投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(15)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 5月22日(水)16時43分16秒
返信・引用
  04 狼藉の北山悲し風も木も人為に因りて均衡失くし

この狼藉を私はまえの台風の被害と読みましたが、違う事なのかもしれません。
京都北部の山中には、まだあの時の倒木など放置されたままとかテレビで見た記憶があります。

07 逆さまの影のいきなりジャンプして山高帽をくるくる回す

これは何のパフォーマンスなのか、それとも何かの比喩なのか、面白そうなのに私には
掴めませんでした。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 5月22日(水)16時36分51秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
まだお出しになる方があるのかもしれませんが、少しずつの感想なので、
早めに始めさせていただきます。

01 山中にひからびてゐる軍隊のやがて浜辺の砂となるまで

山の中から浜辺へと対比としての場所の設定かと思いますが、この軍隊はいつ何処の物だろう
と言う不思議な感じ、でもいつの時代でもそのような軍隊は無くなってほしいと言うのかと
思いましたが、いっぽうで「浜の真砂はつきるとも・・・」と戦争の種の尽きない事なども思われました。

 

「山」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月22日(水)00時07分39秒
返信・引用
  01 山中にひからびてゐる軍隊のやがて浜辺の砂となるまで
02 顎を上げ目の前の山と対峙する五月の風はあくまでも爽
03 君がゆく道の長手に展かれむ「山」「川」と言葉かはせし国は
04 狼藉の北山悲し風も木も人為に因りて均衡失くし
05 三方を山に囲まれみやこ人積もりし憂さは鴨の流れに

06 モコモコと立ち登りたる春の山引き立て役は作る濃い影
07 逆さまの影のいきなりジャンプして山高帽をくるくる回す
08 突然に開ける景色山肌を高原列車の一両が行く
09 白雪を置く山裾に住む友にとどけと都会に歌うエレジー
10 じわじわと傾く山の一角が 皇帝陛下のザッハートルテ

11 割れしのぶ、おふく、勝山、奴島田  展示のかづらが我をかこむ夜
12 砂山にトンネルを掘る楽しさは惑星渡る旅の楽しさ
13 真つ白な夢魔が振り向く目を覚ませユングフラウヨッホ駅の手前で
14 桃山駅過ぐころ少女らももいろの iphone を手にもたれてねむる
15 若き父に連れられ行きし奥多摩の山の数々いつか臨まん

16 屋久島の豪雨の報に立ち迷ふ縄文杉と宮之浦岳
17 山火事は消えたのだらうか真夜中に喉が渇いて目の覚めたとき
18 さみだれの暗がり峠を越えないと資格がないと助教に言はれる
19 山道を行きつ戻りつする思考定家葛のふつと香れり
20 山の名を何と言ったか忘れたが何かと言えば登ったものよ

21 花崗岩の山より流れ来し川の澄みたる音に身を寄せてゐる
22 どんぐりの図子から出でて山までを焼き尽くすかに天明の火は

未投稿があと二首あります。投稿される場合は番号(23とか24とか)を入れて出詠下さい。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)08時00分9秒
返信・引用
  どんぐりの図子から出でて山までを焼き尽くすかに天明の火は  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)07時56分21秒
返信・引用
  花崗岩の山より流れ来し川の澄みたる音に身を寄せてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)01時24分44秒
返信・引用
  山の名を何と言ったか忘れたが何かと言えば登ったものよ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)00時57分14秒
返信・引用
  山道を行きつ戻りつする思考定家葛のふつと香れり  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)00時41分0秒
返信・引用
  さみだれの暗がり峠を越えないと資格がないと助教に言はれる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)00時40分25秒
返信・引用
  山火事は消えたのだらうか真夜中に喉が渇いて目の覚めたとき

 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月20日(月)00時39分40秒
返信・引用
  屋久島の豪雨の報に立ち迷ふ縄文杉と宮之浦岳  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月19日(日)10時40分42秒
返信・引用
  若き父に連れられ行きし奥多摩の山の数々いつか臨まん  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月19日(日)08時51分2秒
返信・引用
  桃山駅過ぐころ少女らももいろの iphone を手にもたれてねむる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月19日(日)08時48分2秒
返信・引用
  真つ白な夢魔が振り向く目を覚ませユングフラウヨッホ駅の手前で  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月19日(日)02時12分40秒
返信・引用
  砂山にトンネルを掘る楽しさは惑星渡る旅の楽しさ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)20時46分19秒
返信・引用
  割れしのぶ、おふく、勝山、奴島田  展示のかづらが我をかこむ夜

 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)19時29分11秒
返信・引用
  じわじわと傾く山の一角が 皇帝陛下のザッハートルテ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)18時59分33秒
返信・引用
  白雪を置く山裾に住む友にとどけと都会に歌うエレジー  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)18時57分20秒
返信・引用
  突然に開ける景色山肌を高原列車の一両が行く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)16時33分30秒
返信・引用
  逆さまの影のいきなりジャンプして山高帽をくるくる回す  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)12時54分10秒
返信・引用
  モコモコと立ち登りたる春の山引き立て役は作る濃い影  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)12時49分49秒
返信・引用 編集済
  三方を山に囲まれみやこ人積もりし憂さは鴨の流れに  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月18日(土)12時47分40秒
返信・引用
  狼藉の北山悲し風も木も人為に因りて均衡失くし  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月17日(金)10時03分33秒
返信・引用
  君がゆく道の長手に展かれむ「山」「川」と言葉かはせし国は

 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月17日(金)09時49分41秒
返信・引用
  顎を上げ目の前の山と対峙する五月の風はあくまでも爽  

山 歌会 詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 5月16日(木)19時22分52秒
返信・引用
  山中にひからびてゐる軍隊のやがて浜辺の砂となるまで  

ようこそ

 投稿者:れい  投稿日:2019年 5月13日(月)10時35分52秒
返信・引用
  皆様、山歌会へようこそ。
常連の皆様も、前回からご参加の苺さんも、久しぶりのほ・さんも、
ご参加ありがとうございます。

いやましに馬齢重ねき青葉風                   ほ・
川渡る列車の窓に夏の山                            六
山法師と競ひてゐたる背の高さ               桜子
やわらかに車窓流れて山滴る               風信子
薔薇に注ぐ南アルプスの天然水                  苺
掛香のどこかに山を感じをり               くみこ
連休の山過ぎカラスかあと鳴く               風媒
山びこのつぎつぎ返る立夏かな                   令
 

18周年おめでとうございます!

 投稿者:ほ・  投稿日:2019年 5月12日(日)11時12分4秒
返信・引用
  ずいぶん長く続けてこられましたね。
しげをさん、みなさん、おめでとうございます。
18年前と言えば私は40代、こんなに長生きするとは
正直思いませんでした。

いやましに馬齢重ねき青葉風

山歌会、参加いたします。よろしくお願いいたします。

 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2019年 5月12日(日)10時12分21秒
返信・引用
  川渡る列車の窓に夏の山

18周年おめでとうございます。
皆様、よろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月10日(金)21時18分42秒
返信・引用
  山法師と競ひてゐたる背の高さ      桜子

「山」歌会に参加します。令さん、皆様よろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 5月 7日(火)18時26分12秒
返信・引用
  「山」歌会に参加いたします。
令さま、皆様よろしくお願いいたします。しげをさま18周年おめでとうございます。
まだまだ続きますように。

やわらかに車窓流れて山滴る   風信子
 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 7日(火)00時22分32秒
返信・引用
  しげを様
皆様

18周年おめでとうございます。
「山」歌会に参加させて頂きます。

薔薇に注ぐ南アルプスの天然水    苺
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 5月 6日(月)13時45分2秒
返信・引用
  令さま  しげをさま  みなさま

山歌会に参加します。
よろしくお願い致します!
そして
原人の海図18周年
おめでとうございます!!

掛香のどこかに山を感じをり       くみこ
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 5月 6日(月)09時59分5秒
返信・引用 編集済
  喧騒の連休も終わりますね。「山」歌会参加します。令和の令さま、みなさまどうぞ宜しくお願いいたします。

連休の山過ぎカラスかあと鳴く     風媒
 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 6日(月)09時31分2秒
返信・引用
  しげを様、スケジュールありがとうございます。
十連休も今日が最後ですね。

山びこのつぎつぎ返る立夏かな    令

皆様、「山」歌会へお集まりください。
 

5月のお題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月 5日(日)22時35分49秒
返信・引用
  5月歌会のお題は『山とか山関連』です。
『山』の文字も入れた歌または『山』の連想歌で
お願いします。

参加表明および詠草締切5月19日(日)
歌評期間5月20日~31日
選歌締切5月26日(日)
名乗り5月31日(日)

今月は短歌「原人の海図」の18周年です。多くの方の参加を望みます。
 

お題

 投稿者:れい  投稿日:2019年 5月 4日(土)10時36分13秒
返信・引用
  かたち歌会ではありがとうございました。
5月のお題ですが、今までに出てないものと考えると、色々悩みます。
山々が緑美しく見える季節になりました。ということで、
山とか山関連では如何でしょうか。出てなかったですよね?
しげを様、よろしくお願いします。
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月 2日(木)00時00分2秒
返信・引用
  【金賞・6票】
れい
21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく
【銀賞・4票】

11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ
【銅賞・3票】
湯水
01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ
くみこ
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き
16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが
しげを
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

平成最後の歌会は金賞をれいさん、銀賞を苺さん、銅賞を湯水さん、くみこさん二首
そしてしげをが獲得されました。おめでとうございます。次回令和最初の歌会幹事を
れいさんにお願いします。尚、令和元年5月短歌「原人の海図」は18年目を迎えます。
 

「かたち」歌会選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月 1日(水)23時45分17秒
返信・引用
  01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ :(風媒、◎苺)
02 さみしいと小さな容器の心持ちキャラクター弁当箱もう用もなく :(れい)
03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに :(しげを、れい)
04 ティーバッグ持ちあげ落とせば揺れている容器に満ちる琥珀の水は
05 苦しみのかたちはどこよ沙羅双樹夜あけ間近の庭にふる花

06 全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ :(風信子)
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き :(◎れい、湯水)
08 磨かれたかたち美しぺらぺらの和服もうなじ春陽に映えて
09 かたち消し朧に霞む桜花薄紅色の狂気を放ち
10 色かたち紡いで走る筆先に華麗な夢を 託して描き

11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ :(風媒、◎風信子、くみこ)
12 からたちの垣根たかくて差しかはすみどりの棘の織りなすかたち
13 燕来るあをぞらの旗、刻刻と生命はかたち変はりてゆくも
14 「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり :(◎しげを)
15 食べ物の恨み恐ろし迫害の歴史のかたちさらに恐ろし

16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが :(しげを、◎湯水)
17 知らぬ間に吹けなくなつた口笛よ唇のかたち少し歪んで
18 静けさは耳鳴りの音に遮られ顔容にはかムンクの叫び
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを :(風信子、苺、六)
20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる :(苺)

21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく :(◎風媒、◎くみこ、◎六)
22 少し前に抱へたことのある形 雲は虚空に浮かぶばかりで
23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる :(六、湯水)
24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に :(くみこ)
 

名乗りです

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 5月 1日(水)23時33分28秒
返信・引用
  17 知らぬ間に吹けなくなつた口笛よ唇のかたち少し歪んで
18 静けさは耳鳴りの音に遮られ顔容にはかムンクの叫び
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

選評ありがとうございました。徒然草十九段に大晦日から新年を迎えた心持ちを
「・・はれやかにうれしげなるこそ、またあはれなれ」とあります。平成を惜しむ
気持ちは昨日までで今の気分は令和になっています。人の、否わたしのこころの
移ろいやすさを感じてしまいます。
苺さん歌会楽しまれたでしょうか。また次回よろしくお願いいたします。
 

れい

 投稿者:名告り  投稿日:2019年 5月 1日(水)10時15分52秒
返信・引用
  21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく
22 少し前に抱へたことのある形 雲は虚空に浮かぶばかりで
23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる

皆様、ありがとうございました。
 

名乗り

 投稿者:  投稿日:2019年 5月 1日(水)05時51分28秒
返信・引用
  06 全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ
15 食べ物の恨み恐ろし迫害の歴史のかたちさらに恐ろし
20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

 皆様、ありがとうございました。

 

令和。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 5月 1日(水)00時18分59秒
返信・引用
  『万葉集の発明』の著者、品田悦一氏が、
「短歌研究」最新号に、新元号についての論考を寄稿してゐます。
とても興味ぶかく読みました。

短歌研究社のサイトではありませんが、
web上にも掲載されたので、URLを貼つておきます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/64241?page=3
上記サイトに掲載されてゐる安倍首相等の写真は初出にはないもので、引用サイトが追加したものと思はれます。
 

名告ります。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 4月30日(火)22時51分18秒
返信・引用
  01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ
13 燕来るあをぞらの旗、刻刻と生命はかたち変はりてゆくも
24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に

以上、湯水でした。選歌、コメントありがたうございます。
 

名乗ります

 投稿者:  投稿日:2019年 4月30日(火)20時45分10秒
返信・引用
  11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ

12 からたちの垣根たかくて差しかはすみどりの棘の織りなすかたち

14 「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり

ふだんと違う歌会に加えて頂いて、いくつも発見がありました。

「鳥雄」は、ある歌人がかつて通った喫茶店で、お題「鳥」の歌会に出すためのものでした。一般的とは言えないので迷ったのですが、名前そのものの醸す雰囲気をたのんでこちらにも出詠させて頂いた次第でした。

皆様ありがとうございました。
 

サバンナをいそぐ

 投稿者:  投稿日:2019年 4月30日(火)20時43分23秒
返信・引用
  01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ

このお歌の「いそぐ」というところにしずかな意外性があり、とても新鮮に感じました。
そのためにファンタジックなつくりにリアリティが生まれているように思いました。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 4月30日(火)19時28分28秒
返信・引用
  03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き
16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが

みなさま
ありがとうございました。

かたち歌会   楽しかったです!
お題があると
イメージが
さまざまに膨らみますね。
くみこ
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月30日(火)18時20分8秒
返信・引用
  02 さみしいと小さな容器の心持ちキャラクター弁当箱もう用もなく
04 ティーバッグ持ちあげ落とせば揺れている容器に満ちる琥珀の水は
05 苦しみのかたちはどこよ沙羅双樹夜あけ間近の庭にふる花

歌会は御代替わりの後も続いて行くので、楽しくお歌を読ませていただきたいです。
来月もよろしくお願いたします。
 

名乗ります。

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 4月30日(火)10時58分34秒
返信・引用
  08 磨かれたかたち美しぺらぺらの和服もうなじ春陽に映えて
09 かたち消し朧に霞む桜花薄紅色の狂気を放ち
10 色かたち紡いで走る筆先に華麗な夢を 託して描き

今日で平成も終わりますね。自分にとっての平成って何だったのだろうとNHK見ながら考えています。皆様ありがとうございました。
 

流線型

 投稿者:  投稿日:2019年 4月27日(土)18時10分42秒
返信・引用 編集済
  07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き

人の話を聞きながら無意識に手を動かしてしまっている、電話でこういうことがあります。
この歌では何の場合かは書かれてなくて、授業とか講演かもしれないですが、状況はよくわかります。
「流線型をひたすら」がいいですね。平易に描かれているのも好感が持てます。
 

小さな容器

 投稿者:  投稿日:2019年 4月27日(土)18時03分10秒
返信・引用
  02 さみしいと小さな容器の心持ちキャラクター弁当箱もう用もなく

子供達が巣立ってしまった家に残っている、昔使っていた弁当箱でしょう。
よくわかる歌です。時は経っていき、取り残されていくものばかり。
 

五分で読める

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月27日(土)10時00分36秒
返信・引用
  03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに

ブラックホールとはブラックボールであると今回のニュース解説
で初めて知った。あらゆるものを引き付けて外に出さない。はく
もくれんは外界に抜け出ることを願っているのに。漆黒と純白の
対比が見事でした。

16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが

スマホでネットニュース(記事)の初めに「この記事は五分で読める」と書いてある。面白いところに着眼したなと脱帽しました。
前句だけで勝負して「印象派」はやや弱いなと思った次第です。
 

鳥雄

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月27日(土)09時40分18秒
返信・引用
  14 「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり

「鳥雄」って名前にびっくりしました。鏡花か乱歩はたまた横溝
正史の世界に迷い込んだようです。どんな妖しく残忍な場面が現
れるかドキドキしました。不気味なぬばたまの烏に睨まれている
のかなと思ったら焼き鳥やだったという落ちが用意されている。
しかし本当に鶏肉かなと思いつつエンディングロールに移る。
 

Re: 象の鼻。

 投稿者:  投稿日:2019年 4月26日(金)23時08分1秒
返信・引用
  湯水さま。
宜しくお願いいたします。

19  AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

わたしは、このお歌には、錐のように心を刺され、衝撃を受けまして、頂こうと思いました。

象のはなこには、日本が戦争を始めたために、結果的に大変辛い方法で死なせなければならなかった「花子」と、戦後に長寿を全うした「はな子」がいたということで、表記から前者なのかと思いました。

国を動かす者の思慮が足りない時に、何の罪もない立場の弱いものまでが大変な苦しみを味わった、その反省が時を経てまったく生かされないばかりか、

傲慢や怠慢に埋もれて繰り返されようとしている事の象徴として、戦争の犠牲者である花子が今度は姿を変えて原発事故の処理に当たらされている、というように感じられました。

こういったものは個人の感想としか言いようがないのですが。

失礼致しました。
 

象の鼻。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 4月26日(金)22時20分20秒
返信・引用
  19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

三菱重工が福島第一原発で燃料デブリの取り出しに使ふといふ、
巨大ロボットアームを公開しました。
実際の取り出しは21年のスタートといふのは、五輪の時期を避けたやうにも思へます。
原発事故とその後の対応について、
東電や国は批判されてしかるべきだし、
ユーモアや諧謔は批判のツールになりうると思ひますが、
この一首の場合、ユーモアに力がなさすぎる気がします。
(瞬発力も、説得力も)

「花子てふ名の象」が、巨大なロボットアームを念頭に置いたものなら、
ロボットアームにAIの技術が使はれてゐたとしても、
「AIの花子てふ名の象」にはかなり違和感があります。
人が操縦してたし、ふつうに重機つて感じ。
あのロボットアームのことでないとしたら何をイメージしてのことでせう。
結句の言ひさしも、その後に省略があるのはわかりますが、
韻律的に無責任な感じがします。(意図的なことかも知れませんが)

一般にロボットアームの映像が報道されたのは25日頃のことなので、
一首は報道と無関係にイマジネーションから詠まれたものなのかも知れません。
いづれにしても、現在進行形で多くのひとを苦しめてゐる事象を、
諧謔的に詠ふことの難しさを感じました。
 

Re: 続・六角形の網

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 4月26日(金)18時07分22秒
返信・引用
  れいさんへのお返事です。

> 苺さんへのお返事です。
>
> > 20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

十二音階は西洋音楽でせうが、
雅楽に十二律とうふのがあるやうです。

哀歌はもしかして蝿の羽音?

私の読解力の問題なのかも知れませんが、
なそなぞみたいな歌は苦手です。
 

Re: 続・六角形の網

 投稿者:  投稿日:2019年 4月26日(金)16時20分33秒
返信・引用
  れい様
ありがとうございます。
宜しくお願いいたします。

思ったより大きめに画像が入ってしまい、失礼致しました。
 

Re: 続・六角形の網

 投稿者:れい  投稿日:2019年 4月26日(金)10時51分25秒
返信・引用 編集済
  > No.11919[元記事へ]

苺さんへのお返事です。

> 20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる
>
> その後、水屋に置く水屋箪笥に、蝿帳として六角形(亀甲)の網が張られたものがあったという事を知りました。
> 関わりがあるかどうか?
>

苺さん、はじめまして。
水屋箪笥の写真ありがとうございます。
下記のページへ行ってみました。素敵な水屋箪笥がありますね。

私も20番の十二音、よくわかりませんでした。
 

続・六角形の網

 投稿者:  投稿日:2019年 4月26日(金)08時38分27秒
返信・引用
  20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

その後、水屋に置く水屋箪笥に、蝿帳として六角形(亀甲)の網が張られたものがあったという事を知りました。

関わりがあるかどうか?


https://mag.rafuju.jp/post_149/
 

選歌。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 4月26日(金)00時57分36秒
返信・引用
  特選
16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが

普通選
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き
23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2019年 4月25日(木)22時47分14秒
返信・引用
  特選
21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく

普通選
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを
23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる



 

選歌

 投稿者:れい  投稿日:2019年 4月25日(木)09時24分56秒
返信・引用
  特選
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き

並選
02 さみしいと小さな容器の心持ちキャラクター弁当箱もう用もなく
03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月25日(木)01時10分24秒
返信・引用
  特選
14 「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり
普通選
03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに
16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが
 

選歌です

 投稿者:  投稿日:2019年 4月24日(水)18時06分35秒
返信・引用
  特選
01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ

選歌
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる
 

六角形の網

 投稿者:  投稿日:2019年 4月24日(水)18時02分52秒
返信・引用
  風信子さま、ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

このお歌は古風な小台所を思わせる(水屋)にあるという(六角形の網)と、現代音楽にあるという(十二音の哀歌)の取り合わせが謎めいていて、惹かれながらもなかなか意味が取れなかったのですが、六角形の網とは珈琲焙煎器ではと思いました。音楽喫茶かもしれませんね。
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 4月24日(水)18時01分58秒
返信・引用
  選歌します。

特選
21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく

11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ
24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 4月24日(水)18時00分44秒
返信・引用
  11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ

まず牡蠣色に魅かれます。一口に牡蠣色と言っても、様々なバリエーションがあるけれど。ロンドンで見つけてプレゼントした父のコートが一番に浮かびます。包容と遠き日の匂いの記憶の結び付きが素敵だなと。

21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく

堪え切れなくて、唐突に舞いながら散ってゆくさくらの花びら。いっとき醒めない夢に囚われていたのに。そんな満ち足りた麗日の余韻を振り解くように、惜しみつつうつつへと帰ってゆく。ふりほどくのは作者であり、桜木でもあると思う。

24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に

雲形定規って神秘的なかたちですね。これを父の書斎で見つけたとき、なんとも不思議で触ってみたくて仕方なかった。作者にとっては多分実用に繋がるお品なのですね。高層のオフィスの窓からは、空に浮かぶ雲が遙かに見えているのでしょうか。

以上です。
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月24日(水)16時03分22秒
返信・引用
  特選
11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ
普通選
06 全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを
 

選歌します。

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 4月24日(水)12時08分20秒
返信・引用
  特選
21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく
選歌
01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ
11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月23日(火)10時03分11秒
返信・引用
  20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

十二音階について検索したのですが、音痴の私にはちんぷんかんぷんで、まあいいやとなりました。
作者の意図するところは汲めないのですが、失礼かもしれませんが不思議に古い日本の音楽のような感じを受けました。

22 少し前に抱へたことのある形 雲は虚空に浮かぶばかりで

抱えたことがあるかたち、赤ちゃんとか私にとっては死んでしまった猫とか、懐かしく大事な今はもうないものの
形のような気がしました。雲のかたちは丸まった猫のかたちに似ています。

24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に

雲型定規で描くのはどんな作業の時でしょう。(私はほとんどしないけれど)ふとバイオリンの胴の模様など
思い出したりしました。花冷えの季節にでも窓は開いているのかな、美しい景が思われます。

 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月22日(月)16時48分2秒
返信・引用 編集済
  15 食べ物の恨み恐ろし迫害の歴史のかたちさらに恐ろし

いつの時代にも、飢餓や差別は無くならず、歴史が積み重ねられていきます。
日本においても「餓鬼草子」や迫害と言うとキリシタンの禁教とか、西洋においてもまたと思うと
こころ寒くなります。

18 静けさは耳鳴りの音に遮られ顔容にはかムンクの叫び

ムンク展は行かなかったけれど、何の時にも耳に手を当てると思い出す顔のかたちですね。
「かたち」のお題に合ったお歌と思いました。

19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを

井之頭の「花子さん」は死にましたが、AIの象は死なないんでしょうか。デブリを掬いに行ったら、やっぱり
壊れて死んでしまうんじゃないかと(機械に命はないのかな)なんだか切なくなりました。原発問題はこれからも
進まないのかも・・・


23番の問題、しげをさまのおっしゃる通りと思いますので、そのまま続けさせて頂きます。
 

Re: 取り下げます

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月22日(月)15時25分1秒
返信・引用
  無記名さんへのお返事です。

> 23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる
>
> 前日枳殻邸に行った時に見た垣根を詠んだのですが、〆切が過ぎていたので慌て過ぎました。
> 他の歌をちゃんと読んでいませんでした。
> 12番に同じ題材のものがありました。失礼いたしました。

提出歌と題材が似通うことはあると思います。例えば吟行とか
題詠とかの場合、同一の題材を扱うこともあります。要はその
題材から各作者がどう感じて作るかに個性が出てくると思いま
す。明らかな剽窃でない限り今までもそしてこれからも同じ素
材を詠うことは何ら問題ではなく取り下げは不要と思います。
 

取り下げます

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月22日(月)10時14分40秒
返信・引用
  23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる

前日枳殻邸に行った時に見た垣根を詠んだのですが、〆切が過ぎていたので慌て過ぎました。
他の歌をちゃんと読んでいませんでした。
12番に同じ題材のものがありました。失礼いたしました。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月21日(日)13時10分1秒
返信・引用
  10 色かたち紡いで走る筆先に華麗な夢を 託して描き

今の季節だと花の絵を描いているのかなと思いますね。夢を託して描ききることは
中々の難事と思われますが、製作中の作家は無我夢中の境地に居るでしょう。

11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ

包容と言う言葉のイメージが、多分今は亡き父親の古いダスターコートを思い
起こさせる。白黒写真のような懐かしさがあります。

13 燕来るあをぞらの旗、刻刻と生命はかたち変はりてゆくも

青空の旗はなんだろう、考えてわからないけれど雲のかたちかななどと思いました。
雲のかたちは変るけれど、命のかたちではないし・・・
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月20日(土)12時46分41秒
返信・引用
  06 全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ

これ難しそうに言っているのですが、神はすべてのかたちを創造した事になっているので
考えても仕方ないのか知れません。母は「みんな人間の考えた事」と言っていましたが。
歌として入れこのようなリズミカルなつくりになっている所がいいですね。

08 磨かれたかたち美しぺらぺらの和服もうなじ春陽に映えて

こちらは少し皮肉っぽい目で見ているのでしょう。ペラペラの和服。このごろ観光地に行くと
貸衣装か本当にペラペラな着物をだらしなく着て、若い女の子がキャッきゃと歩いています。(
外国人だけではないみたいです)それでも作者はうなじは美しいと眺めているのかしら。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 4月20日(土)12時35分21秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
苺様、はじめまして。新しい方にお会いすると、わくわくしますね。私は数少ない東京者です。

平成最後とか、統一地方選とか街中もゴタゴタして、来月は神田祭だったり忙しい限りです。
今月も少し感想を書かせて頂きます。

03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに

この前ブラックホールの撮影に成功したとかオレンジ色のドーナツのような映像を見せられて
信じたものか、自分に知識がないのでなんとも分りませんでした。この美しいお歌に出てくる
ブラックホールはそんな形はしていないと言うのでしょうか。
 

「かたち」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月19日(金)23時46分59秒
返信・引用
  01 目を閉ぢて象にふれると思ひ出すサバンナをいそぐ風だつたころ01
02 さみしいと小さな容器の心持ちキャラクター弁当箱もう用もなく
03 かたちなきブラックホールの淵に立つはくもくれんの花のをはりに
04 ティーバッグ持ちあげ落とせば揺れている容器に満ちる琥珀の水は
05 苦しみのかたちはどこよ沙羅双樹夜あけ間近の庭にふる花

06 全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ
07 聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き
08 磨かれたかたち美しぺらぺらの和服もうなじ春陽に映えて
09 かたち消し朧に霞む桜花薄紅色の狂気を放ち
10 色かたち紡いで走る筆先に華麗な夢を 託して描き

11 包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ
12 からたちの垣根たかくて差しかはすみどりの棘の織りなすかたち
13 燕来るあをぞらの旗、刻刻と生命はかたち変はりてゆくも
14 「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり
15 食べ物の恨み恐ろし迫害の歴史のかたちさらに恐ろし

16 この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが
17 知らぬ間に吹けなくなつた口笛よ唇のかたち少し歪んで
18 静けさは耳鳴りの音に遮られ顔容にはかムンクの叫び
19 AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを
20 水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる

21 午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく
22 少し前に抱へたことのある形 雲は虚空に浮かぶばかりで
23 枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる
24 雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月18日(木)10時26分55秒
返信・引用
  雲形定規おほよそは雲でないものをゑがきつつ花冷えの窓辺に  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月18日(木)10時05分20秒
返信・引用
  枳殻の四月の垣は棘のなかにかぼそき白き花容れてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月18日(木)09時37分31秒
返信・引用
  少し前に抱へたことのある形 雲は虚空に浮かぶばかりで  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月18日(木)09時29分45秒
返信・引用 編集済
  午後の日の包むかたちを降りほどくやうな落花のなか帰りゆく  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月18日(木)03時36分2秒
返信・引用
  水屋には六角形の網があり十二音用い哀歌は歌われる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)21時58分15秒
返信・引用
  AIの花子てふ名の象の鼻に柄杓握らせ炉心デブリを  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)21時57分21秒
返信・引用
  静けさは耳鳴りの音に遮られ顔容にはかムンクの叫び  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)21時56分23秒
返信・引用
  知らぬ間に吹けなくなつた口笛よ唇のかたち少し歪んで  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)15時17分22秒
返信・引用
  この記事は五分で読める。と書いてある印象派について知りたいことが  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)13時53分17秒
返信・引用
  食べ物の恨み恐ろし迫害の歴史のかたちさらに恐ろし  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)08時54分32秒
返信・引用
  「鳥雄」とはTRIOの謂ひか看板に異形の鳥を思ひてゐたり  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月17日(水)00時27分35秒
返信・引用
  燕来るあをぞらの旗、刻刻と生命はかたち変はりてゆくも  

しげをさん

 投稿者:  投稿日:2019年 4月16日(火)20時55分12秒
返信・引用
  ありがとうございます。
この度はお世話になります。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)18時25分8秒
返信・引用
  からたちの垣根たかくて差しかはすみどりの棘の織りなすかたち  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)18時22分21秒
返信・引用
  包容と読むとき遠き日の父の牡蠣色ダスターコートのにほひ  

苺さん、いらっしゃいませ。

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 4月16日(火)17時52分38秒
返信・引用
  苺さん、ようこそ!参加ありがとうございます。
当歌会を昨年から紹介して、この度参加となりました。
どうぞゆっくり当歌会を楽しんで下さいね。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)15時51分5秒
返信・引用
  色かたち紡いで走る筆先に華麗な夢を 託して描き  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)15時48分51秒
返信・引用
  かたち消し朧に霞む桜花薄紅色の狂気を放ち  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)15時47分25秒
返信・引用
  磨かれたかたち美しぺらぺらの和服もうなじ春陽に映えて
 

参加表明

 投稿者:メール  投稿日:2019年 4月16日(火)14時25分45秒
返信・引用
  皆様はじめまして。

苺と申します。しげをさんのご紹介で参加させて頂きます。歌歴は通算で10年ほどです。関西在住です。
どうぞよろしくお願いいたします。

象彦の盆に一輪すみれ置く        苺
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)10時29分58秒
返信・引用
  聴いてゐるつもりだつたが指先は流線形をひたすら描き  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月16日(火)09時39分5秒
返信・引用 編集済
  全能の神のかたちに人は似て花のかたちは何に似るらむ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月15日(月)21時01分34秒
返信・引用
  苦しみのかたちはどこよ沙羅双樹夜あけ間近の庭にふる花  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 4月15日(月)20時59分2秒
返信・引用
  ティーバッグ持ちあげ落とせば揺れている容器に満ちる琥珀の水は  

/105