【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(15)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月27日(月)09時20分54秒
返信・引用
  特選
15 羽衣の舞ふやうに近づいてくる声切り立ちて鳧のかたちに
並選
08 階段を下りゆく時の衣擦れに我の齢を吾は追ひ抜く
14 宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装

以上です。
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2022年 6月27日(月)09時04分3秒
返信・引用
  特選
18 ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に

普通選
10 中井英夫「黒衣の短歌史」いつか読むそのいつかはいつ来るのだらうか
11 杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月26日(日)23時33分22秒
返信・引用
  特選
11 杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる
普通選
10 中井英夫「黒衣の短歌史」いつか読むそのいつかはいつ来るのだらうか
18 ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に
 

移転先に

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月26日(日)22時08分42秒
返信・引用
  しげをさま、ありがとうございます。大丈夫そうです。  

Re: 移転について

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月26日(日)20時56分12秒
返信・引用
  しげをさんへのお返事です。

> 風信子さんへのお返事です。
> ありがとうございます。後ほど調べてみます。

設定を変えて「投稿KEY」の設定をしました。編集、削除
が可能となります。いま試運転の段階ですのでEZBBSに
書込みをしてみて下さい。簡単な書込み方法を□3にて
案内しています。
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月26日(日)15時42分1秒
返信・引用
  特選
05 仏像の 川の流れに似た衣紋 時に優しく時に激しく
普通選
12 確かそれを衣通姫と呼んでゐた ひかりを溜めた螢袋の
17 野良猫の名はニョーゴその衣摺れの御所があなたのすいばだつたな

 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月26日(日)07時39分30秒
返信・引用
  08 階段を下りゆく時の衣擦れに我の齢を吾は追ひ抜く

我と吾
面白いですね。
衣擦れが、幻想を誘うようでもあり。

14 宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装

スパイダーマンにしても、気の毒過ぎて。衣装センスにちょっと、、同感します。

15 羽衣の舞ふやうに近づいてくる声切り立ちて鳧のかたちに

鳧って、この文字なんですね。水掻きの形象とか。羽衣は能楽でしょうか。能の摺り足自体が人間を超越した動きで、興味深い。鳴き声にしても、ときどき鳥は、神さまの使いとしての神秘を色濃く感じます。

以上です。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月25日(土)22時23分40秒
返信・引用
  07初浴衣おろしてきみと逢う昼の地下鉄あがれぱ銀座は雨

ウキウキとした気分が伝わります。雨の銀座もまた良し。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月25日(土)22時14分16秒
返信・引用
  14 宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装

どこかの星で生まれたスーパーマン。ガラス棒のような結晶が下からライトアップされた幻想的な世界を表現。確か両親が地球に逃がしただったか。それにしては、その衣装は前時代的という意味か?
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月25日(土)22時02分37秒
返信・引用
  11 杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる

仕事が終わって外に出るとタイルの透明釉薬が夏至の夜を覆っているように見えたのか。それとも透明な自分に戻った瞬間なのか。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月25日(土)21時52分35秒
返信・引用
  17 野良猫の名はニョーゴその衣摺れの御所があなたのすいばだつたな

ニョーゴとニャーゴの語呂合わせ的な言葉と女御、衣摺れ、御所などが高貴な野良ちゃんを表現している。またすいばでひっくり返してるのがいいですね。

 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月25日(土)21時36分24秒
返信・引用
  18 ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に

空に近く地に遠い高層マンションに住む人はティンカーベルのように羽根を持っているのかも知れない。

 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月25日(土)14時54分24秒
返信・引用
  17 野良猫の名はニョーゴその衣摺れの御所があなたのすいばだつたな

猫の名前は「女御」という。現代の子供たちが名付けたか、昔の物語に出て来る
猫か。御所に暮らしていた猫とはゆかしいものだと思う。
「すいば」検索して秘密の場所のような京都の子供の方言らしいのですが、検索できな
いと意味が通らないのは他地域の物には少し辛いです。

18 ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に

地を遠のいていく人は天国へ向かっている人でしょうか。あまり悲しい色合いはないので
違うかもしれません。でもティンカーベルの羽根では小さすぎて、魂だけぐらいしか
運べないでしょう。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月24日(金)19時48分32秒
返信・引用
  12 確かそれを衣通姫と呼んでゐた ひかりを溜めた螢袋の

子どもの頃の思い出か(少し難しい言葉ではあるが)「ひかり」を表すそとおりひめを
ホタルブクロに閉じ込めた。ホタルブクロは提灯を思わせる花だから。

14 宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装

昔、テレビで見ていた時、本当のウルトラマンは全体的な銀色の物体で、役者は
被り物なのだけど・・・と思っていたような。全身タイツとしても頭までつながって
いるのは衣装とは言えなかろうと思っていました。
 

Re: 移転について

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月24日(金)11時43分16秒
返信・引用
  風信子さんへのお返事です。

ありがとうございます。後ほど調べてみます。
 

Re: 移転について

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月24日(金)09時04分5秒
返信・引用
  > No.14130[元記事へ]

しげをさま、新板の設置ありがとうございます。
私たちの掲示板「風」の板とはタイプが(2か3?)違うようですが、新板には
「投稿キイ」のボタンが表示されていないようです。
管理画面で「投稿キーを許可する」(文言は正確ではないですが)にチェックすると
表示されるみたいです。EZウェブの場合、投稿キイを設定して入れていないと、各自で
編集、削除できなくなりますので管理人さんが大変になります。
私もgooブログで慣れない作業をしています。どうぞよろしくお願いいたします。
 

移転について

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月23日(木)22時24分50秒
返信・引用
  風信子様、EZウェブのことまだ分からないことも多々ありますのでまた助力をお願いするやも知れずよろしくお願いします。  

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月23日(木)16時26分37秒
返信・引用
  10 中井英夫「黒衣の短歌史」いつか読むそのいつかはいつ来るのだらうか

中井英夫の著書は持っていないけれど、家の近くの展示会で彼の原稿や、
寺山、中城ふみ子の原稿を見たことがありました。
残り少ない人生になったので、歌の作者の気持は伝わってきます。

11 杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる

塚本風固有名詞の効いた歌ですね。重ねるように情景が描かれて、一枚のタイル
絵のようです。登場人物は初老の男か。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月22日(水)14時06分23秒
返信・引用
  では少しずつ感想を書かせていただきます。

04 あさぼらけ亀岡の里横たわり羽衣掛けて夢の続きを

亀岡は京都の保津川の処でしょうか、あのあたりにも羽衣伝説はありましたか。
ここでは天人と言うよりただの作者が上着を松の木などに掛けて昼寝の図というところでしょう。

05 仏像の 川の流れに似た衣紋 時に優しく時に激しく

この歌に詠まれた衣装の流れるような表現は、私には薬師寺の白鳳三尊のブロンズ像
を思い出させました。もういちどみたいと思いながらコロナ下で行かれなくなっています。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月22日(水)13時52分24秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
新しい板の準備もありがとうございます。EZウェブは私もかかわっている掲示板で、長年
使っていますので、使い方など少しは分かると思います。
私のブログはグーブログに移転しましたが、まだなんだか慣れないところもあります。
来月からは新しい場所で、またよろしくお願いいたします。
 

新しい移転先

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月21日(火)22時00分48秒
返信・引用
  移転先は
http://www3.ezbbs.net/38/genjinkaizu04/

となります。お気に入り登録お願いします。
次回歌会から新しい移転先となります。
よろしくお願いいたします。
 

新しい移転先

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月21日(火)19時11分19秒
返信・引用
  新しい移転先のアドレスは改めてお知らせ致します。
よろしくお願いいたします。
 

「衣歌会」詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月21日(火)11時14分6秒
返信・引用
  01 夏衣まとい少女ら街をゆく衣通姫の光あびつつ
02 汗かきの待ちかねてゐる衣更半袖こそが我が正服と
03 白い服夏日に映えてキラキラと脱皮の虫の衣替えごと
04 あさぼらけ亀岡の里横たわり羽衣掛けて夢の続きを
05 仏像の 川の流れに似た衣紋 時に優しく時に激しく

06 衣替えすればたちまち梅雨寒かレインコートも出してないのに
07 初浴衣おろしてきみと逢う昼の地下鉄あがれぱ銀座は雨
08 階段を下りゆく時の衣擦れに我の齢を吾は追ひ抜く
09 つるバラに我が衣手の絡まりて嗚呼ウクライナの峡谷に立つ
10 中井英夫「黒衣の短歌史」いつか読むそのいつかはいつ来るのだらうか

11 杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる
12 確かそれを衣通姫と呼んでゐた ひかりを溜めた螢袋の
13 垂乳根の母の癇癪受け流し主治医の白衣ひらひら踊る
14 宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装
15 羽衣の舞ふやうに近づいてくる声切り立ちて鳧のかたちに

16 襤衣にて向日葵畑に横たはる星の軋みを微かに聴きて
17 野良猫の名はニョーゴその衣摺れの御所があなたのすいばだつたな
18 ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)09時26分41秒
返信・引用
  ティンカーベルの衣装の羽をつけてあげる限りなく地を遠のいてゆく人に  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)05時43分0秒
返信・引用 編集済
  野良猫の名はニョーゴその衣摺れの御所があなたのすいばだつたな  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)01時20分24秒
返信・引用
  襤衣にて向日葵畑に横たはる星の軋みを微かに聴きて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)01時04分21秒
返信・引用
  羽衣の舞ふやうに近づいてくる声切り立ちて鳧のかたちに  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)00時55分26秒
返信・引用
  宇宙からやって来たのはいいけれどスーパーマンの悲しい衣装  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月20日(月)00時50分15秒
返信・引用
  垂乳根の母の癇癪受け流し主治医の白衣ひらひら踊る  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)23時26分2秒
返信・引用
  確かそれを衣通姫と呼んでゐた ひかりを溜めた螢袋の  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)23時03分45秒
返信・引用
  杉江製陶所のタイルの小屋に作業衣を脱ぎ透明な夏至の夜となる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)21時19分52秒
返信・引用
  中井英夫「黒衣の短歌史」いつか読むそのいつかはいつ来るのだらうか  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)21時09分56秒
返信・引用
  つるバラに我が衣手の絡まりて嗚呼ウクライナの峡谷に立つ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)21時01分32秒
返信・引用
  階段を下りゆく時の衣擦れに我の齢を吾は追ひ抜く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)19時05分30秒
返信・引用
  初浴衣おろしてきみと逢う昼の地下鉄あがれぱ銀座は雨  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)19時02分47秒
返信・引用
  衣替えすればたちまち梅雨寒かレインコートも出してないのに  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)17時32分9秒
返信・引用
  仏像の 川の流れに似た衣紋 時に優しく時に激しく  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)17時30分43秒
返信・引用
  あさぼらけ亀岡の里横たわり羽衣掛けて夢の続きを  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)17時29分13秒
返信・引用
  白い服夏日に映えてキラキラと脱皮の虫の衣替えごと  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月19日(日)15時21分27秒
返信・引用
  汗かきの待ちかねてゐる衣更半袖こそが我が正服と  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 6月18日(土)18時43分45秒
返信・引用
  夏衣まとい少女ら街をゆく衣通姫の光あびつつ  

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月17日(金)09時02分33秒
返信・引用
  れいさま 六さま 風媒さま

衣*歌会へようこそ♪
お歌楽しみです。
くみこ
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 6月16日(木)15時56分27秒
返信・引用 編集済
  衣歌会参加します。くみこさま皆さまよろしくお願いいたします。

梅雨寒に上衣脱いだり着たりして        風媒
 

参加表明

 投稿者:  投稿日:2022年 6月15日(水)12時37分13秒
返信・引用
  山登り衣装だんだん邪魔になり

皆様よろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:れい  投稿日:2022年 6月14日(火)12時56分38秒
返信・引用
  青葉かな衣笠山に沿うてゆく  れい

くみこ様、皆様よろしくお願いします。
 

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月13日(月)15時39分50秒
返信・引用
  風信子さま しげをさま

衣*歌会にようこそ♪
ご参加ありがとうございます。
みなさま
お集まりくださいね♪♪

くみこ
 

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月12日(日)01時36分38秒
返信・引用
  箱庭に冠衣のひとの佇みて 桜子

衣歌会に参加します。くみこさま、皆様よろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 6月11日(土)18時44分49秒
返信・引用
  衣・歌会に参加いたします。
くみこさま、みなさまよろしくお願いいたします。

衣替えまだ縫いあがらないワンピース   風信子
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月 8日(水)14時52分17秒
返信・引用
  しげをさま
スケジュールありがとうございます。
衣*歌会に参加します。
みなさま
よろしくお願いします。

桐壺の冒頭にある蛇の衣
くみこ
 

お題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月 6日(月)09時30分24秒
返信・引用
  お題は「衣」とします。詠草の中に「衣」を入れて下さい。

参加表明および詠草締切6月19日(日)
歌評期間6月20日~30日:選歌された方は当該歌の評をお願いします。
選歌締切6月26日(日)
名乗り    6月30日

多くの方の参加を望みます。
 

6月のテーマ

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 6月 5日(日)14時37分51秒
返信・引用
  しげをさま みなさま
金賞ありがとうございます。

6月のテーマは

いかがでしょうか?

しげをさま
スケジュール等いつもありがとうございます。よろしくお願いします。
くみこ
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月 5日(日)00時22分46秒
返信・引用
  【金賞・5票】
くみこ
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる
【銀賞・4票】
れい
01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
【銅賞・3票】

03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと
れい
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります
しげを
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより

今回の「引っ越し歌会」の金賞はくみこさん、銀賞をれいさん、銅賞を苺さん、れいさん、しげをが獲得されました。おめでとうございます。次回幹事をくみこさん、よろしくお願いします。
尚、掲示板移転の件は当方只今帰省中ですので今月中旬頃に自宅に戻り次第PCで取り掛かりたいと思います。当面の進行はこの掲示板で行います。よろしくお願いします。
 

「引越し歌会」選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月 1日(水)00時40分34秒
返信・引用
  01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について :(◎風媒、◎しげを)
02 大ぶりのトランクに日がな行き来して引越しをする向かひの窓へ :(れい)
03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと :(◎風信子、風媒)
04 あたらしい野やそらと遭ひ浮遊してゐた夏休み風をはらみて
05 引っ越しのせまれど心引き立たず古き歌集を取り出して読む : (しげを)

06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく  :(くみこ、れい)
07 どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明  :(風信子)
08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを :(苺、六)
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります :(苺、◎くみこ)
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる  :(◎苺、六、◎れい)

11 引っ越しのざわめきもまだ解けぬ夜おびえた猫が甘くすり寄る
12 梅雨空の下の引っ越しともすればしどけなくなる本を束ねて
13 サモトラケのニケは舳先へ降り立つた人間どもをよく見る為に
14 移動する景色眺めるバスの中ブナ林走り視線動かず
15 引っ越しの前日猫は考える家族と行くか家に残るか

16 カルガモは親の後つきお引越し選ぶ孤独をまだ知らぬまま
17 窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は :(風媒)
18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に :(風信子、しげを)
19 王昭君どこへ引越してゆくか紫のいろ焦がれ苗床
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより :(◎六、くみこ)
21 段ボールを山積みにして一休み隙間で春夜明かすのもよし
 

名乗りです。

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 6月 1日(水)00時19分12秒
返信・引用
  06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく
08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより

選評ありがとうございます。定家の明月記に「紅旗征戎吾が事に非ず」とありますが自分の心境としては現実の状況が重く乗り掛かり非吾事とはいかないですね。
 

名乗り

 投稿者:  投稿日:2022年 5月31日(火)23時20分32秒
返信・引用
  17 窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は
18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に
21 段ボールを山積みにして一休み隙間で春夜明かすのもよし

皆様、ありがとうございました。
 

名告り

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月31日(火)21時31分38秒
返信・引用
  01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります
19 王昭君どこへ引越してゆくか紫のいろ焦がれ苗床

皆様、ありがとうございました。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 5月31日(火)12時18分33秒
返信・引用
  07 どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる
13 サモトラケのニケは舳先へ降り立つた人間どもをよく見る為に

以上です。
みなさま ありがとうございました。
 

名乗ります

 投稿者:  投稿日:2022年 5月31日(火)09時43分43秒
返信・引用
  02 大ぶりのトランクに日がな行き来して引越しをする向かひの窓へ
03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと
04 あたらしい野やそらと遭ひ浮遊してゐた夏休み風をはらみて

引越し歌会をありがとうございました。
サイトのお引越も、諸々大変な事と思います。
つつがなく移転が完了しますよう、お祈り申し上げます。また宜しくお願い致します。
 

名乗ります。

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月31日(火)09時10分34秒
返信・引用
  14 移動する景色眺めるバスの中ブナ林走り視線動かず
15 引っ越しの前日猫は考える家族と行くか家に残るか
16 カルガモは親の後つきお引越し選ぶ孤独をまだ知らぬまま

みなさまありがとうございました。
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月31日(火)08時43分7秒
返信・引用
  05 引っ越しのせまれど心引き立たず古き歌集を取り出して読む
11 引っ越しのざわめきもまだ解けぬ夜おびえた猫が甘くすり寄る
12 梅雨空の下の引っ越しともすればしどけなくなる本を束ねて

今日は月末ですので、早めに名乗らせていただきました。
みなさまありがとうこざいました。しげをさまお引越しがうまくいきますように、
よろしくお願いいたします。
 

コメント

 投稿者:  投稿日:2022年 5月30日(月)01時38分25秒
返信・引用
  20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより

いつまで持ちこたえられるのだろうかと思いながら毎日眺めていた画像。通勤電車で居眠り
するうちにあの地下空間に入り込んでしまった。


08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを

 重苦しいこの情勢を笑い飛ばしてしまえればいいのだが。


10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

 誰も答えられないような難問を考えていると、いつから鳴いているのか、カエルの唄が始まっている。


 

転勤話

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 5月28日(土)12時42分30秒
返信・引用 編集済
  05 引っ越しのせまれど心引き立たず古き歌集を取り出して読む

一読、分かる分かる!私もだ、と共感する。明後日には引越し業者がくると言うのに段ボール箱に仕舞う段になって作業が遅延する。眼の前の献呈の栞入の歌集、貰ったままで礼状も出さないままになっていた。頁を繰ってみる。処分するのも切なく申し訳ない。こうして引っ越しの準備は延々続く。

18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話

これは子供と親の関係かまたは子供と教師(その他)の関係が考えられるが恐らく後者であろう。胸は「騒ぐ」と「躍る」が使われるが「騒ぐ」は悲しみの情感であろう。しかし一番の肝は「内緒」でされた子供たちには転勤話は禁忌になってしまった。これは辛い。小学三年生の子らに「僻村の分校への転勤」を内示された若き教師の告白に聞き入る子ども達の一瞬の静寂に感じ入りました。
 

夢殿

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 5月28日(土)12時19分9秒
返信・引用
  01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について

夢殿と揚羽で荘子の言う「胡蝶の夢」を思う。また揚羽からはアマゾンの蝶の羽ばたきがハリケーンをもたらすと言う「バタフライ効果」や映画「フォレスト・ガンプ」の羽根(これは蝶ではないが)の揺らぎなど夢(非現実)について考えさせる。引越に際して方違してゆく、揚羽の後を進むと夢殿の中、そこをするりと抜けてゆく。夢の中の出来事だけれど悪夢ではない。いまこの現実も巨大な虚構かも知れない。
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 5月26日(木)11時02分22秒
返信・引用
  特選
01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
普通選
05 引っ越しのせまれど心引き立たず古き歌集を取り出して読む
18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に
 

選歌

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月26日(木)10時13分49秒
返信・引用
  特選
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

02 大ぶりのトランクに日がな行き来して引越しをする向かひの窓へ
06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく

 

オデッサ

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月26日(木)10時07分13秒
返信・引用
  06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく

オデッサはウクライナだったのだと気付かされた今回の戦争。
エレベーターという閉鎖空間は時に奇妙な感覚にとらわれるものです。
知らないところで一人で乗っていて間違って暗い地下駐車場に出たりすると特に。
下降してカタコンベへ繋がっていくという幻想もエレベータならでは。
 

選歌します。

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月26日(木)08時28分38秒
返信・引用
  特選
1夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
選歌
03荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと
17 窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 5月26日(木)07時14分49秒
返信・引用
  03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと

荷と共に家移りすれば
まず、この最初のフレーズ、従妹の引越は、まさにそんな感じで、叔母の弟たちがトラックを借りてきて総出で荷造りをして見送る。引越したという実感と人の温もりがあった。アンダルシアの驢馬というイメージは、爽快で素敵な物語の始まりのようですね。

06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく

悪夢のような、古い映画を観ているような。カタコンベは、欧州で見た記憶。魚のマークが、ギリシア語由来のキリストのシンボルで。琵琶湖西岸の渡来人の墓を見たときの既視感。それらが、あたかも地下室で見つけたネガのように、ないまぜになって顕れては消えてゆく。

09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります

幽玄な橋掛のチョイスが、なんとも魅惑的、幻想的。旅するときの時空間。そんな移動装置としての橋掛を準備して、一体何処へゆくのだろう。逢えない人に逢うというのか。そもそも誰と話しているのか。そんな摩訶不思議感。

20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより

ウクライナの製鉄所には、地下深く壕が広がっているという。侵攻以来、ウクライナにロシアに日々心を寄せて、平和を祈らずにはいられない。

以上です。
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2022年 5月26日(木)07時06分46秒
返信・引用
  選歌します。

特選
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります

佳作
06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより
以上です。
 

窓へ

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月26日(木)05時18分22秒
返信・引用
  02 大ぶりのトランクに日がな行き来して引越しをする向かひの窓へ

読むたびに結句で何かとても不思議な気にされる。
相手がいて喋っている時はこういう表現をすることはあるだろうし、
実際の場所があるから指さしたりなんかして、そう言ってもおかしくない。
「向かひの窓へ」は、向かいの窓が見えてるあの部屋へ、の意味であるのだが、
言葉として「窓へ」と書いてしまうと、部屋ではなくてまるで窓へ住むために
引越するみたいな、荷物を運んでいる四句目までの空間とは別の空間が提示されるようで
結句にきて違う位相が広がるような錯覚に陥る。そこが面白い。
言葉の世界の面白さを熟知してそういう遊びを見せられているような感じである。
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2022年 5月25日(水)23時19分22秒
返信・引用
  特選
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより

普通選
08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる
 

選歌です

 投稿者:  投稿日:2022年 5月25日(水)20時53分43秒
返信・引用
  特選
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

普通選
08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります
 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月25日(水)18時06分6秒
返信・引用
  特選
03荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと
普通選
07 どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明
18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月25日(水)08時20分44秒
返信・引用
  11 引っ越しのざわめきもまだ解けぬ夜おびえた猫が甘くすり寄る
おびえた猫が甘くすり寄ると捉えた作者は猫の心情をよく理解されていますね。馴染みの家から引き離され飼い主しか依るべが無い猫ちゃん、早く新しい家に馴染んでください。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月25日(水)08時12分13秒
返信・引用
  17 窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は
新しい環境、新しい友達、転校生の心には嵐が吹き荒れていたことでしょう。窓の外は見ていても心は教室の中。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月25日(水)08時05分43秒
返信・引用
  01夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
それこそ夢のような情景。昔は不便だったけどロマンがあったなと。
 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2022年 5月25日(水)07時58分45秒
返信・引用
  03荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと

どこまでもつづくオリーブ畑。日がな一日驢馬で行っても景色変わらず。ハイウェイをアンダルシアの道に例えると引っ越しものどか。トラックが荷を積んだ驢馬に見えてきます。
 

ゴーギャン

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月24日(火)22時38分4秒
返信・引用 編集済
  10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

どこから来てどこへゆく、は永遠のテーマですね。ゴーギャンの晩年の作品で、
我々はどこから来たか、我々は何なのか、我々はどこへゆくのか、という作品があります。
結構これはよく色々使われています。昔、シェル美術賞の大賞の3部作の
タイトルもこれだったのを覚えています。もう50年も前かな。

この歌はゴーギャンの言葉とカエルの鳴き声の取り合わせだと受け取りました。
このカエルの名前は知りませんでしたが、鳴き声を聴けるサイトで聞いてみました。
可愛らしい声で、カエルではないような声でした。

どこかから来てどこかへ行くという宿命の私たちへの讃歌がカエルの歌なのかもしれません。
 

ハワイ近く

 投稿者:  投稿日:2022年 5月24日(火)14時43分9秒
返信・引用 編集済
  08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを

末期的なあの国、油断ならないあの国、元から腫れ物なあの国など……みんな近くて嫌だーーー!!というそのお気持…。分かります。(違います?)

それで国をあげてサカイさんで引越そうとは……その発想はありませんでした(^^)

でも、それはそれで、どこかの51番目の州になっていた……なんてシナリオは、ありませんよね?

愛と平和を祈念致します。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月24日(火)13時54分19秒
返信・引用
  18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に

すらっと詠まれているけれど、内容はちょつと胸をつきますね。私は自営業の家
だったから、そう言う引っ越しは無かったけど、家業の引っ越しがあって小2で転校
した経験がけっこうトラウマになっています。子供は環境の変化に傷つきやすいです。
19 王昭君どこへ引越してゆくか紫のいろ焦がれ苗床

私は王昭君と孟嘗君を取り違えていて、今調べて初めて気が付きました。それでも
このお歌の出典は分からなくてちょっとお手上げです。

21 段ボールを山積みにして一休み隙間で春夜明かすのもよし

引っ越しはし終えて、まだ荷解きが済まないのでしょう。疲れますね。
昔の漫画など(さざえさんとか)に出てきたような一場面にこちらもねむくなりそうです。
 

アンダルシア

 投稿者:れい  投稿日:2022年 5月24日(火)12時34分33秒
返信・引用
  03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと

「アンダルシア」というだけである雰囲気があります。
ルイス・ブニュエルのアンダルシアの犬はダリ展だったか何かの展覧会でかかっていて見ましたが、
目のところは怖くて目をつぶっていました。アンダルシアというと思い出す歌、

 ひまはりのアンダルシアはとほけれどとほけれどアンダルシアのひまはり  永井陽子

これもアンダルシアへの憧れのつのった歌の様な気がします。
新しい場所へ移るということの気持ちの昂りが、ハイウエイを行ってるのに
アンダルシアの驢馬を現出させたのでしょう。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月23日(月)16時56分18秒
返信・引用
  13 サモトラケのニケは舳先へ降り立つた人間どもをよく見る為に

ニケの翼だけの石像はとても魅力的なものですが、元は女神像だったとか。空から
舟の舳先に移動したところを描写したのだと思いますが、お題の「引っ越し」ほどの
移動かどうか。

15 引っ越しの前日猫は考える家族と行くか家に残るか

猫の視点で詠まれていますが、ちょっと待てと言いたくなりますね。いくら自由な気質
の猫でも人間と離れては美味しいご飯も快適な寝床も無くなりますから。時々、引っ越しの
間に居なくなって探し回る家の話を聞きますが、こういうことなのですね。

16 カルガモは親の後つきお引越し選ぶ孤独をまだ知らぬまま

今年はカルガモのお引越しをすっかり忘れていました。マスコミが騒がないと忘れているけれど、
カルガモにしたら毎年の行事ですね。動物はそれぞれに生育過程が決まっているので、もし自分
で選んだらそれは生死を選ぶことなのではなどと思いました。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月22日(日)14時08分59秒
返信・引用
  07 どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明

これは現実の猫ではなくて「アリス」の絵本とかの喩かとも思うけれど、すぐ消えてしまう
チェシャ猫が同居しているとしたら行方不明も考えられなくはない。でも消えるチェシャ猫を
捨てようかどうしようか迷うものだろうか。

08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを

歌としては面白いですね。でも日本は島が多数なのでいかに「サカイ」だとしても
大変そう。コロナで外国に行かれないことからか、ロシアの戦争で隣国何処もがきな臭い
気がするからなのか。

10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

私はカエル系は苦手なので、これがどう移動するのかよくわからないのだけれど、固有名詞
の面白さに「引っ越し」の類の部分が消えているような気がしました。もうひとつ欲しかったかな。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2022年 5月21日(土)16時35分52秒
返信・引用
  しげを様、詠草一覧ありがとうございます。
昼間かかりつけ医のところへ薬を貰いに行ったら、帰りに大雨に降られて
びしょぬれになりました。なんだかとても疲れてしまって、コメントも湿ってしまうかも。
少しずつ始めさせていただきます。

01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について

方違えなどこの頃の引っ越しでは行わないと思うけれど、夢殿など本当に夢のような景ですね。
アゲハの行く方角が吉報なのかしら。私は昔建て替えの時一回だけ方違えをしたことがあります。

03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと

アンダルシアのロバって素敵ですね。本当は二をいっぱい背負わせられてよたよたした姿なのでしょうけど。
小さなトラックでハイウェーを走っているのでしょうか。
 

「引っ越し」歌会詠草一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2022年 5月19日(木)22時31分3秒
返信・引用
  01 夢殿を抜けて行きけり引越の方違へには揚羽について
02 大ぶりのトランクに日がな行き来して引越しをする向かひの窓へ
03 荷と共に家移りすればハイウェイにアンダルシアの驢馬とゆくごと
04 あたらしい野やそらと遭ひ浮遊してゐた夏休み風をはらみて
05 引っ越しのせまれど心引き立たず古き歌集を取り出して読む

06 マンションのエレベーターはオデッサの地下墓所(カタコンベ)へと繋がつてゆく
07 どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明
08 引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを
09 引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります
10 どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる

11 引っ越しのざわめきもまだ解けぬ夜おびえた猫が甘くすり寄る
12 梅雨空の下の引っ越しともすればしどけなくなる本を束ねて
13 サモトラケのニケは舳先へ降り立つた人間どもをよく見る為に
14 移動する景色眺めるバスの中ブナ林走り視線動かず
15 引っ越しの前日猫は考える家族と行くか家に残るか

16 カルガモは親の後つきお引越し選ぶ孤独をまだ知らぬまま
17 窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は
18 子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に
19 王昭君どこへ引越してゆくか紫のいろ焦がれ苗床
20 アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより
21 段ボールを山積みにして一休み隙間で春夜明かすのもよし
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月19日(木)00時05分58秒
返信・引用
  段ボールを山積みにして一休み隙間で春夜明かすのもよし  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)18時56分34秒
返信・引用
  アゾフスタリ製鉄所にて眠りゐる如月列車に飛び乗りてより  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)12時01分27秒
返信・引用
  王昭君どこへ引越してゆくか紫のいろ焦がれ苗床  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)11時53分15秒
返信・引用
  子供たちの胸は騒いでいただろう内緒でされた転勤話に  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)11時21分48秒
返信・引用
  窓の外見るともなしに眺めていた初登校の転校生は  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)00時11分53秒
返信・引用
  カルガモは親の後つきお引越し選ぶ孤独をまだ知らぬまま  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)00時05分13秒
返信・引用
  引っ越しの前日猫は考える家族と行くか家に残るか  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月18日(水)00時03分1秒
返信・引用
  移動する景色眺めるバスの中ブナ林走り視線動かず  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)21時13分20秒
返信・引用
  サモトラケのニケは舳先へ降り立つた人間どもをよく見る為に  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)16時35分1秒
返信・引用
  梅雨空の下の引っ越しともすればしどけなくなる本を束ねて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)16時33分41秒
返信・引用
  引っ越しのざわめきもまだ解けぬ夜おびえた猫が甘くすり寄る  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)14時43分33秒
返信・引用
  どこからきてどこへゆくのかシュレーゲルアオガエルのうたはじまつてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)14時19分22秒
返信・引用
  引越をするつもりです荷のなかにもう橋掛入れてをります  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)12時40分33秒
返信・引用
  どうしても捨てられなくて引越の日のチェシャ猫の行方不明  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2022年 5月17日(火)11時25分2秒
返信・引用
  引越のサカイに頼み我が邦をハワイ近くに移動したきを  

/127