投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 操舵室(15)
  2. 「原人の海図」詠草一覧(59)
  3. 「原人の海図」討議会場(87)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月18日(月)20時37分9秒
返信・引用
  丹精したとは言へざりし小公園紅葉の大樹三本植わる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月18日(月)20時23分44秒
返信・引用
  三本の矢とはなれずに兄弟はそれぞれに咲きそれぞれに散る  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月18日(月)02時22分43秒
返信・引用
  十円でたこ焼四つ買えた町人に垣根のなかった時代  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月18日(月)00時17分43秒
返信・引用
  人遠くなりぬと思ふゆふぐれの一枝の梅香のつよすぎて  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)23時35分30秒
返信・引用
  一(ひと)こ二(ふた)ご、をみなの声の西鶴の、みわたしよめご、紫のうづ  

Re: 詠草

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月17日(日)13時49分38秒
返信・引用
  無記名作者です。さんへのお返事です。

> しげをさんへのお返事です。
>
>
> ギリシアの数字に
> 10を表すアッティカ式数字の△があり
> 今はもう使われていないということで
> 興味深く感じて、詠ってみたのですが…。
> △は、記号の三角形で入力しています。
>
それはそれは当方浅学で失礼しました。ギリシャ数字とは!
アルキメデスもこの数字で研究に没頭したのでしょうね。
私の指摘を撤回させていただきます。
 

Re: 詠草

 投稿者:無記名作者です。  投稿日:2019年 2月17日(日)12時39分27秒
返信・引用 編集済
  しげをさんへのお返事です。


ギリシアの数字に
10を表すアッティカ式数字の△があり
今はもう使われていないということで
興味深く感じて、詠ってみたのですが…。
△は、記号の三角形で入力しています。



> 無記名さんへのお返事です。
>
> > ギリシアではもう使はない数字だが星を結べば△になる
>
> すみませんが今回は連想ではなく「具体的な数字」を入れ込んで下さい。案内が不十分で申し訳ありません。よろしくお願いします。しげを
 

Re: 詠草

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月17日(日)12時01分16秒
返信・引用
  無記名さんへのお返事です。

> ギリシアではもう使はない数字だが星を結べば△になる

すみませんが今回は連想ではなく「具体的な数字」を入れ込んで下さい。案内が不十分で申し訳ありません。よろしくお願いします。しげを
 

Re: 詠草

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月17日(日)11時59分53秒
返信・引用
  無記名さんへのお返事です。

> 幾重にも巻いた心の包帯の奥に残れる生傷の疼き

すみませんが今回は連想ではなく「具体的な数字」を入れ込んで下さい。よろしくお願いします。しげを
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)11時43分35秒
返信・引用
  ギリシアではもう使はない数字だが星を結べば△になる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)10時59分56秒
返信・引用
  幾重にも巻いた心の包帯の奥に残れる生傷の疼き  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)10時58分4秒
返信・引用
  求めても奇跡と言える出逢いだと一足す一が三になる人  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)10時54分42秒
返信・引用
  熱を持つ心で聞いたその曲はスペイン歌手の「三十三歳」  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)08時08分49秒
返信・引用
  かつて鳥羽離宮と呼んだ地に立てば宿り木となる惑星二つ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)08時01分0秒
返信・引用
  彼の人の裏切り人から聞いてより胸に凍れる三日月を抱く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)07時59分19秒
返信・引用
  三年を咲かなくなりし水仙の二本花付くひと日重畳  

数字歌会へようこそ

 投稿者:れい  投稿日:2019年 2月17日(日)01時27分55秒
返信・引用
  淡雪を飛鳥Ⅱへと招き入る     桜子
三月にゆく二月堂修二会かな    令
猫柳三度見返りまだ咲かず   風信子
一生に何度目の恋春の雪         くみこ
一行って二月で逃げて三で去り       風媒
旧友の癖懐かしむ二月かな     六
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月17日(日)01時23分17秒
返信・引用
  昼の日の明るすぎたり駅までの道を十分ゆくだけなのに  

参加表明

 投稿者:  投稿日:2019年 2月16日(土)23時36分55秒
返信・引用
  旧友の癖懐かしむ二月かな

皆様、よろしくお願いします。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月16日(土)23時30分13秒
返信・引用
  まほろばは何もない土地かすみ立つ七重の塔を眼裏に見て  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月16日(土)21時26分29秒
返信・引用
  わづか52本の髪の毛が風呂の排水口を詰まらせてゐる  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月16日(土)14時58分10秒
返信・引用
  マラソンのペースメーカーと言ふ役目35kmで失踪します  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月16日(土)12時52分6秒
返信・引用
  前世でも見たことはない神話なる11日は建国記念日  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 2月16日(土)10時38分49秒
返信・引用
  ♯は数に入らないのに0の横9の真下にあるその意味を  

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 2月15日(金)11時30分11秒
返信・引用 編集済
  もう2月も半ば。音を立てて月日が過ぎ去ります。
数字歌会参加させていただきます。皆さまどうぞ宜しくお願いいたします。

一行って二月で逃げて三で去り        風媒
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 2月13日(水)16時24分18秒
返信・引用
  数字歌会に参加します!
れいさま  しげをさま  みなさま
よろしくお願いします!!

一生に何度目の恋春の雪     くみこ
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 2月11日(月)09時14分5秒
返信・引用
  数字歌会に参加いたします。
令さま、みなさまよろしくお願いいたします。

猫柳三度見返りまだ咲かず    風信子
 

数字歌会

 投稿者:  投稿日:2019年 2月10日(日)15時50分28秒
返信・引用
  しげを様、スケージュールをありがとうございます。
みなさま、数字歌会へご参集ください。

三月にゆく二月堂修二会かな   令
 

2月お題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月10日(日)01時18分2秒
返信・引用
  2月歌会のお題は『数字』を詠うこととします。詠草に必ず数字を読み込んで下さい。
アラビア数字、ローマ数字、漢数字はたまたギリシャ数字でも結構です。
例・淡雪を飛鳥Ⅱへと招き入る  桜子

参加表明およひ詠草締切  2月17日(日)
歌評期間  2月18日~28日
選歌締切  2月24日(日)
名乗り    2月28日(木)

多くの方の参加を望みます。
 

Re: 湯水さんの特選

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月 7日(木)23時44分15秒
返信・引用
  六さんへのお返事です。

> 今、気付きましたが、湯水さんの特選は03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか
> で、17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが  ではありませんから、
> 17は3票です。

ご指摘ありがとうございます。訂正いたしました。
 

湯水さんの特選

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 7日(木)14時18分25秒
返信・引用
  今、気付きましたが、湯水さんの特選は03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか
で、17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが  ではありませんから、
17は3票です。
 

2月のお題

 投稿者:れい  投稿日:2019年 2月 7日(木)01時08分29秒
返信・引用
  金賞、六さん賞ありがとうございました。
2月のお題は、数字を使うということでいかがでしょうか。
 

六さん賞!

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月 6日(水)22時22分41秒
返信・引用 編集済
  れいさんおめでとうございます。

特選
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ
普通選
14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く
19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月 5日(火)21時57分49秒
返信・引用 編集済
  【金賞・5票】れい
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ?
【銀賞・3票】六
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが?
【銀賞・3票】湯水
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に?

今回の歌会は金賞をれいさん、銀賞を六さん、湯水さんが獲得されました。おめでとうございました。次回幹事をれいさんよろしくお願いします。これにて「辺」歌会をお開きにします。
 

Re: 名乗り

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 2日(土)22時24分53秒
返信・引用
  > No.11735[元記事へ]

六さんへのお返事です。

> 03票とも令さんとは、驚きました。

六さん、ありがと♪
 

名乗り

 投稿者:  投稿日:2019年 2月 1日(金)21時48分41秒
返信・引用
  06 春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが
18 酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも

遅くなってすみません。
皆様、ありがとうございました。3票とも令さんとは、驚きました。
 

名告り

 投稿者:れい  投稿日:2019年 2月 1日(金)21時20分34秒
返信・引用
  12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ
14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く
19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む

以上、令でした。
もう2月になりましたね。遅くなってすみません。
皆様ありがとうございました。
 

「辺」歌会選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月 1日(金)17時42分19秒
返信・引用 編集済
  01 鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき  (風媒)
02 鳰の湖の岸辺を歩き真っ青に染められてゆく染められてゆく
03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか  (◎湯水)
04 二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は  (風信子)
05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る  (風媒、しげを)

06 春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく
07 山の辺の道に立つ人思い出の想えど夢にも逢わぬ人なり
08 波に乗りつかまえられて投げられて浜辺に花咲く真白いくらげ
09 結局は妄想だつた降りしきる雪も鷗も寄る辺なき葦も  (◎れい)
10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた  (◎風信子)

11 辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで  (れい)
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ  (◎くみこ、◎六、しげを)
13 螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが  (湯水)
14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く  (くみこ、六)
15 寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ  (◎風媒)

16 山の辺の道にまたもや迷ひこみ玄賓庵(げんぴあん)ではくちなはに会ふ
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが  (風信子、くみこ、湯水)
18 酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも
19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む  (六)
20 鳥辺野の烟りとおもひゆく街にこよひあふひとみな美しき
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に  (れい、◎しげを)

スマホで編集しています。相違あればご連絡下さい。
 

名告ります。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 2月 1日(金)12時17分11秒
返信・引用
  15 寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ
20 鳥辺野の烟りとおもひゆく街にこよひあふひとみな美しき
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に

以上、湯水でした。
ありがたうございます。
 

名乗ります。

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 2月 1日(金)11時56分46秒
返信・引用
  02 鳰の湖の岸辺を歩き真っ青に染められてゆく染められてゆく
03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか
04 二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は

遅くなりすみません。もう節分ですね。皆さまありがとうございました。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 2月 1日(金)11時18分0秒
返信・引用
  05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る
09 結局は妄想だつた降りしきる雪も鷗も寄る辺なき葦も
13 螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが

みなさま
ありがとうこざいました。
冬生まれなのに、寒いのが苦手で、
春がとっても待ち遠しいです!
 

名乗りです

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 2月 1日(金)09時24分55秒
返信・引用
  01 鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき
07 山の辺の道に立つ人思い出の想えど夢にも逢わぬ人なり
08 波に乗りつかまえられて投げられて浜辺に花咲く真白いくらげ

東京は夕べのお湿りで気持ちの良い朝を迎えられました。インフルエンザの
蔓延がとまりますように(わが家は誰も罹っていませんので)
みなさま、ありがとうございました。
 

名乗りです

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 2月 1日(金)08時37分43秒
返信・引用
  10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた
11 辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで
16 山の辺の道にまたもや迷ひこみ玄賓庵(げんぴあん)ではくちなはに会ふ

選評ありがとうございました。
 

草氷柱満てる第七官界

 投稿者:  投稿日:2019年 1月31日(木)13時58分39秒
返信・引用
  19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む

 寒々とした狂気の片隅でしょうか。認知症の老婆が少女の頃の夢を
見ているのでしょうか。
 

辺から解く

 投稿者:  投稿日:2019年 1月31日(木)13時49分8秒
返信・引用
  14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く

 真ん中からではなく、辺から食べていく。
 

雨籠る辺り

 投稿者:  投稿日:2019年 1月31日(木)13時46分3秒
返信・引用
  12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

 持ち重りのするアンモナイトの化石を手すさびに、彼が雨籠もっている宅を
覗いてみようかと思案している。物憂い冬の雨の夕暮れ。
 

アンモナイトの渦

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月30日(水)01時12分3秒
返信・引用
  05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る

煌々とした土星の明るさ、遠近法を無視するがごとき大きさ、赤色矮星と見紛うばかり。

12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

どうしても解けない謎、そんな迷路がアンモナイトにえるのだろう。ゆふぐれの結句に集束させたのは手柄か否か。「雨籠る辺り」も景が結べない、想像の結晶であろうか。気になる秀作です。
 

転院の病棟

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月30日(水)01時03分26秒
返信・引用
  21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に

症状は恐らく改善されぬままに安静にする、またはコォリティオブライフの向上のみのための転院に思える。空気もきれいで尚且つ静かな環境ではあるが前途に希望を見出だせないさみしさ。しみじみと感じ入りました。
 

選歌。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 1月29日(火)09時03分10秒
返信・引用
  特選
03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか

普通選
13 螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが
 

選歌です

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月28日(月)01時14分44秒
返信・引用
  特選
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に
普通選
05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ   
 

選歌

 投稿者:  投稿日:2019年 1月28日(月)00時58分16秒
返信・引用
  特選
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

普通選
14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く
19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む
 

選歌

 投稿者:れい  投稿日:2019年 1月28日(月)00時43分38秒
返信・引用
  特選
09 結局は妄想だつた降りしきる雪も鷗も寄る辺なき葦も

11 辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処
 

選歌します。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月27日(日)17時51分46秒
返信・引用
  選歌します。

特選
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが
 

コメントします。

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月27日(日)17時49分54秒
返信・引用
  コメントします。

11 辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで

行ったことのない、或いは、なかなか行くことができないイメージの辺境。封を切ると、乾いた空気とともに滲んだ墨のような不思議な匂いがするのだろう。

12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

雨籠る辺り  煙のような雨が降り続くのでしょうか。それは、アンモナイトの渦に導かれる作者の心の根に息づくもののような気がします。

14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く

ティラミスの前半と夢殿の後半部。その関係性とは、まず、夢殿の一辺をスプーンで崩すところから始まると。なんだかワクワクするティータイムですね。と同時に、すべてはミステリアスな八角の夢の中のことなのかとも。

17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが

これは、つい覗いてみたくなる100円ショップですね。だけど、長居すると、迷い込んでいつしか幻惑されてしまいそう。

 

選歌です

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月27日(日)13時24分38秒
返信・引用
  特選
10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた
普通選
04 二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが
 

選歌します。

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 1月27日(日)12時43分44秒
返信・引用
  特選
15 寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ
選歌
01 鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき
05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る

 

コメント

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 1月27日(日)12時38分8秒
返信・引用
  01 鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき

    焼かれて煙となって立ち昇る人の魂は空を紫色に染めているのでしょうか。

05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る

    土星のような月見ることあります。その時私は宇宙に浮かぶ星に居る事を自覚して畏れを感じます。

06 春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく

    春を感じる作者の喜びが伝わります。犬もそんなご主人の喜びを感じて嬉しいのでしょう。

08 波に乗りつかまえられて投げられて浜辺に花咲く真白いくらげ

    はじめは波の華を白いくらげに例えているのかと思いましたが、このくらげが人に例えられているな    らば、かなり怖い歌だなと感じました。

10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた
    笑ってしまう歌ですが結構考えさせられます。

12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ
13 螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが

    この二つの歌は続きみたいですね。映画「2001年宇宙の旅」のような終わり方。

15 寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ

    「あおそらはひとのほほゑみのようなしづけさ」のフレーズに惹かれます。

17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが

    100均てたのしいですよね。不死の薬も売っていそう。両極端の対比もいいですね。

18 酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも

    熊野神社ってあの東山丸太町の?


21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に

    転院の不安感が伝わります。





 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月26日(土)12時16分6秒
返信・引用
  06 春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく

これは一読、「笑う犬かー」と思いましたが、笑ふ、で切れてただの犬が増えるのかと
思いなおしました。でも読点もないしやっぱり人の顔を見て笑う犬なのかと、そのほうが
おもしろいけれど・・・と読みかたに悩みました。

04 二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は

多分どっちつかずの状況で、揺れ動くことの多い時期なのでしょうね。丁度真ん中の意見などは
あまりないでしようから、「二等辺三角形で」の「で」が省略している部分が気になります。

02 鳰の湖の岸辺を歩き真っ青に染められてゆく染められてゆく

鳰の湖は琵琶湖、色々な呼び名があるように多くの表情のある湖ですね。
季節にも寄るのでしょうか、真っ青な琵琶湖は見たことがないのですが、空の色が移る様な日
があるのかもしれません。(だいすきな風景なのに関東からは中々行かれないので)結句の繰り返しは効いているかどうか。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月25日(金)09時32分55秒
返信・引用
  12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ

趣のあるお歌です。「雨籠る」の解釈がむずかしいけれど、この主語は作者では
なくて、何なのだろう分りません。何かがアンモナイトの奥に雨宿りをしている
あたりに行ってみようと言う夢のような感じ?

10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた

はじめ「鷺」を[鷲」と空目して、すごい話だなあと思ったのですが、鷺ならば
それほど痛くも無く、優しい(あるいは柔らかい)思考をすることが出来るようになるかな
と思いました。鷺=詐欺とかけてあるのかな、など深読みもしてみました。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月24日(木)10時14分28秒
返信・引用
  17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが

あるはずもない「不死の薬」を又そんな価格であるはずのない「百均」にさがす
夢物語のようなところが面白さの主眼でしょう。つい一緒に探しそうになります。

14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く

これはティラミスが夢殿のような八角形なのか、心理的に夢殿を分解しようとしているのか、
(その場合はスプーンの形容としてティラミスが用いられている)すこしわかりずらいけれど、
魅力的な一首です。
 

コメント

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月23日(水)10時11分0秒
返信・引用
  しげをさま、詠草一覧ありがとうございます。
新年会も済んで一月も末に近づきました。手の方は相変わらずですが、怠けている訳にも行かず
動いています。評、少しですが入れさせていただきます。

20 鳥辺野の烟りとおもひゆく街にこよひあふひとみな美しき

鳥辺野の火葬の空しさに、晶子の一首を重ねあわせた美しいお歌です。こころの傷を包むような
すれ違う人々の「生」が慰めになるのでしょう。ただ下の句いっぱいに晶子を引くのがどう読まれる
かですね。

18 酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも

あのー、凍死しますよ。といいたくなるけれど、神域では神の御加護があるでしょうか。今の季節で
なければすがすがしい朝を迎えるのですけど。結句の白々しさは後悔も含んでいるのでしようか。

 

「辺」歌会詠草

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月22日(火)14時34分59秒
返信・引用
  01 鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき
02 鳰の湖の岸辺を歩き真っ青に染められてゆく染められてゆく
03 辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか
04 二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は
05 透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る

06 春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく
07 山の辺の道に立つ人思い出の想えど夢にも逢わぬ人なり
08 波に乗りつかまえられて投げられて浜辺に花咲く真白いくらげ
09 結局は妄想だつた降りしきる雪も鷗も寄る辺なき葦も
10 冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた

11 辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで
12 アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ
13 螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが
14 ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く
15 寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ

16 山の辺の道にまたもや迷ひこみ玄賓庵(げんぴあん)ではくちなはに会ふ
17 百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが
18 酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも
19 草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む
20 鳥辺野の烟りとおもひゆく街にこよひあふひとみな美しき
21 転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月21日(月)14時41分52秒
返信・引用
  転院の病棟はあり辺鄙つてほどぢやあないがさびしい場処に  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月21日(月)14時36分24秒
返信・引用
  鳥辺野の烟りとおもひゆく街にこよひあふひとみな美しき  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月21日(月)01時43分0秒
返信・引用
  草氷柱満てる第七官界の野辺に屈みて七種を摘む  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月21日(月)01時10分7秒
返信・引用
  酔いつぶれし熊野神社の石畳辺りの朝は白々しくも  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月21日(月)00時56分46秒
返信・引用
  百均の店の二階のこの辺に不死の薬があったはずだが  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)23時43分5秒
返信・引用
  山の辺の道にまたもや迷ひこみ玄賓庵(げんぴあん)ではくちなはに会ふ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)21時50分39秒
返信・引用
  寒雲の辺(ほと)りにあればあをそらはひとのほほゑみのやうなしづけさ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)21時40分33秒
返信・引用
  ティラミスを掬ふスプーン夢殿の八角形を辺から解く  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)21時35分19秒
返信・引用
  螺旋の井に辿り着く夢 確かこの辺りは炙り餅屋のはずが  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)21時29分29秒
返信・引用
  アンモナイトの渦をなぞりて雨籠る辺りへゆかむと思ふゆふぐれ     

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月20日(日)21時20分0秒
返信・引用
  湯水さま  れいさま
辺☆歌会へご参加ありがとうございます!

この辺でゆふべなくした冬帽子   湯水
読初の歌集に疲れ田辺聖子   令
北辺の列車の窓に狐かな         六
辺土名家の瓦にひかる寒昴         桜子
「この辺で はい さいなら」と友は逝く           風媒
池辺の福寿草まだ夢みがち   風信子
人魚棲む海辺いよいよ冬ざるる       くみこ

みなさまのご参加お待ちしています!!
 

参加します。

 投稿者:湯水  投稿日:2019年 1月20日(日)20時09分57秒
返信・引用
  しげをさま、くみこさま、
辺歌会、参加させてください。

この辺でゆふべなくした冬帽子   湯水

よろしくお願ひ申し上げます。
 

参加表明

 投稿者:れい  投稿日:2019年 1月20日(日)16時10分17秒
返信・引用
  「辺」歌会に参加します。

読初の歌集に疲れ田辺聖子   令
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)14時40分5秒
返信・引用
  辺境より手紙が届く赤茶けた封筒の文字は墨に滲んで  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)14時38分19秒
返信・引用
  冬鷺に大脳辺縁系を突かれて何やら少し優しくなつた  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)13時01分21秒
返信・引用
  結局は妄想だつた降りしきる雪も鷗も寄る辺なき葦も  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)12時39分42秒
返信・引用
  波に乗りつかまえられて投げられて浜辺に花咲く真白いくらげ  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)12時38分28秒
返信・引用
  山の辺の道に立つ人思い出の想えど夢にも逢わぬ人なり  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)10時20分15秒
返信・引用 編集済
  春が来れば川辺を歩く人の増え顔見て笑ふ犬も増えゆく  

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月20日(日)08時54分41秒
返信・引用 編集済
  六さま  辺☆歌会へようこそ♪
ご参加ありがとうございます!

北辺の列車の窓に狐かな         六
辺土名家の瓦にひかる寒昴           桜子
「この辺で はい さいなら」と友は逝く        風媒
池辺の福寿草まだ夢みがち   風信子
人魚棲む海辺いよいよ冬ざるる       くみこ

みなさまのご参加お待ちしています!!
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)08時50分26秒
返信・引用
  透視図法を無視するほどの大きさで土星が山の辺から昇る  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)08時39分12秒
返信・引用
  二等辺三角形で揺れているやじろべえかないつも私は  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)08時38分9秒
返信・引用
  辺境の地を行く人は風受けて眼差しの先に何を見たのか  

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月20日(日)08時33分34秒
返信・引用
  鳰の湖の岸辺を歩き真っ青に染められてゆく染められてゆく  

参加表明

 投稿者:  投稿日:2019年 1月19日(土)23時51分18秒
返信・引用
  北辺の列車の窓に狐かな

皆様よろしくお願いします。
 

詠草

 投稿者:無記名  投稿日:2019年 1月19日(土)15時55分23秒
返信・引用
  鳥辺野と聞けば哀しい物語 煙の如き空はむらさき  

ようこそ♪

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月15日(火)19時33分57秒
返信・引用 編集済
  みなさま
辺☆歌会へようこそ♪
ご参加いただきありがとうございます!


辺土名家の瓦にひかる寒昴         桜子
「この辺で はい さいなら」と友は逝く        風媒
池辺の福寿草まだ夢みがち   風信子
人魚棲む海辺いよいよ冬ざるる       くみこ

みなさまのご参加お待ちしています!!
 

参加表明

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月13日(日)21時46分15秒
返信・引用
  辺土名家の瓦にひかる寒昴       桜子

おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 

参加表明

 投稿者:風媒  投稿日:2019年 1月11日(金)18時22分0秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。今年も始まりましたね。「辺」歌会参加させていただきます。くみこさま皆さまよろしくお願いいたします。

「この辺で はい さいなら」と友は逝く        風媒
 

参加表明

 投稿者:風信子  投稿日:2019年 1月10日(木)08時39分38秒
返信・引用
  みなさま、新年お目出とうございます。今年もよろしくお願いいたします。
辺☆歌会に参加いたします。
くみこさま、みなさま、相変わらず手首が痛いですが頑張りますのでよろしくお願いします。

池辺の福寿草まだ夢みがち   風信子
 

参加表明

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月 6日(日)12時48分51秒
返信・引用
  しげをさま
スケジュールありがとうございます!
辺☆歌会に参加します。

みなさま
ご参加お待ちしています!!

人魚棲む海辺いよいよ冬ざるる       くみこ
 

お題とスケジュール

 投稿者:しげを  投稿日:2019年 1月 5日(土)22時59分15秒
返信・引用
  明けましておめでとうございます。本年も短歌「原人の海図」をよろしくお願いいたします。
さて1月歌会のお題は『辺』とします。詠草に必ず『辺』を読み込んで下さい。

参加表明およひ詠草締切  1月20日(日)
歌評期間  1月21日~31日
選歌締切  1月27日(日)
名乗り    1月31日(木)

多くの方の参加を望みます。
 

1月のテーマ

 投稿者:くみこ  投稿日:2019年 1月 3日(木)09時58分33秒
返信・引用
  みなさま
あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします!

今月のテーマ
『 辺 』いかがでしょうか。

しげをさま
スケジュール等、お願いいたします。

くみこ
 

表彰式とお開き

 投稿者:しげを  投稿日:2018年12月31日(月)15時04分52秒
返信・引用
  【金賞・7票】
くみこ
08 見える日と全く見えない日があつて山ごと眠る天文台は
【銀賞・4票】

17 降りつもる落葉を掃いたりせずにゐて今日も明日もさうしてゐむと
湯水
20 したの名をはじめて呼んだ日にさいてゐた柊が何処かでにほふ
【銅賞・3票】
風信子
06 断捨離というは日記に秘密めく人の名前を消しておくこと
しげを
14 運河沿ひでアンネは日記を書いてゐる真面目な狂気が覆ふ街並

今回の「日・記」歌会の金賞をくみこさんが、銀賞を令さん、湯水さんが
銅賞を風信子さん、しげをが獲得いたしました。おめでとうございます。
平成最期の歌会、良い締めくくりでした。新年最初の歌会の幹事をくみこさんに
お願いします。皆様よいお年をお迎えください。来年も短歌「原人の海図」を
よろしくお願いいたします。
 

【日・記】選歌一覧

 投稿者:しげを  投稿日:2018年12月31日(月)14時53分54秒
返信・引用
  01 できることとできないことがあると言ひあまい声せり薄ら日の岸
02 毎日を雑多に吐き出すコピー機はときどき肩で息をつぐなり
03 冬日射す朝の仕事は息絶えた紅葉の屍集めて葬り
04 記された言葉受け取る心にも琴線触れる怪しい光
05 日記とは秘めし心の断片と 近頃流行りは公開処刑か

06 断捨離というは日記に秘密めく人の名前を消しておくこと :(六、しげを、風媒)
07 天地の開けしころの記憶さえらせんの彼方ひとは佇む
08 見える日と全く見えない日があつて山ごと眠る天文台は  :(風信子、◎れい、◎しげを、◎湯水)
09 デジャヴとはかういふことか宣告はドイツ語表記のカルテのなかに
10 フレデイの告白を聴く極月は不死鳥となる夢を記さん :(れい)

11 歌声はママアと響く彼方なる日々の熱気につつまれながら  :(くみこ)
12 聴衆の嵐の前の在りし日をそのまま記せ我らの裡に
13 ウィリアム・ブレイクの詩が鍵になる舞台だつたとそれだけ記す  :(れい、湯水)
14 運河沿ひでアンネは日記を書いてゐる真面目な狂気が覆ふ街並  :(◎風信子、湯水)
15 強すぎるよねポインセチアの紅い花十四日後も主張してゐる

16 舞ひ降りる雪あの日から仮面の秘密を知るものはひとりも居ない
17 降りつもる落葉を掃いたりせずにゐて今日も明日もさうしてゐむと :(六、くみこ、◎風媒)
18 死に絶える言語の記録残しても言語学者に春は訪れず
19 冬ぬくく施設抜け出て公園の日差しを浴びる紅葉楽しむ :(風信子)
20 したの名をはじめて呼んだ日にさいてゐた柊が何処かでにほふ :(◎六、しげを、風媒)
21 空に燃える(だれの日記か)見てゐたり朝の寒気に頬をおしあてて :(◎くみこ)
 

名告り

 投稿者:  投稿日:2018年12月29日(土)10時14分40秒
返信・引用
  11 歌声はママアと響く彼方なる日々の熱気につつまれながら
12 聴衆の嵐の前の在りし日をそのまま記せ我らの裡に
17 降りつもる落葉を掃いたりせずにゐて今日も明日もさうしてゐむと

遅くなってすみません。
今年もお世話になりました。
皆様ありがとうございました。
どうぞよいお年を。
 

名告り。

 投稿者:湯水  投稿日:2018年12月29日(土)08時57分27秒
返信・引用
  01 できることとできないことがあると言ひあまい声せり薄ら日の岸
20 したの名をはじめて呼んだ日にさいてゐた柊が何処かでにほふ
21 空に燃える(だれの日記か)見てゐたり朝の寒気に頬をおしあてて

以上、湯水でした。
名告り遅くなりまして申し訳ありません。
ありがたうございます。

皆さま、よいお年をお迎へください。
 

名乗ります。

 投稿者:くみこ  投稿日:2018年12月29日(土)07時11分40秒
返信・引用
  名乗ります。

08 見える日と全く見えない日があつて山ごと眠る天文台は
13 ウィリアム・ブレイクの詩が鍵になる舞台だつたとそれだけ記す
16 舞ひ降りる雪あの日から仮面の秘密を知るものはひとりも居ない


湯水さま  しげをさま  みなさま
ありがとうございました。どうぞ良いお年を。

風信子さま
お大事になさってくださいませ。

くみこ
 

/103