豪雨や地震に慄き慌てながらも、立ち上がる人間の姿。台風に根刮ぎ倒されても、その間から生まれてくる小さな花やキノコたち。
学ぶことの多い夏が過ぎてゆきます。


05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず

口癖って、誰かに指摘されて初めて気づくことがありますね。
花散れど     この部分が、やや唐突な感じもしますが、花は散り季節が移り時が経っても、だから の謎は迷宮入りに。


08 中吊りに「B型人間のすべて」未来屋書店に立ち寄ったワケ

未来屋書店        SCに現れたときは、なぜかジブリ的な世界をちょっと想像しワクワクしてしまいました。
タイトル~のすべて      マイノリティーB型人間としては、かなり気になるところです。

以上。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 9月24日(月)17時03分29秒
返信・引用
  06 道の上未熟な猫が落しゆく半焼けさんまの秋はふうふう

秋ですねー。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 9月24日(月)17時00分59秒
返信・引用
  01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に

豪雨で被害を受けるのは人間だけでなく生きとし生きるもの全てですね。人間が原因だとしても。
 

選歌です。

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 9月24日(月)16時55分59秒
返信・引用
  特選
18 鈴虫の奏でる音に浸ってゐる未明の湯舟漕ぎ出だしたる
選歌
05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず
15 ここからは未知の領域か音無のカミオカンデの優しい瞳

 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 9月24日(月)16時42分21秒
返信・引用
  特選
07 ひまわりを一輪手向けあなたにはなかった未来を生きていきます
普通選
14 老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を
15 ここからは未知の領域か音無のカミオカンデの優しい瞳
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 9月23日(日)16時15分32秒
返信・引用
  09 未熟って未完成とは違うよね未佳と未希とは二卵性の双子

上の句の悟ったような感慨が、双子の女の子とどうつながるのか、不思議な感覚ですね。
二卵性と言う事は同じでない所もあると言う事かしら。

07 ひまわりを一輪手向けあなたにはなかった未来を生きていきます

非常に素直に詠まれて、分りやすいお歌です。その優しい調子、主体は穏やかな心に成れた
のだろうとほっとします。

03 未来ある人たち何故に羽ばたかぬ壊れた空を嘆くばかりで

今の若い人たちの、やさしくでも怒らず立ち上がらないことを詠んでいるかと思いました。
かれらは羽ばたいているつもりなのではないかとも思います。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 9月23日(日)14時31分13秒
返信・引用 編集済
  05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず

何気なく使っている言葉も繰り返されると使っている人の中心にある何かが透けて見える事もありますね。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 9月22日(土)15時58分26秒
返信・引用
  15 ここからは未知の領域か音無のカミオカンデの優しい瞳

先日新聞でカミオカンデのどこからの写真だか、光が星の様にいっぱい輪になっているのを
見た記憶があります。私には仕組みなどは理解できないけれど、とても神秘的で魅了されますね。

14 老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を

これは不気味だけど、素敵と言うのでしょうか。老残のピエロと言うのが見たくないような気になり
ますが、都会の夜の不気味さを表しているように思いました。

11 遺されたファイルは未開封のまま削除す たつた指一本で

この歌の「遺された」には、作成した人はもういないということが示されているのでしょう。遺品の
整理とともに削除するのか、未開封でいいのかと聞きたくなります。なにかミステリードラマを見ている様な
お話に思えます。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 9月21日(金)12時27分57秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
いつのまにか秋のお彼岸が近くて、びっくりしてしまいます。
同じお歌を、あの暑い日と今日のような肌寒い日に読むと、感じ方にちがいがあるなあと
気付きました。読み手の体調なども関わるのかなと少し考えてみても面白いかと思いました。

18 鈴虫の奏でる音に浸ってゐる未明の湯舟漕ぎ出だしたる

これを一読めは主体が鈴虫を聞きながら、湯船で居眠り(船を漕ぐ)していると読んだのですが
いや、「湯船が(船だけに)漕ぎ出でた」のかなと思いなおしました。解釈は自由と言いながら、
これはどうなんだろう。二重に意味を掛けて詠んであるのかと面白く感じました。

17 無さそうできっとまだある未踏の地北上川の生まれる辺り

作者は東北の地に生活していたか、しばしば訪れてどこかしこも旅をしたと言うのでしょう。
それでもきっとまだ行っていない所があるに違いない、という気持ちになるところが私には実感と
かけ離れています。(毎年夏に訪れるような所でも、未踏の地はいっぱいあるのでは)
そこが「歌での現実性」を作ると言う事なのかななどと思いました。
 

「未」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月19日(水)22時00分52秒
返信・引用 編集済
  01 床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に
02 未だ覚めぬ昨夜の夢は鮮やかに心の襞に住み着いたまま
03 未来ある人たち何故に羽ばたかぬ壊れた空を嘆くばかりで
04 スマホナビ未だ無き時を思い出す知らぬ人との一期一会を
05 「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず

06 道の上未熟な猫が落しゆく半焼けさんまの秋はふうふう
07 ひまわりを一輪手向けあなたにはなかった未来を生きていきます
08 中吊りに「B型人間のすべて」未来屋書店に立ち寄ったワケ
09 未熟って未完成とは違うよね未佳と未希とは二卵性の双子
10 生物の仕組みに見える合目的フィボナッチ数列未詳なれば

11 遺されたファイルは未開封のまま削除す たつた指一本で
12 菌類は未知の胞子を飛ばしつつ内なる人を誘つてゐる
13 夏風邪に咳き込みながら痰を吐くなづきに淡き未開紅咲かせ
14 老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を
15 ここからは未知の領域か音無のカミオカンデの優しい瞳

16 未解決事件資料を片付ける振りして彼を見張つてゐたと
17 無さそうできっとまだある未踏の地北上川の生まれる辺り
18 鈴虫の奏でる音に浸ってゐる未明の湯舟漕ぎ出だしたる

番外
01 眠られぬ未100匹数えても冴えざえ固く脳天目覚む
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月19日(水)04時24分0秒
返信・引用
  鈴虫の奏でる音に浸ってゐる未明の湯舟漕ぎ出だしたる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月19日(水)04時09分30秒
返信・引用
  無さそうできっとまだある未踏の地北上川の生まれる辺り  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)22時12分35秒
返信・引用
  未解決事件資料を片付ける振りして彼を見張つてゐたと  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)21時12分8秒
返信・引用
  ここからは未知の領域か音無のカミオカンデの優しい瞳  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)21時11分25秒
返信・引用
  老残のピエロが綱を渡りたるロ短調「未完成」の流るる夜を  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)21時10分35秒
返信・引用
  夏風邪に咳き込みながら痰を吐くなづきに淡き未開紅咲かせ
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)12時21分56秒
返信・引用
  菌類は未知の胞子を飛ばしつつ内なる人を誘つてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)07時31分36秒
返信・引用
  遺されたファイルは未開封のまま削除す たつた指一本で  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)01時40分46秒
返信・引用
  生物の仕組みに見える合目的フィボナッチ数列未詳なれば  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)00時31分0秒
返信・引用
  未熟って未完成とは違うよね未佳と未希とは二卵性の双子  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)00時25分12秒
返信・引用
  中吊りに「B型人間のすべて」未来屋書店に立ち寄ったワケ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月17日(月)00時23分31秒
返信・引用
  ひまわりを一輪手向けあなたにはなかった未来を生きていきます  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)18時37分0秒
返信・引用
  道の上未熟な猫が落しゆく半焼けさんまの秋はふうふう  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)18時35分12秒
返信・引用
  「だからダメ」が口癖の母花散れどなにが「だから」か未だわからず  

番外

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)10時25分48秒
返信・引用
  眠られぬ未100匹数えても冴えざえ固く脳天目覚む  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)10時23分48秒
返信・引用
  スマホナビ未だ無き時を思い出す知らぬ人との一期一会を  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)10時21分20秒
返信・引用
  未来ある人たち何故に羽ばたかぬ壊れた空を嘆くばかりで  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月16日(日)10時19分47秒
返信・引用
  未だ覚めぬ昨夜の夢は鮮やかに心の襞に住み着いたまま  

参加表明

 投稿者:  投稿日:2018年 9月16日(日)10時12分14秒
返信・引用
  青蜜柑未完成とは言わないで

皆様、よろしくお願いします。
 

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月15日(土)11時06分49秒
返信・引用 編集済
  しげをさま   ひとかすみさま
未★歌会へようこそ♪
よろしくお願い致します。


未決囚握つてゐたる曼珠沙華              桜子
天高し未知を尊重せよと言う              ひとかすみ
未熟児をガラスケースに見る白露    風信子
未完の美 残し筆置く難しさ           風媒
月の座の詳細は未だ決まらない        くみこ


みなさまのご参加 お待ちしております!
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 9月15日(土)11時02分11秒
返信・引用
  床下の小人も流れ笹舟もひっくりかえる未知の豪雨に  

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月14日(金)11時13分40秒
返信・引用
  「未」歌会に参加します。くみこさん、皆さまよろしくお願いします。

未決囚握つてゐたる曼珠沙華      桜子
 

参加表明

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 9月13日(木)08時30分0秒
返信・引用
  未歌会参加します
くみこ様、しげを様、皆さまよろしくお願いします

天高し未知を尊重せよと言う       ひとかすみ
 

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月12日(水)09時56分9秒
返信・引用 編集済
  風媒さま   風信子さま

未★歌会へようこそ♪
災厄に試される人類、アート
こんなときこそ、詩歌の力を信じたいです。
みなさまのご参加 お待ちしております!


未熟児をガラスケースに見る白露    風信子
未完の美 残し筆置く難しさ          風媒
月の座の詳細は未だ決まらない        くみこ
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 9月 9日(日)12時22分54秒
返信・引用
  未・歌会に参加いたします。
くみこさま、みなさまよろしくお願いいたします。

未熟児をガラスケースに見る白露    風信子
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 9月 8日(土)18時35分38秒
返信・引用
  台風、地震と災難続きですね。それでも「未」歌会参加させていただきます。くみこさま、みなさまよろしくお願いします。

未完の美 残し筆置く難しさ     風媒
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月 7日(金)15時32分7秒
返信・引用
  未★歌会に参加します。

しげをさま
スケジュールありがとうございます。


月の座の詳細は未だ決まらない     くみこ

みなさまのご参加 お待ちしております!
 

9月歌会スケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月 7日(金)14時58分41秒
返信・引用
  9月のお題は「未」といたします。「未」の文字を短歌に織り込んで下さい。

参加表明と詠草締切   9月17日(月)
選歌締切   9月24日(月)
歌評    9月18日~9月30日
名乗り   9月30日

多くの参加をお待ちします。
 

野分一過

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 9月 5日(水)09時44分47秒
返信・引用
  みなさま
金賞をいただきありがとうございました。


今月のお題は、
未知の『未』
いかがでしょうか?


しげをさま
スケジュール等、よろしくお願い致します。

くみこ
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月 3日(月)23時55分5秒
返信・引用
  【金賞・8票】くみこ
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て

【銀賞・7票】れい
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

【銅賞・6票】湯水
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

今回の「耳目」歌会は金賞をくみこさん、銀賞をれいさん、銅賞を湯水さんが
獲得されました。おめでとうございます。次回幹事をくみこさんにお願いします。
これにて「耳目」歌会をお開きにします。  
 

「耳目」歌会選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月 3日(月)23時47分39秒
返信・引用
  01 捨てられた子猫をそっと抱きあげて右耳だけに聴く雨の音 :(風信子)
02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日 :(しげを、湯水)
03 おどろくは「目覚め」の古語と習いしに夜中の地震(ない)には驚き覚める
04 樹のはなし聞いてみたいと樹の幹に耳を寄せれば鳥の囀り
05 蝉しぐれカナカナカナと夕暮れる誰の耳目も集めもせず

06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて :(ひとかすみ、れい)
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て :(◎ひとかすみ、◎れい、六、湯水、◎風媒)
08 をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも :(◎しげを)
09 己の作戦の不備目をつぶる作戦課長目を?んで死せ
10 両の手で耳ふさがれたつかの間をBメロでゆく海風ざらら

11 法廷のトライアングルは無表情  静寂の耳にガヴェルが響く
12 目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は :(くみこ)
13 西洋画眼(まなこ)しっかり開けて描き 日本画閉じて空気に遊ぶ
14 押さえても溢れ出すもの仕方なし目は口ほどにものを言うもの
15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ :(六)

16 耳を塞ぎムンクの叫びのやうでした臨時ニュースを見いるあなたは
17 内耳から髄液しづかに流れでる螺旋階段登らなくつちや
18 岩の上に目にはさやかに見えねども幼児のこゑと渓流のおと
19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば :(風信子、風媒)
20 宰相や大統領の世迷言空耳ならばよかったけれど

21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて :(しげを、◎六、◎くみこ、◎湯水)
22 その耳に貝の渦ありゆふぐれのことばはこゑにならずさやぐも
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく :(◎風信子、ひとかすみ、れい、くみこ、風媒)
 

名乗りです

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月 1日(土)23時37分41秒
返信・引用
  16 耳を塞ぎムンクの叫びのやうでした臨時ニュースを見いるあなたは
17 内耳から髄液しづかに流れでる螺旋階段登らなくつちや
18 岩の上に目にはさやかに見えねども幼児のこゑと渓流のおと

ありがとうございました。
 

移動祝祭日

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 9月 1日(土)23時09分6秒
返信・引用
  02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日

移動祝祭日は日本では海の日、敬老の日、体育の日などである。移動動物園的で詩的な言葉です
ね。しかしひぐらしと海の日でマッチしているのかよく分からなかった。

21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

思いが引き摺って捉えどころのない情感だけが残っている。耳付花器の取り合わせも良いです
ね。病室のようでもありますね。サナトリウムの記憶も曖昧なまま。
 

名告り。

 投稿者:湯水  投稿日:2018年 9月 1日(土)18時58分34秒
返信・引用
  22 その耳に貝の渦ありゆふぐれのことばはこゑにならずさやぐも
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

以上、湯水でした。

しげをさま、皆さま、ありがたうございます。
 

名乗り

 投稿者:  投稿日:2018年 9月 1日(土)09時16分5秒
返信・引用
  09 己の作戦の不備目をつぶる作戦課長目を嚙んで死せ
19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば
20 宰相や大統領の世迷言空耳ならばよかったけれど

 皆様、どうもありがとうございました。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 8月31日(金)17時27分33秒
返信・引用
  02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日
06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て


湯水さま   しげをさま みなさま
ありがとうございました。
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 8月31日(金)16時03分36秒
返信・引用
  03 おどろくは「目覚め」の古語と習いしに夜中の地震(ない)には驚き覚める
04 樹のはなし聞いてみたいと樹の幹に耳を寄せれば鳥の囀り
05 蝉しぐれカナカナカナと夕暮れる誰の耳目も集めもせず

皆様、ありがとうございました。
 

名のります

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 8月31日(金)07時49分41秒
返信・引用
  01 捨てられた子猫をそっと抱きあげて右耳だけに聴く雨の音
10 両の手で耳ふさがれたつかの間をBメロでゆく海風ざらら
11 法廷のトライアングルは無表情  静寂の耳にガヴェルが響く

湯水様、ありがとうございました。詠むには難しい題でしたが、皆様の歌を読ませて頂くには楽しい題でした。
 

名乗ります

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 8月31日(金)07時19分15秒
返信・引用
  12 目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は
13 西洋画眼(まなこ)しっかり開けて描き 日本画閉じて空気に遊ぶ
14 押さえても溢れ出すもの仕方なし目は口ほどにものを言うもの

湯水さま、皆さまありがとうございました。
 

蝶を放つも

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 8月30日(木)10時20分48秒
返信・引用
  08 をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも

をみなへし、女郎花とも書くがひらがなの方が柔らかく色んな意味を先入観なく味わえるのが
良いです。またくちなし色にはその淡い黄色の表現とは別に隠喩として「静かに」という言葉が
隠れそしてそれを蝶が体現しているのでしょう。結句「放つも」の謂い差しは好き嫌いの判断が
分かれるところでしょう。引き摺っている思いを頂きました。
 

コメント

 投稿者:  投稿日:2018年 8月29日(水)16時16分35秒
返信・引用
  07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
  ルドンの隻眼、ぞっとする感じがいいです。

06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて
  三角と丸と四角、世界を構成しているものは大抵そんなところでしょう。

23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく
  麦畑と霧雨と馬が美しく浮かんでくるようです。
  雨が来ている大きい景色の中で馬の耳に焦点が当たっているのが巧みです。
 

名告り

 投稿者:  投稿日:2018年 8月29日(水)16時12分7秒
返信・引用
  パソコンが不調にて、今他所から投稿しています。
まだ日が早いですが、自作だけ発表しておきます。
みなさま、ありがとうございました。

08 をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも
15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて
 

歌会の隣室の声

 投稿者:  投稿日:2018年 8月28日(火)23時56分21秒
返信・引用
  15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ

 かなりはしゃいだ大声が聞こえてきたのでしょう。なんて華やいだ
集まりだったことでしょう。
 

そんな話をしたいから来て

 投稿者:  投稿日:2018年 8月28日(火)23時45分53秒
返信・引用 編集済
  07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て

 そんな話をされても困ると思いますが、苦笑しながら、ビールを注いでみたい
ような気もします。
 

耳付花器の前でもなくて

 投稿者:  投稿日:2018年 8月28日(火)23時39分19秒
返信・引用
  21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

 どこかの記憶の場所を思い出そうとしているのだが、それは印象深い青磁
の前でもない。ミステリアスな歌ですね。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 8月28日(火)22時25分16秒
返信・引用
  23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

この歌好きですが、「木曽馬は耳かすかにうごかせる」か「木曽馬の耳かすかにうごく」がいいのではないでしょうか。


 

選歌します

 投稿者:風媒  投稿日:2018年 8月28日(火)22時19分52秒
返信・引用
  特選
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
選歌
19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

遅くなって申し訳ありません。
 

選歌。

 投稿者:湯水  投稿日:2018年 8月27日(月)07時32分0秒
返信・引用
  特選
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

普通選
02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 8月27日(月)06時11分47秒
返信・引用
  選歌します。

特選
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

12 目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は

23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年 8月27日(月)06時09分15秒
返信・引用
  コメントします。

12 目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は

猫って、観察すればするほど、不可思議な魅力に嵌りますね。少し過ごし易くなってきたなと感じていたら、いつもの猫道に居ました、そんな尖った女神のような猫が。

21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

はじまりから、またはじまりへ、ぐるぐる廻るような感覚。なんとなく大山崎の山荘美術館の仄暗いお部屋、その重厚な革張りのソファーに身を沈めて、ひとり考えを巡らせているイメージ。

23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

木曽馬の起源を知ると、悠久の思いに駆られます。深い山に囲まれた一面の蕎麦畑に降り注ぐ霧雨を感じつつ、いつか知らず木曽馬になってしまったような錯覚に陥りました。
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2018年 8月27日(月)01時13分14秒
返信・引用
  特選
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて

普通選
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ
 

選歌します

 投稿者:れい(代理しげを)  投稿日:2018年 8月26日(日)23時59分40秒
返信・引用
  特選
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
普通選
06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

れいさんのパソコンが不調とのことで代理でアップします。(しげを)
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 8月26日(日)23時54分2秒
返信・引用
  特選
08 をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも
普通選
02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日
21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて
 

選歌します

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 8月26日(日)21時58分6秒
返信・引用
  特選
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て

普通選
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく
06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて
 

丸三角四角

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 8月26日(日)21時54分55秒
返信・引用
  06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて

妙に納得して読みました。三角は逆三角もあるかな?四角はひし形も台形もあるな?など考え、少しニヤリともなりました。
 

木曽馬

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 8月26日(日)21時46分58秒
返信・引用
  23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

静謐で、とても雰囲気のある歌と魅かれました。
かつては、農耕馬や武士の馬として当たり前に存在していた在来種が、純粋な種は今は保存会に守られているほどに、数少ないとか?
 

ルドン

 投稿者:ひとかすみ  投稿日:2018年 8月26日(日)21時33分18秒
返信・引用
  07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て

夏に相応しい怖い話を、ルドンの目玉が増殖中だと言っていることで、あの絵がバーンとインパクト強く浮き出て、独特の雰囲気を作った気がします。
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 8月26日(日)16時40分58秒
返信・引用
  特選
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく
普通選
01 捨てられた子猫をそっと抱きあげて右耳だけに聴く雨の音
19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 8月25日(土)16時05分3秒
返信・引用
  16 耳を塞ぎムンクの叫びのやうでした臨時ニュースを見いるあなたは

この所のニュースの暗さや、あきれること。「ムンク」をもってきたのは読者に姿をすぐ
分らせるためか。耳をふさぎたい気持ちは分ると思う。

19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば

歌会で他の人のお歌をみて、ああ、と思い出すことはよくあります。「聞き耳頭巾」もすっかれ忘れていた言葉。
元はむかし話で、鳥や動物の話を聞いて窮地の対処をしたりする。でもここでは犬猫も鳥も今の世に
多分あきれ返っているのだろう。

23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく

知り合いの人が、以前赤沢の休養林に木曽馬を見に行った話をしてくれた。その事を思いだすとともに
日本画のような静かな情景が浮かんでくる。こういう静かなお歌もいいなあと思わせてくれる。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 8月24日(金)09時22分27秒
返信・引用
  01 捨てられた子猫をそっと抱きあげて右耳だけに聴く雨の音

猫歌は自分の物と言う気で来ましたが(多くの方がそうなのではないかしら)去年死んだ猫を
最後に今は猫の居ない生活です。だんだん猫を詠う数も減ってきていると自分でふり返りました。

このお歌を読むと、あの柔らかい頼りない子猫のさまが思い浮かんでたまらなくなります。

10 両の手で耳ふさがれたつかの間をBメロでゆく海風ざらら

恋歌なのだと思いますが、Bメロでいくという感覚が上手くつかめないながらに面白いと思い
ました。「海風ざらら」の表現も。

15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ

このお歌は「ふふっ」とか「あらまあ」とか思わず言ってしまいそうな歌ですね。
歌会の部屋の仕切りが薄い経験はありますけど(となりから、ドンとぶつかってくるような音が
したことがあります。)こんなシチュエーションにはぶつかったことがありません。
華やかな驚きです。
 

Re: お願い

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 8月21日(火)19時42分39秒
返信・引用
  13番の作者です。さんへのお返事です。

> 13の作者ですが一覧の13の歌最後が抜けています。日本画閉じてのあと「空気に遊ぶ」を入れていただけますか?
>
失礼しました。ただいま修正しました。
 

お願い

 投稿者:13番の作者です。  投稿日:2018年 8月21日(火)16時51分40秒
返信・引用
  13の作者ですが一覧の13の歌最後が抜けています。日本画閉じてのあと「空気に遊ぶ」を入れていただけますか?
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2018年 8月21日(火)13時25分25秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
突然涼しくなった恵の日もお終いで、今日から関東は又夏をすごさなければならないようです。

個人的な事ですが、土曜日に講座の方に歌集批評会をやって頂き、小人数の和やかな会でしたが、
すっかり疲れてしまいました。その後九月の法事の用意などしたり、会社の決算など色々あって今月は評をあまり書けないかと思います。
よろしくお願いいたします。
 

「耳目歌会」詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2018年 8月20日(月)23時03分8秒
返信・引用 編集済
  01 捨てられた子猫をそっと抱きあげて右耳だけに聴く雨の音
02 ひぐらしのこゑ湧くほうにひらひらと耳游がせて移動祝祭日
03 おどろくは「目覚め」の古語と習いしに夜中の地震(ない)には驚き覚める
04 樹のはなし聞いてみたいと樹の幹に耳を寄せれば鳥の囀り
05 蝉しぐれカナカナカナと夕暮れる誰の耳目も集めもせず

06 三角と丸と四角で出来てゐる世界なんだと耳目に触れて
07 裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て
08 をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも
09 己の作戦の不備目をつぶる作戦課長目を嚙んで死せ
10 両の手で耳ふさがれたつかの間をBメロでゆく海風ざらら

11 法廷のトライアングルは無表情  静寂の耳にガヴェルが響く
12 目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は
13 西洋画眼(まなこ)しっかり開けて描き 日本画閉じて空気に遊ぶ
14 押さえても溢れ出すもの仕方なし目は口ほどにものを言うもの
15 歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ

16 耳を塞ぎムンクの叫びのやうでした臨時ニュースを見いるあなたは
17 内耳から髄液しづかに流れでる螺旋階段登らなくつちや
18 岩の上に目にはさやかに見えねども幼児のこゑと渓流のおと
19 犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば
20 宰相や大統領の世迷言空耳ならばよかったけれど

21 どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて
22 その耳に貝の渦ありゆふぐれのことばはこゑにならずさやぐも
23 蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月20日(月)09時09分10秒
返信・引用
  蕎麦畑しめらせてくる霧雨に木曽馬は耳かすかにうごく  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月20日(月)08時53分1秒
返信・引用
  その耳に貝の渦ありゆふぐれのことばはこゑにならずさやぐも  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月20日(月)03時39分25秒
返信・引用
  どこかとはどこだつたのか硝子越しの耳付花器の前でもなくて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月20日(月)01時55分39秒
返信・引用
  宰相や大統領の世迷言空耳ならばよかったけれど  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月20日(月)01時49分9秒
返信・引用
  犬猫のぼやきや鳥の悔み言聞き耳頭巾かぶってみれば  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)21時48分13秒
返信・引用
  岩の上に目にはさやかに見えねども幼児のこゑと渓流のおと  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)21時40分18秒
返信・引用
  内耳から髄液しづかに流れでる螺旋階段登らなくつちや  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)21時39分9秒
返信・引用
  耳を塞ぎムンクの叫びのやうでした臨時ニュースを見いるあなたは  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)21時30分7秒
返信・引用
  歌会の隣室の声きき耳をたてずとも聞こゆ少女等コスプレ  

参加表明。

 投稿者:湯水  投稿日:2018年 8月19日(日)14時55分12秒
返信・引用
  皆さま
ご参加ありがたうございます。
幹事らしいことができなくて申し訳ありません。

秋の夜のめがねは耳にかけるもの   湯水

よろしくお願ひ申し上げます。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)09時34分27秒
返信・引用
  押さえても溢れ出すもの仕方なし目は口ほどにものを言うもの  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)09時33分17秒
返信・引用
  西洋画眼(まなこ)しっかり開けて描き 日本画閉じて空気に遊ぶ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)09時31分21秒
返信・引用
  目も耳も反射鏡のようにして無為を装う尖った猫は  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)07時18分49秒
返信・引用
  法廷のトライアングルは無表情  静寂の耳にガヴェルが響く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)07時17分14秒
返信・引用
  両の手で耳ふさがれたつかの間をBメロでゆく海風ざらら  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月19日(日)02時00分35秒
返信・引用
  己の作戦の不備目をつぶる作戦課長目を嚙んで死せ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月18日(土)21時53分53秒
返信・引用 編集済
  をみなへしはくちなし色にて二ひらの耳のやうなる蝶を放つも  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2018年 8月18日(土)10時00分44秒
返信・引用
  裏庭にルドンの目玉が増殖中そんな話をしたいから来て  

参加表明

 投稿者:  投稿日:2018年 8月18日(土)07時51分58秒
返信・引用
  八月の挽歌流るる耳の底

皆様、よろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:れい  投稿日:2018年 8月17日(金)18時03分25秒
返信・引用 編集済
  今朝の秋ガネーシャの耳なほ大き    令

「耳目」歌会に参加します。
みなさん、よろしくお願いします。
 

/100