昭和は遠くなりにけり



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


2947件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[2988] てっせんのあと

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月29日(金)11時52分45秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

 鉄線の花の後には、こんな小さい風車のような実?が出来ています。

                          しらん




[2987] 花だより「てっせん」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月29日(金)11時44分50秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

花だより「てっせん」(クレマチス)

 初夏の花「テッセン」はキンボウゲ科の多年草で、品種が多く北半球にに広く分布しています。 花びらの枚数が6枚のものを「鉄線」といい、8枚のものは日本原産で「風車」と呼んでいます。 般にクレマチスと言う名前は、これらの総称です。
また、「鉄線」という名前は、つるが細くて丈夫で針金のようなので、この名がついています。

 これらはクレマチスでしょうか。白や青色も咲いていました。
紫色の大柄の花はなかなか高貴な気品があって見事ですが、花のように見えるのは実は「ガク片」で、花の後にできる実は、ほんとに風車のようで可愛いです。

                         しらん



[2986] 花だより「雪の下」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月28日(木)12時12分43秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

【雪の下はとても小さい花ですが、よく見るとなかなか可憐な花ですよ】

花だより「雪の下」


今日も快晴、爽やかに晴れ上がっています。

   はんけちの たしなみきよき 薄暑かな    久保田万太郎  

 庭のお地蔵さんの周りに「雪の下」がいっぱい咲きました。お地蔵さんや大国さんには、毎日水やりをしているので、湿気を好む雪の下が繁茂するのでしょう。
 「雪の下」とは、なんともユニ-クな名前ですが、これには、雪が上につもっても、その下に枯れずに緑の葉があるからとする説や、白い花を雪に見立て、その下に緑の葉があることからと言う説、垂れ下がった花弁を舌に見立てて「雪の舌」とする説などがあります。

「雪の下」はユキノシタ科のユキノシタ属の植物です(至極、当たり前ですね)
初夏に、半日陰の湿ったところに触手のような手を伸ばして、次々に繁殖していきます。
花はごく小さくて1センチ足らずですが、マクロで撮って見ると、なかなか可憐な花です。

 花は五弁で下の2枚が白く大きく,上の3枚は薄紅色で濃い赤紫の点があり、長いオシベが目立っています。
 葉にはうぶ毛が生えていますが、精進料理などでてんぷらにされるそうです。

                                しらん



[2985] 花だより「キングサリ」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月27日(水)17時13分38秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

  【佐賀城堀端の遊歩道・クスの若葉) (キングサリ)

 花だより「キングサリ」

 ちょっとひんやりとした、五月の朝、庭の山茶花や柿の若葉がみずみずしい。

  わらんべの洟(はな)も若葉をうつしけり   室生犀星

 若葉の頃の雨を若葉雨、風を若葉風というが、五月の風はいかにも爽やかだ。
若葉の様子は樹木によって違うので、いろんな呼び方がある。
 柿若葉、梅若葉、楠若葉、椎若葉などなど・・佐賀地方は、古代から楠の大木が多いので、佐賀城堀端の萌黄色の楠の若葉が素晴らしい。

〇「キングサリ」
 「キングサリ」はヨーロッパ南部原産のマメ科の落葉小高木で、花の美しさから欧米ではとても人気があるそうです。日本には明治初期に渡来しましたが、街中ではあまり見かけません。
 「金鎖」とは、なんともめでたい名前の花ですね。
 花期は5,6月で、名前のように、2,5センチくらいの黄色い花が長さ25センチほどの房状になって、藤の花のようにぶら下がっていて、「黄藤」とか「キバナ藤」とも言われるそうですが、「金ぐさり」の方が夢があっていいですね。単独の花でも美しいですが、両側に一列に植えて花のトンネルのようにすると、大変美しいそうです。

 でも、中国名では「毒豆」と言うように、種に有毒のアルカロイドが含まれているそうですから、口に入れない方が身のためですよー。


                                   しらん



[2984] サラサウツギ

投稿者: nat's 投稿日:2020年 5月26日(火)15時23分39秒 p340115-ipngn200709fukuokachu.fukuoka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

https://flower365.jp/09/866.html
サラサウツギの白い花が満開です!

ウツギの種類
https://kurashi-no.jp/I0011172
https://www.asukanet.gr.jp/warainekonoheya/zukan/kaisetu/kaisetu1/utugi.htm




[2983] 花だより「柿の花」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月26日(火)11時17分8秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

 (柿の花) (木守り柿)

花だより「柿の花」


 庭の柿の木もいつの間にか花の季節が過ぎて、小さな青い柿の実が2,3落ちているのを見るようになりました。子供のころは、この小さな柿の実を拾って、爪楊枝を突き刺して、コマにして遊んだものです。



 柿の実は秋の味覚として誰知らぬ者もいませんが、柿の花を見る機会はあまりないようです。若葉の季節に高い樹の葉隠れに咲いているのと、小さくて、あまり目立たない花なので当然ですね。



 は、日本で最も発達した果樹で、古くから食用にするために栽培されてきました。もともとは渋柿が本来の柿で、湯につけたりして渋を抜くか、干し柿にすれば食べられます。甘柿は鎌倉時代以後の改良品種で、御所柿とか富有柿などが有名ですね。
 カキと言う名前は「赤き実・アカキミ」と言う言葉からきている、という説もあるように、朱紅色の柿の実は日本の秋を象徴するほど美しいですね。有田焼の酒井田柿右衛門も、この柿の実の美しい色を磁器に再現しよと苦心を重ねました。



      柿ひとつ空の遠きに堪えんとす  石坂洋次郎



 柿の実を一つだけ残して置くのを「木守り柿」といいます。
 来年もよろしく・・との柿の木に対する思いからなのか、、鳥たちにも自然の恵みを与えようとの憐みの心なのか。。

                                しらん




[2982] 「食堂車の始まり」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月25日(月)14時52分10秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

(山陽鉄道最初の食堂車)(フランス・オリエント急行)(白山、最後の食堂車)

「食堂車の始まり」


以前は、山陽本線や東海道線などの寝台特急などには必ず食堂車がついていて、車窓の景勝を愛でながら楽しい食事が出来たのですが、新幹線や飛行機の旅が増えたせいか、2000年に廃止されて、今は「ななつ星」などの豪華列車をのぞいて、食堂車は殆ど見られなくなりました。

 日本の鉄道に食堂車が初めて登場したのは1899年(明治32年)5月25日、私鉄の山陽鉄道(今の山陽本線)で、その区間は神戸から津山まで。当時の作家「大町桂月」は「この列車は揺れが激しい」とボヤキながらも、食堂車がついているのは便利だ」と言い、「須磨,舞子、明石などの景勝の地を何皿かの肉と一瓶の酒に陶然として過ごした」と書いています。東日本ではその2年後の12月に国府津・沼津間で始めて食堂車が走っています。

 ところで世界で最初に食堂車が登場したのは1863年、アメリカのフィラデルフィヤ・ウイルミントン&ボルチモア鉄道でした。尤もこれは食堂車と言っても、普通の客車の椅子を取り払い、それを中央で二つに仕切って、一方を喫煙室、一方をビュッヘ方式にしたもので、食べ物は立って食べたり、或いは座席に持って帰って食べたりと言う、いわば軽食のサービスでした。

 そして、本格的なテーブルサービスを付けた食堂車の第一号は、1867年にカナダの「グレイト・ウェスタン鉄道」で走っています。アメリカやカナダなど広大な国土を走る長距離列車には、食堂車が必要だったのは当然のことですね。

 そうした新大陸の鉄道の新しいサービスを見て、遅ればせながらイギリスでも1879年9月26日に、ロンドンとリーズを結ぶ「プリンス、オブ、ウエールズ号」に食堂車が出来ました。日本の食堂車の始めは、前述のようにさらに遅れて1899年(明治32年)5月5日の事でした。

                                                                                            しらん



[2981] 花だより「エゴの木」

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月25日(月)12時15分47秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

花だより「エゴの木」
曇りがちで蒸し暑い朝になりました、日差しが強く外では汗ばむほど。。
うっすらと暑さを覚える初夏、5月ごろの気候を「薄暑」と言います。青葉を渡って来る木陰の風が爽やかです。

    青空の中に風吹く薄暑かな   松岡青々

 初夏の山地では、小さな白い花がぶら下がったエゴの木をよく見かけます。
「エゴの木」は、エゴノキ科の落葉小高木で、日本、朝鮮、中国が原産です。
 山地の川辺や谷間に多く、水平に張り出した枝に白い小さな花が鈴なりに垂れていっぱいに咲いています。 白い花が清楚で美しいので最近は公園などにもよく植えられています。

 「エゴ」の名の由来は、この木の果皮が有毒で咽喉を刺激してエゴイので「エゴ」の木とついたという説があります。
 また、「コヤス」と言う方言がありますが、これは牛馬に食べさせるとよく肥えるので「肥やすの木」と呼ぶのだそうです。
 方言と同じく、土地によって樹の呼び方も様々ですね。

 九州では「コヤシ」と呼びますが、これは幹の根元に「ヒコバエ」が出来やすいので「子供が出来やすい」と言う意味で「子安」と言う名をつけたそうです。
 なお、佐賀の近郊では「石鹸の木」という所もありますが、これは果実の皮を水の中で砕くと泡立つので、昔はこれで洗濯したそうです。(*ただし、この水は有毒だそうですよー)

 *右も左もエゴばかりの今の政治家連に、一度エゴの汁を飲ましたらどうだろうか・・
    少しは黒い腹が白くなるかも。。(^^)

                          しらん
  



[2980] Re: シラン [紫蘭]

投稿者: 投稿日:2020年 5月25日(月)11時26分4秒 KD027085014041.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.2977[元記事へ]

お昼前ですが、はじめまして!
春と申します。
今後とも宜しくお願い致します。

此方のお花 紫蘭様と同じお名前ですね
奇麗なお名前のお花 お色が素晴らしいですね

何時も美しいお花の画像有難うございます。
これからも、宜しくお願い致します。 春



[2979] ゴルフ場の始まり

投稿者: 和紙屋紫蘭 投稿日:2020年 5月24日(日)18時03分33秒 p6629003-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

 (電動カートは楽チンです)(ここらでちょいと一休み)(駕籠でゴルフ場へ)

「ゴルフ場の始まり」

 40数年来、93歳までは元気にゴルフに出かけたが、今は仲間もいなくなり、足腰が弱ってもう駄目だ。90過ぎると体力の衰えはこんなに早いものなのか。。そのうえ、バブルもはじけて、二つあったホームコースの会員権も暴落して大損してしまった。

 若いころは、ゴルフの魅力に憑かれて、毎日、熱心に練習場に通い、明日はゴルフだと思うと、子供の遠足みたいに興奮してよく眠れなかったものだが、ゴルフキチも40年も経つと、さほど興味がわかず、テレビの放映も見なくなったのは、いったいどうしたことだろう。人間の若さ、活力が消失してしまったのだろうか。年は取りたくないものだ。。

 今のゴルフは電動カートの導入で、殆ど歩かないでよい。年寄りは助かるが、若い人にはどうだろう。昔はキャディーさんが道具をかついだり、手押しのカートに4人分の道具を積んで山道を押したりしていた。急な坂道では、プレヤーがキャディさんと並んで一緒にカートを押したりしたものだが。。
 そんな日本のゴルフ場の始まりはいつ頃だろうか。。

 〇「駕籠でゴルフ」

 明治期の新興都市・神戸は何かにつけてハイカラ好みでした。それは、神戸は横浜と並んで新しい開港場となり、外国人がたくさん居留地に住み始めたからです。そして年月が経つにつれて彼らはゴルフ場を造ろうと考えるようになりました。

 そのゴルフ用地として選ばれたのは六甲山頂の8反ほどの土地で、地主との間に年間16円で賃貸契約が結ばれました。こうして神戸の貿易商人「アーサー・クルーム」によって、4コースの日本最初のゴルフコース「神戸ゴルフ倶楽部」が出来たのです。その開場は1903年(明治36年)5月24日の事で、兵庫県知事「服部一三」が始球式を行っています。

 しかし神戸市内から海抜850mのゴルフフ場までの交通は極めて不便で、ゴルファーたちは徒歩で登山して、そこで一息入れてからゴルフを楽しむという大変な騒ぎでした。そこで険しい山道を登るのに少しでも便利なようにと駕籠が使われた事もあるそうです。西洋式に籐椅子にカンパスの屋根を付け、それを駕籠かきがかついで運ぶのです。日本のゴルフの事始めは、このように決して容易なものではなく、また一面、マンがチックなスポーツでもありました。

 *神戸ゴルフ倶楽部の開場からはや120年近く、バブル期にあれだけ乱立したゴルフ場も今やその多くが倒産して再生の道を歩んでいる。有為転変の世の中、ゴルフ場も悠長に遊んでいる場所ではないようだ。。
 神戸のゴルフ場の社長をしていた学友が「一度出て来い、一緒に回ろう」と誘ってくれたが、果たせないままに彼もあっけなく亡くなってしまった。残念至極!

                          しらん
?


レンタル掲示板
2947件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.